menu

COOになる選択肢もある

LINEで送る
Pocket

昨日はコンサルタントだからこそ、
コンサルティングだけで終えたくない、

という希望を書きました。


ところで、普段から周りのコンサルタントの方を見ていると、

社長を支援するコンサルタントというよりも、
COO(Cheif Operating Officer:最高執行責任者)の方が

力を発揮するのではないか?と思う方がいらっしゃいます。

COOは事業運営に関する業務執行を統括する役員です。


世の中の社長、特に創業社長はゼロからイチを生み出すことに
強みを持っている方。

実はイチを10や100に大きくしていくのは、
苦手とする人が意外と多くいらっしゃいます。

事業が大きくなってくると必要になるのが、

業務プロセスを整理し、標準化していくことや、
プロジェクトマネジメントなどです。

アイデアマンであるゼロ→イチの創業社長で、
これらを苦手とする人に、
何人も出会ってきました。


一方、コンサルタントとして働きつつも、

業務プロセスの整理や、プロジェクトマネジメントに
長けた方に多く出会ってきました。

この方々は、コンサルタントとして企業の外部から
支援をする形があるものの、

社内の一員(COO)として、内部から変革するという
形もあると思います。

役員であれば、必ずしも1社に縛られる必要はありませんから、
3〜5社もCOOを勤めれば、多様な経験も積めるでしょう。

自分の強みを活かす方法は、
本当にコンサルティングなのか?
たまには自問自答してみるのも良いと思います。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

コンサルティングで終わらない

誰の真似をしていますか?

関連記事

  1. コンサルティングの価値を上げる方法

    このメルマガの読者の方は、何らかの形でコンサルティングを行うことがあるでしょう。コンサル…

  2. セミナーを「主催」することで得られる安心

    昨日から8月29日のセミナーを募集開始しました。士業・コンサルタントの独立を支援する私が、…

  3. 独立直後の目的はお金でも良い

    「独立したい」と思ったとき、その理由は何でしたか?■私の場合は、「全部自分でやり…

  4. 独立後、再び会社員に戻る人

    読者の方よりご質問をいただきました。「独立後食べていけるまでになる方は 全体の何割くらい…

  5. コンサルタント独立に必要な3つのモノ

    コンサルタントとして独立するとき、それまでは頼っていた会社の看板がなくなることに気付きます。…

  6. 嬉しい紹介と厳しい紹介

    前回のメルマガで、紹介には嬉しい紹介と厳しい紹介があることを書きました。■一般的…

  7. インサイトマップに来る顧客の傾向

    「インサイトマップ・セッション」リリース後から次々とご依頼をいただいています。「何それ?…

  8. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP