menu

自分のエネルギー状態を常に意識する

コンサルティングやコーチングなど、
クライアントと1対1に向かい合うとき、

自分のエネルギーが相手に同期してしまうことを
知っておくべきだと思います。


例えば、自分が悩みを抱えていて、
エネルギーが大きく落ち込んでいるとき。
逆に自分が何かに舞い上がってしまっているとき。

クライアント(相手)のエネルギーを
受け止める余裕がありません。

自分のことに精一杯な人間では、
相手のために尽くすことができないのは、当然でしょう。


ですから、コンサルティングやコーチングを提供する人は、
まずは自分自身を良い状態に保つようにしなければなりません。

もちろん、人間は普通に生きているだけで色んなことがあります。
日々、様々な葛藤や対立に悩まされるでしょう。

そう考えると、日々発生する悩みに対して
対応する術を身に付ける必要がありそうです。


その術を身につけるには、
まずは自分のエネルギー状態を常にモニタリングすること。

どういう出来事が起きたときに、
自分のエネルギーが上がったり下がったりするのか?

それを知ることで、
自分のエネルギー特性を知ることができます。

50代社長、ゼロからの挑戦に感動しました

【独立のリアル】フリーランスはブラックなのか?

関連記事

  1. 顧客に提案しまくっていますか?

    先日、仲間の1人がいい感じに顧客開拓をしまくっていました。それを見て、私はまだまだ提案が足りてい…

  2. 試験を受験するなら1日でも早く

    そろそろ世の中が年末モードになっていると感じます。■来年の目標を考え始める人が多い時期な…

  3. 地上戦が足りない

    影響力のある成功者を見ると、「すげぇ~」って思いませんか?■メール1通で何万円もする…

  4. 我慢に我慢を重ねた昨年下期

    時効?になったので、そろそろ書きます。■良くお会いする人に「順調そうですね!」と言われる…

  5. まだ見ぬ顧客との会話

    今晩、初めて訪れるところでセミナー講師をします。■当然のことながら、セミナーに来て下…

  6. なぜキャンペーンを行うのか

    世の中、常に色々なキャンペーンが溢れています。私自身、キャンペーンを行うこともあります。…

  7. 士業界における致命的な弱点とは

    これから士業を目指す方にとっては残念な記事かもしれません。■私の知る限り、現在の士業…

  8. 望む働き方とサービスメニュー

    独立をした直後、私はミスを犯しました。自分が望む働き方とサービスメニューの間に乖離があったの…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP