menu

日常に変化をつけることで気付くこと

LINEで送る
Pocket

たびたび書いていましたが、先週は家族でシンガポールに行っていました。
こういう変化を生活に取り入れるのは、やはり大事だと感じました。
街中を歩きながら感じたことをお伝えします。

 

日本はまだまだ世界で戦える

シンガポールは世界の頭脳が集まっていると言っても過言ではないでしょう。
そんな国ですが、街中を歩いていると、日本では当然のことが
まだまだ浸透していないことに気付きます。

例えばショッピングモールやホテルの入口。
暑い外を歩いていると、この入口から強烈に涼しい風が出てきます。
気持ち良くてありがたいのですが、空調効率を考えると、
これだけ空気が外に流れ出るのはもったいないです。
おそらく、日本では一般的なエアカーテンが導入されていないのでしょう。

それからコンビニに並ぶ長蛇の列。
最初は店員さんの対応スピードが遅いのかと思いました。
他国を見てきたときに頻繁に感じていたことだからです。
でも、シンガポールの店員さんの対応は、そう遅くありませんでした。

私が気になったのは、商品陳列です。
お客さんの動線が考えられていないため、店内が混雑しやすいのです。
これも日本のスーパーやコンビニでは常識的に設計されているものです。

・・などなど。
少し街中を歩いただけで、「日本はまだまだ世界で戦える」と感じたのです。
おそらくビジネスの現場に入れば、もっと気付くことがあるでしょう。

 

戦略思考を取り入れたい

一方で、すげぇ~と思ったのは、戦略的な街づくりです。
日本のように、その土地を持っている人が、そこだけ個別最適で作っているのとは対照的でした。

聞くところによると、国による地上げが普通に行なわれているそうです。
日本では地主が反発することで街づくりが遅れるなんて日常茶飯事ですが、
シンガポールではそうはいかない模様。
国としての歴史が短いからなのか?理由は分かりませんが、国が個人の土地をバシバシ買っているそうです。

そのため、今の港は2020年頃には次の場所に引っ越すとか、
空港の次にできるターミナルは、これまでのターミナル全てを合わせた広さだとか、
戦略的な動きが可能になっています。

日本は色んな利権が複雑に絡まって、何をするにも動きが遅くなりがち。
しかも遅くなった上に全体としての戦略優先ではなく、個別最適な結果になることが大半です。

少なくとも制約条件が先行する日本においては、
こんな建物は建てられなかったのだろうなぁ~と推察するのです。

サンズ

産業を自ら発展させていこうとする、戦略的な思考は日本も見習いたいところです。

こんな風に、いつもと同じ生活を繰り返していただけでは気付かないことが見えました。
海外に頻繁に行くことはできませんが、日常に変化を取り入れるのは、
こういう差に気付くトレーニングにもなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日は爆睡でした。
旅の疲れが溜まっていたのかもしれません。
今日から元気に通常営業モードです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

「営業」の定義を変える

顧客の関門に合わせた商品設計を

関連記事

  1. 2次試験終了から1週間

    中小企業診断士の2次試験から、1週間が経ちました。開放感に浸ったという意味では、あっという間の1週…

  2. 受け止め時の解釈で大きく変わる #226

    こんばんは、duckです。昨日に引き続き、今日も軽井沢で遊んできました。昨日は息子と二人でしたが、今…

  3. 突き抜けるための、最もシンプルな方法

    私のなかで、1つの仮説が生まれてきました。偶然なのか、私のアンテナが立っているからなのか、そのよ…

  4. 学びのツールを増やしてみたら

    こんにちは、渋屋です。たまに本ブログで書いていますが、私は今、毎日リハビ…

  5. 仕事の人間関係は、信用から信頼へ

    最近、チームを組んで仕事をしています。チームと言っても、有志が集まっているだけです。&n…

  6. 社内出世の議論はマーケット視点で見ると腑に落ちる

    「社内で出世しても生存確率が上がらない」という議論が盛り上がっています。面白い論点で…

  7. 『エバンジェリスト養成講座』 #469

    おはようございます。渋屋です。『エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼン…

  8. 「専門技能の連続的習得」を行うためには

    昨晩は、約3年前の鮒谷さんセミナーでご一緒させて頂いた、アークフィール株式会社社長の崎元さんと会…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP