menu

人生で最も長く、最も深い「旅」に出ています

LINEで送る
Pocket

オリンピックや高校野球など、スポーツが盛り上がっていますね。
私は普段、ほとんどテレビを観ない生活をしていますが、
オリンピックの中継・ニュースなどは思わず観てしまいます。

何で普段は興味・関心も無いような競技を見てしまうのでしょうか?
私にとっては、「その人(選手)がど真ん中を生きる輝き」に感動するからです。

 

ど真ん中を生きていますか?

このブログのタイトルにもしている「ど真ん中を生きる」。

オリンピックに出場するほどの選手は、競泳選手であれば「自分の人生=競泳」でしょう。
正に自分のど真ん中。
そのくらい、人生をかけて、命をかけて戦いに挑んでいるから、感動するのだと感じています。

一方で私たちは、「自分が何者で、どこに向かうのか?」を、意識することはほとんどありません。
自分が何者かも分からないから、自分の人生のど真ん中なんて分かるわけがありません。
さらに、私たちは毎日のように、勝手な固定観念を周りから押し付けられています。

「そんな余計なことを考えるくらいなら、もっと目の前の仕事に集中しなさい」
「今日、楽しく過ごせれば、それでいいじゃん」
「男なんだから泣くんじゃない」という価値観を幼い頃から植えつけられたり、
「もういい歳なんだから、現実を見なさい」とか。

これらのアドバイスは親切で言われているものですし、
そういう一面があるのも分かるのですが、私は腹の底からは、納得することはできませんでした。

本当は、私たちは自分が何者か知りたい。
自分のど真ん中を見つけて、そこを力いっぱい生き抜きたい。
そう思っているのではないでしょうか?
そのことに気付いた私はガマンできなくなり、自己探求の旅に出たのです。

 

自己探求の旅は終わらない

今年の5月から、「アイダモン」という自己確立の学校に通っています。
そこでは自分の自己を探求し、確立するための方法を教わります。

さらに、自分の自己探求をするだけでなく、他者の自己探求をお手伝いしたい。
それが自分の自己探求にもつながるでしょうし。
1対1で相手の自己統合を行なう、コーチングに似た「アイミング」。
これを身につけるために、「アイミング道場」にも通っています。
(昨日までの4日間は、これに行っていたのです)

講師の方に実際にアイミングを行なってもらったり、
練習として仲間同士でアイミングを行なったり。
あるいは、自己探求の訓練として、内観のトレーニングをその場で行なったり。

4日間、自分の心と触れ合い続け、
仲間の心やエネルギーの変化にも触れ合い続けました。

普段は表に現れることのない、潜在意識・深層心理に隠れていた自分が、
少しずつ姿を現すようになってきました。
この4日間のうち3日目、その場に居た全員が深い領域に入り込んだようで、
その場の雰囲気が明らかに変わりました。

お互い職業も年齢も出身地も知らないような人たちの話に、
心がメチャメチャ揺り動かされるのです。
恥ずかしながら、私は3日目の午前中は涙が止まらなくなってしまいました。。
(そのときは、そういう場になっていたので、恥ずかしくもなかったのですが、
今振り返ると、普段のキャラじゃないな、と)

それ以来、少しずつ、でも着実に自己探求の旅が始まった、と感じています。
周りの仲間たちを見ると、早くも内面が大きく変わり、
その結果、現実世界(例:職業)まで大きく変わった人も出てきたようです。

 

人生で最も深くて長い旅

私たちが今、旅行をする理由はなんでしょう?

かつての日本であれば、

  • 行ったことのないところに行きたい
  • 初めての食事をしたい
  • 買い物をしたい

というようなことが上位に入ってきたのではないでしょうか。
現在もそういう一面はあるでしょう。

しかし、おそらく、現在の上位は変わっているのではないでしょうか。

  • 自分と向き合う時間が欲しい
  • 家族や仲間と共有する時間が欲しい

自分と向き合うキッカケとしての美しい景色だったり、
家族や仲間と時間を共有する手段としての美味しい食事だったり。
景色や食事は上位の目的に対する手段だと思うのです。

私は自己探求の旅をはじめました。
どんな旅行よりも、長い旅。人生が終わるまで続く旅。
そして、どんな旅行よりも、深い旅。

そして私自身だけでなく、周りの方々が、自己の旅をはじめられるお手伝いして、
その方々が、「自分のど真ん中」を発見し、生きることができたら、
メッチャ楽しいことになりそうです。

現実問題として、「自己」が確立していない状態で、
どんなに表面的な技術ややり方を学んでも、成果につながりにくいのです。
より豊かな人生を歩むためにも、自己を確立できたらな、と思っています。

せっかくなので、これからは自己探求の時間を、毎日少しずつ取りたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今、泣ける映画とかを見せられたら、
一撃でダメになりそうです(笑)

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

独立直後の目的はお金でも良い

中小企業診断士試験:「経営情報システム」はコンセプトを見直すべきだ

関連記事

  1. 人を応援する仕事で、自分が元気になる

    もう1ヶ月も前のことです。私の前に、悩んでいる女性経営者がいらっしゃいました。&nbsp…

  2. ビジネスモデルを知りたい人に送る1冊

    おはようございます。渋屋です。このところ、多少の寝不足でも暑くて勝手に目…

  3. コンサルタントの立ち位置 #221

    こんにちは、duckです。まだ少し先の話ですが、12月に中小企業の社長向けに、人材育成のセミナーをさ…

  4. どんな老後を過ごしたいか?

    寿命100年時代に生きる私達にとって、老後を考えることはますます難しくなってきています。少子高齢…

  5. 顧客情報活用のまとめ #437

    おはようございます。渋屋です。3月25日のブログ以降、顧客情報活用の記事を多く載せてきました。…

  6. フリーランスとは総合格闘家である

    久しぶりに年末にテレビで格闘技をやっていました。旅行中だったのでビデオに録画し、昨日から観ていま…

  7. 事業の目的を定め、意思決定基準を固める

    組織を運営していると、意思決定で迷うことが出てきます。関係者が増えるほどに、それぞれにとっての利…

  8. SWOT分析の使い方

    以前に、SWOT分析は使うのが難しいということを書きました。ブレインストーミングのような…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP