menu

セミナー主催は大変だけど効果絶大!

LINEで送る
Pocket

自分自身でセミナーを主催すると、独立・起業に勢いをつけることができます。
単に講師としてお呼ばれするのではなく、主催することは大変ですが、それだけの効果が得られます。

 

ビジネスの肝が詰まっている

最初に書きますが、セミナー主催は大変です。
特にビジネスを始めたばかりで実績がなく、既存顧客もいない状態ですと、
参加者を集めるのに苦労します。

半年間、ひとりも集められなかった方のお話を聴いたこともあります。
(それでも開催し続けた強い意思が素晴らしいです)

私の場合は、生涯で初めてセミナー主催したときには、2名の方にご参加いただけました(嬉!)
ただ、その後もしばらく苦労しました。
参加者ゼロでひっそりと無かったことにしたセミナーもありますし、
今でもある意味、一番苦労していることです。

苦労するのは確かなのですが、ここにはビジネスの肝が詰まっているように感じています。
企画に始まり、値付け、告知、集客、などなど、簡単にはできないプロセスばかりです。
「事業」のエッセンスが詰まっていますので、ビジネス筋を鍛えることができます。

当然、上手くいくときもあれば、そうでないときもあります。
このような結果を真正面から受け止めることで、事業を営む経営者の気持ちも分かるようになっていきます。
この点、経営支援を行うコンサルタントとしては、重要なことだと思います。
人から仕事を紹介していただいているだけでは、気持ちが分かりませんから。

 

小さくはじめられる

セミナーは開催するのに制限事項がほとんどありません。
物を仕入れる必要はありません(情報は常に仕入れる必要がありますが)。

制限事項と言えば、日時と場所くらいです。
日時と場所を外すと、誰にも来てもらえないので、難しいところなのですが。

何れにしても、普通の会社員を含めて、多くの方がやろうと思えば
明日にでも実施できるのがセミナーの良さです。
ノーリスクで始められて、ビジネスの肝を経験できるので、多くの方に主催をおすすめしています。

 

お呼ばれ講師を経験しても良い

「セミナー主催のメリットは分かった。それでも、人前で話すことは無理!」

という方もいらっしゃるでしょう。
そういう場合は、話すことに慣れるまでは、そこに集中しても良いと思います。

私自身、自分でセミナーを主催したのは、他の人が主催したセミナーに講師として
呼んでいただいた経験を何度かした後でした。
まずはコンテンツを作ること、そして人前で話すことに集中しました。
その経験を数回した後で、企画・運営を含めて、全部自分でやってみようと思ったのです。

ちなみに人前で話してみると分かると思いますが、
適切な人数は人によって異なります。

大人数の前で話した方がテンションが上がって良い、という方がいらっしゃる一方、
少人数の方が聴衆との関係性ができて良い、という方もいます。
(私は後者ですから、常にセミナーも少人数です。)

100人程度の前で話したことも何度かありますが、
自分のスタイルは少人数が良いということで、落ち着きました。

この辺は経験してみないと分からないことだと思いますので、
まずは色々な形式でチャレンジしてみると良いでしょう。
必ずしもセミナーでなくとも、社内のプレゼンテーションの機会などがあれば、
工夫してみる価値があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
1年以上、支援してきた会社の社長(女性)が、
フルマラソン3時間37分なことが発覚。
マラソンをやってたこと自体を初めて知ったので、
もっと普通の会話をしなきゃなぁ〜と思ったのでした。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

リアルとネットの混在営業術

ラクをするためにもフォームを磨く

関連記事

  1. さらなるプロジェクト宣言 #295

    おはようございます。duckです。今日から朝型の生活に戻すため、5時起きです。夜のスケジュールをどう…

  2. 顧客の関門に合わせた商品設計を

    前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。簡単に復習すると、「営業」という言…

  3. 出版企画書に集中 #338

    おはようございます。duckです。私が所属している中小企業診断士受験生を応援する集団 タキプロにて電…

  4. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  5. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  6. ホームページ設置で大切なこと

    ホームページを設置する際、ITが苦手な人ほど、人任せにしてしまいます。最終的に作業は人に任せると…

  7. 生涯現役であり続けたい

    「高齢者が75歳から」が話題になっています。直近の現・高齢者の年金をどうするんだ?的な課題は多々…

  8. 医療保険:退職後の選択肢は3つ

    会社を辞め、独立したとき、医療保険や年金について悩むことになります。会社員の頃、自動的に加入され…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP