menu

自分のエネルギー状態を常に意識する

LINEで送る
Pocket

コンサルティングやコーチングなど、
クライアントと1対1に向かい合うとき、

自分のエネルギーが相手に同期してしまうことを
知っておくべきだと思います。


例えば、自分が悩みを抱えていて、
エネルギーが大きく落ち込んでいるとき。
逆に自分が何かに舞い上がってしまっているとき。

クライアント(相手)のエネルギーを
受け止める余裕がありません。

自分のことに精一杯な人間では、
相手のために尽くすことができないのは、当然でしょう。


ですから、コンサルティングやコーチングを提供する人は、
まずは自分自身を良い状態に保つようにしなければなりません。

もちろん、人間は普通に生きているだけで色んなことがあります。
日々、様々な葛藤や対立に悩まされるでしょう。

そう考えると、日々発生する悩みに対して
対応する術を身に付ける必要がありそうです。


その術を身につけるには、
まずは自分のエネルギー状態を常にモニタリングすること。

どういう出来事が起きたときに、
自分のエネルギーが上がったり下がったりするのか?

それを知ることで、
自分のエネルギー特性を知ることができます。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

50代社長、ゼロからの挑戦に感動しました

【独立のリアル】フリーランスはブラックなのか?

関連記事

  1. ひとりビジネスは、ひとりじゃない

    コンサルタントはひとりビジネスであることが多いです。■個人事業主だったり、法人だ…

  2. 自分の顧客に仕事を依頼したい

    このところ何度か書いていますが、仕事のペースが明らかに変わってきました。■そこで仕事…

  3. 独立直後こそ必要なバランス感覚

    独立直前・直後の最大の不安と言えば、「本当に稼ぐことができるか?」極論、この1点に尽…

  4. 商品構成を最適化する

    私が独立を決意したとき、そのことを当時ボランティアで支援をしていた会社の社長に伝えると、…

  5. 望む働き方とサービスメニュー

    独立をした直後、私はミスを犯しました。自分が望む働き方とサービスメニューの間に乖離があったの…

  6. まだ見ぬ顧客との会話

    今晩、初めて訪れるところでセミナー講師をします。■当然のことながら、セミナーに来て下…

  7. ビジネスは瞬発力よりも巡航速度

    マラソンやトライアスロンのレースに出ているとビジネスにも役立つ示唆をもらえます。■昨…

  8. セミナーを「主催」することで得られる安心

    昨日から8月29日のセミナーを募集開始しました。士業・コンサルタントの独立を支援する私が、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP