menu

自己探求と社会への貢献を両立させる

LINEで送る
Pocket

この春ころから、自己探求について学びながら、私自身、自己探求を続けています。
おかげでビジネスに限らず、ずいぶん色んなことに気づくことができました。
今回は、自己探求と社会への貢献について書きます。

 

会社員は自己犠牲?

先日、久しぶりにお会いした友人が言っていたことで、「あぁ、確かにそうだった!」と納得したことがあります。その友人曰く、

「会社員であることって、ある意味、自分を抑えつけるってことですよね」と。

全ての会社がそうだとは思いませんが、私は少なからず、そういう想いを抱いたことがあります。

  • 自分でやりたい企画があるのに許可が得られない
  • 直接お客さんに会いたいのに、顧客担当部門が嫌がる
  • 自分の評価や収入は自分で決めたいのに、上司や会社に決められる
  • やりたいことはやらせてもらえないのに、やりたくないことはやらされる

3つ目4つ目くらいになってくると、ホントただのワガママですw。
「何で会社に収入を決められなきゃいかんのだ!」と。
自分で顧客開拓していなかったのに、思い上がりも甚だしいw。

でも、会社員だった頃の私には、真剣にストレスでした。
自分を抑えに抑えて、周りに少しでも合わせようとしている自分が居て、それが嫌でした。
会社や仕事、周りの仲間には恵まれていました。良い職場だったんです。
でも同時に、高い給料をもらう代わりに自己犠牲を払っているという感覚もあったのです。

 

自分勝手と自己犠牲の狭間

当時の私は、ただの自分勝手でした。
自分のやりたいようにやりたい。それだけ。
でも、自分がやりたいようには全然できない。周りに合わせているだけ。

内面は自分勝手で、現実世界では自己犠牲を払っていました。
だから、自分がやりたいようにしよう。
やりたいようにやりながらも、他者に貢献できるようにしよう。
そう悩んだ結果が、ひとりで働く独立だったのです。

自分が自分らしく生きること。
他者に貢献すること。

自分らしく生きているけど、他者に貢献できていない状態は、自分勝手です。
他者に貢献しているけど、自分を押し殺している状態は、自己犠牲です。

人間、どちらの状態も長く続けることはできません。
自分らしく生き、かつ自分を活かす。
この両輪が上手くまわったときに、私たちは最も輝くのではないでしょうか。

 

自己の内観をしつつ、現実世界につながる方法

私がこれまでに自己探求とかのセミナーに行かなかった理由は、この点にあります。
学んでも両輪が上手くまわせると感じなかったのです。
自分勝手にはなるけど、他者に貢献する方法、より具体的に言えば、ビジネス化する方法までは考えないのです(私の知る限り)。
心理学とかを学ばなかった理由も同じです。

私たちは現実世界に生きています。
スピリチュアルな世界に深く入り込むのは楽しいのかもしれませんが、
現実世界を見つめたときに、何の変化も起きない・起こせないのであれば、
その自分の世界に入り込むことに、あまり意味はありません。

今、学んでいるものは、自己の内観をして、「ど真ん中の自分」を発見しつつ、
それを現実世界でどのように活かすのか?を合わせて考えるプログラムです。
それが分かったから、時間とお金をかけて、学ぶことにしたのです。

  • 自分らしい姿とはどんな姿か?
  • 自分が描く、望む世界とは?
  • その望む世界を達成するために自分は何をする?
  • どのように貢献する?(=ビジネス化する)

こんなことに日々思いを馳せながら、
自分探しと他者に提供するソリューション(サービス・行動など)を考えています。
おかげさまで、アイデアが出すぎて、何から手を付けようか、迷っています。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今晩は所属するランニングチームで皇居ラン。
新たなメンバーが加入したので、そのお祝いです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

コンサル合戦が面白い

本ブログのタイトルを変えました『ど真ん中を生きる独立・経営』

関連記事

  1. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

  2. 空いているリソースを使ってみたら・・・

    こんにちは、渋屋です。息子が3月まで通っていた保育園の目の前に駐車場があ…

  3. 情報漏えい後の対応で、企業文化が伝わる

    こんにちは、渋屋です。JALの顧客情報システムに不正アクセスが発生し、顧客情報漏えいの可能性があ…

  4. 何を売るかよりも、どう売るか? #465

    こんにちは。渋屋です。昨日は息子の友達含む3家族で、ディズニーシーに行ってきました。…

  5. 「人は環境の動物」から始める経営

    先週、今週と多くの会社を訪問しています。フリーランス、数人からなる小さな会社から、上場している大…

  6. 専門バカにならないために

    こんにちは。渋屋です。日々、マネージャとして仕事をする中で、人はどうして…

  7. ナンバー2の育成が会社の命運を担う

    これから成長していこうとする会社を見ることが多いです。創業社長と話をする機会も増えているのですが…

  8. イノベーションはテクノロジーだけじゃない

    こんばんは、渋屋です。今日はイノベーションについてです。イノベーショ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP