menu

セミナー主催の段取り【企画、告知、値付け】

LINEで送る
Pocket

士業・コンサルタントとして独立するなら、自らセミナーを主催できた方が、
ビジネスの幅が広がりますし、勢いをつけることもできます。


今回はそんなセミナー主催の段取りについてです。

 

1.企画する

まず企画の概要を決めなければ動けません。
どんな人が対象でしょうか?
あなたのビジネス自体が固まっていれば、ここは迷わずに決められるでしょう。

ただ私の場合は、色んなタイプのセミナーをやりながら、
少しずつ自分がやりたいこと、貢献できる場所を探してきました。
私と同じ場合は、企画の時点から誰を対象にして、どういう価値を提供するセミナーなのか?を検討します。

このとき、アタマの中で悩むよりは、書いた方が良いでしょう。
書くときは、自分向けのメモというよりも、顧客に向けての告知文を書くつもりで。
理由は、顧客向けに書くと、このセミナーで得られる「価値」を明確にせざるを得ないからです。

誰に向けた?どんな価値を提供するものか?
とにかくこの2点にフォーカスして企画してみましょう。

 

2.告知する

告知するためには、対象者と価値を明確にした文章が必要です。
ただ、企画の段階で告知文を書くつもりで書いていれば、そんなに時間はかからないはずです。
とは言え、この「告知文を書く」ことは、一番時間がかかるところかもしれません。

集客のキモですから、当然と言えば当然です。
私自身、セミナーに関する段取りの中で、最も時間がかかっているプロセスだと思います。
(セミナー本番よりも)

ただ、初めてセミナーを主催するときから、ここに時間をかけすぎない方が良いでしょう。
それよりも、セミナーの回数を積み上げる方が大事、くらいに思っていた方が、
心理的負担も大きくありません。

実績が増え、顧客基盤が磐石になってくると、直前の日程でも告知できます。
しかし、これからセミナーをキッカケに事業を立ち上げようとする場合には、
少し先の日程に設定して、より多くの方にいらしていただける可能性を高めた方が良いです。
遅くとも1ヶ月前には告知しておきたいですね。

 

悩む価格設定

なお、いざ告知しようと思うと迷うのが「価格」です。
「顧客に提供する価値 > 価格」という式が成り立つような価格にしたいですが、
そもそも、知識を売る商売では、価値を価格に置き換えることが非常に困難です。
それでも何とか、価値を価格に置き換えるよう、悩んでいますが。
あと、私の場合は、最低いくらで売りたいのか?という自分への問いかけもしています。

ただ、最初の数回のセミナーは、参加者からの感想をいただくことが一番の目的だと考えましょう。
そう考えると、少しでも多くの方に来ていただき、より多くの感想をいただきたいですね。
そのために安い価格設定が良いでしょう。
(まだ講師として慣れてもいないと思いますので、高すぎると自分が引いてしまいますし、、
ただ、安い価格設定に慣れないように、気をつけましょう)

私の場合、生まれて初めて主催したセミナーは1人2,000円でした。
2人来ていただいたので、売上は4,000円。
貸し会議室に5,000円以上払ったので赤字でしたが、本当に嬉しかった4,000円でした。

セミナーの段取りはまだまだ続きます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は月例のセミナーに参加です。
先月はトライアスロンのレースで欠席でしたので、
講師・参加者の皆さんに会うのが楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

「無能の知」から成長へシフトする

ライバルを増やして大丈夫なんですか?

関連記事

  1. 独立して1ヶ月。振り返って良かったこと。

    独立して1ヶ月が経ちました。新しい体験ばかりで、右も左も分からないということが多かったです。…

  2. 何を求めて働くのか?

    こんばんは、渋屋です。今日もミーティング8連発。話してばかりで価値を生み出す活動ができていな…

  3. 小学生から始まり、社会人へ

    小学校から始まる学校の勉強、カリキュラムがキッチリ決まっています。■学習指導要領によ…

  4. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  5. 書く仕事を増やしてみて、感じていること

    最近、書く仕事を増やしています。「聴く」、「話す」、「書く」仕事の割合独…

  6. 独立はあくまでも手段

    私は独立は働き方を実現するための手段の1つだと思っています。自分はどのように…

  7. 独立する前に出来ることは全部やる

    こんにちは、渋屋です。昨日は、相続を専門とする司法書士 高杉さんのセミナーに参加してきました。…

  8. 知識・経験に対する価格観の違い

    先日、息子のサッカーチームで外部講師を招聘してセミナーが行われました。子ども達はもちろんタダなの…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP