menu

自分のエネルギー状態を常に意識する

LINEで送る
Pocket

コンサルティングやコーチングなど、
クライアントと1対1に向かい合うとき、

自分のエネルギーが相手に同期してしまうことを
知っておくべきだと思います。


例えば、自分が悩みを抱えていて、
エネルギーが大きく落ち込んでいるとき。
逆に自分が何かに舞い上がってしまっているとき。

クライアント(相手)のエネルギーを
受け止める余裕がありません。

自分のことに精一杯な人間では、
相手のために尽くすことができないのは、当然でしょう。


ですから、コンサルティングやコーチングを提供する人は、
まずは自分自身を良い状態に保つようにしなければなりません。

もちろん、人間は普通に生きているだけで色んなことがあります。
日々、様々な葛藤や対立に悩まされるでしょう。

そう考えると、日々発生する悩みに対して
対応する術を身に付ける必要がありそうです。


その術を身につけるには、
まずは自分のエネルギー状態を常にモニタリングすること。

どういう出来事が起きたときに、
自分のエネルギーが上がったり下がったりするのか?

それを知ることで、
自分のエネルギー特性を知ることができます。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

50代社長、ゼロからの挑戦に感動しました

【独立のリアル】フリーランスはブラックなのか?

関連記事

  1. ライバルを増やして大丈夫なんですか?

    最近、良く聴かれることがあります。■私が中小企業診断士を中心に士業の独立を支援し…

  2. 新商品・事業のアイデアを出すフレームワーク

    商品やビジネスを企画するとき、何を題材に企画のアイデアをひねり出すか?私は「世の中の変化…

  3. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

  4. スキルアップは仕事ではない

    資格をとってまで勉強する人や、会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、本当に勉強熱心で…

  5. コンサルティングで終わらない

    私は、コンサルタントだからこそ、生涯の仕事を「コンサルタント」では終わりたくないと考えています。…

  6. コンサルである前に経営者である

    私たちは独立・起業してコンサルティングをビジネスとしている、あるいはしようとしている人です。…

  7. 夢を見せる仕事

    ユニバーサルスタジオ・シンガポールに行ったときに感じたことを。こういうところに来ると、「…

  8. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP