menu

どんな年の重ね方をしたいですか?

LINEで送る
Pocket

最近、同じ歳くらいの人たちの見た目、話す内容、発するエネルギーなどが気になるようになってきました。
大きく二極化が進んでいるように思うからです。

見た目で言えば、同じ歳とは思えぬほど老化(オッサン化、オバサン化)が進んでいる人がいる一方、
本当にカッコイイ、キレイな人がいるのです。
前者と後者では、パッと見、一回り以上、年齢差があるように感じてしまいます。

見た目は分かりやすいですが、それ以外にも、話す内容がネガティブなものばかりの人、
常に楽しそうでエネルギーに溢れている人がいます。

私は今、平均余命から考えると、ほぼ人生の折り返し地点。
こういう差を目の当たりにするたびに、「自分はどうありたいのか?」を考えさせられます。

 

今を楽しんでいるかどうか?

たまたま、先日、人生の先輩お二人の20代の頃の写真を見る機会がありました。
お二人に共通していたのは、20代の頃は眼光が鋭かったこと。
今のお二人(50代女性と40代男性)の方が、表情が柔らかく、素敵だと感じました。
周りの方も同じように感じたらしく、「今の方がいいね〜」という反応でした。

特に女性の方は20代の頃はいわゆる美人なのですが、
何かと戦っているのか?と思うほどの表情でした。
まぁ、今50代の方が20代だった30年前、女性が仕事で活躍しようと思ったら、
今からは想像できないハードルが多々あったのでしょう。

様々な苦難を乗り越え、経験を積んだ結果、今はお二人とも人生を楽しんでいる。
もちろん、今だって大変なことはあるはずです。
ただ、それすらも楽しんでしまおうとする姿が、今の柔らかい笑顔からは感じられます。

「あ、こんな大人になりたいな」と感じた瞬間でした。

 

理想の自分を掲げているかどうか?

輝いている先輩たちを見ると、「理想の自分」を持っているように感じました。

  • 死ぬまでチャレンジする自分
  • 美を忘れない自分
  • 仲間を大切にする自分
  • 感謝し続ける自分
  • 自分に正直な自分

人それぞれ、表現は異なりますが、「こうありたい」という姿を持っているのです。
日々、惰性で生きるのではなく、「こう生きたい」という意思を持ち、
とは言え、意固地にそれにこだわるのでもなく、自然体でそこに向かうような清々しさを感じます。

 

自分を大切にしているかどうか?

結局、輝いている人たちは、自分を大切に、自分に正直に生きているんだと思います。
余計なガマンをしていないとも言えそうです。

私の場合、残りの人生、余計なガマンをして生きるのではなく、
自分らしく、自分に正直に生きたいと思うようになりました。

  • 通勤電車で無駄に疲弊したくない
  • (上司に指示されたけど)誰の役に立つのか分からない資料作成に追われたくない
  • 無意味に周りに同調する生き方はしたくない
  • 自分で考えたサービスを、直接、顧客に届けたい
  • 顧客、しいては世の中の役に立っていることを実感したい
  • 自分の評価は(会社や上司ではなく)顧客と自分で決めたい
  • 収入は自分でコントロールしたい
  • 自分の時間の使い方は自分で決めたい
  • 家族でゆっくりご飯を食べたい
  • 何かを思い残すことなく死んでいきたい

その結果、独立することによって、働き方を変えたのです。
いや、私にとっては、働き方というよりも生き方を変えたのでしょう。

また、感情面でも自分に正直であろうと思っています。
私たちは世の中からのプレッシャーで感情を抑制することを求められています。
「男の子なんだから泣かないの!」とか、典型的ですよね。
会社のミーティングで感情的になったら、「何だあいつ」という反応が待っているでしょう。

でも、男だって、大人だって、悲しいときは泣きたいんじゃないですか?
会社で訴えたいことがあったら、暑苦しく叫ぶくらいの気合を入れても良いんじゃないですか?

私は、泣きたいときは、思い切り泣けるくらいの人生の方が、豊かなんじゃないかと思います。
思い切り泣けるくらいの方が、嬉しいときには思い切り笑えそうですし。
あ、ちなみに泣くと副交感神経が優位になり、自然とリラックスできるそうです。
映画で号泣した後スッキリする人がいますが、なんだか分かるような気がします。

そうやって、もっと感情豊かに生きていきたいと思っています。
(まだまだ会社員時代の「抑制する自分」が強くて、思う通りに感情を出せませんが)
なんだかまとまりのない文章になりましたが、今日はこの辺で。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日はこのときのリベンジ。
バイク練習の後にプールに行ったら、ちょうどコースが私一人になったので、
400メートルタイムトライアル。
1,300mくらい泳いだ後でしたが、今回はちゃんと7分30秒を切れました♪
相変わらず、けのびはできませんが。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

戦友って、ホントに大事

業務の無駄をなくし、消費者が学ばなければ、日本は沈没する

関連記事

  1. 技術力は、料理の素材のようなもの

    「当社の強みは技術力です」そう仰る経営者は多いです。私はこのようなコメントをいただいたと…

  2. 顧客のニーズや課題を明確にするための問いとは?

    前回より顧客像を明確にするための問いについて考えています。顧客を明確にする理由は2つ…

  3. ランニングと経営に共通するフレームワーク

    フルマラソンを初めて走ってから2年以上経ちました。7回フルマラソンを完走し、全てのレースで自己ベ…

  4. 売り物がない会社と、売り手がいない会社

    昨日は、組織として弱みを放置することは致命的ですよ、と書きました。私が良く関わるIT…

  5. 顧客の気持ちを知る #426

    おはようございます。渋屋です。昨日は顧客層を定義しつつ、その数を把握することによって、自…

  6. 理念・哲学・パッションが経営の中心に

    数多くの組織を見ていると、縦割りの問題を必ず見かけます。先日はある会社の社長が仰っていました。…

  7. 箱根駅伝を見て考えた強い組織づくり

    毎年恒例となりましたが、箱根駅伝の応援に行ってきました。選手たちを見ながら、本当に強い組織を作る…

  8. 企業活動と情報システムの関係

    昨日は企業活動の基本について書きました。今日は、その企業活動と情報システムがどのよう…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP