menu

私の子育て方針と、コンサルティングするときの共通点

LINEで送る
Pocket

突然ですが、子育てで大事にしていることと、
コンサルティングするときに気をつけていることには、共通点があります。

 

私の子育て方針

私が子育てで大事にしたいなぁ〜と思っていることは、大きく2つあります。

  • 人生は面白いものだと感じられるようにすること
  • 自分自身の存在を大切なものだ感じられるようにすること

前者のために、私自身が人生を楽しむ姿を見せ続けたいと思っています。
親が人生を楽しんでいれば、自然と息子も人生を楽しめるようになると思うからです。

後者のためには、愛情をしっかりと表すことが大切だと感じています。
愛情を感じることによって、自己肯定感が生まれるからです。

この本にも、そのようなことが書かれていました。
先日、息子とある会話をしていたところ、愛情が伝わったらしく、
今まで見たことのない笑顔を見せてくれました。
そういう機会を増やしていきたいです。

 

相手を尊敬し、話をしっかりと聴くこと

私がコンサルティングをするとき、心がけていることは2つあります。

  • 相手を尊敬すること
  • 話をしっかり(論理的にだけでなく、感情的にも)聴くこと

どんな規模の会社社長であれ、一般人には理解し得ない苦労をされています。
会社を経営するのは、それだけ大変なんです。

そんな社長をまずは尊敬すること。
裏側には、どんな社長・会社にも可能性があると信じること。
仮に今、苦戦されていても、苦難は乗り越えられる。
そのことを誰よりも私が信じたいです。

そして答えは現場にある。社長の中にある。
そう考えているから、話をしっかり聴くのです。
論理的な頭で聴くだけでなく、感情的にも聴きたいと思っています。
だから最初から一方的に私が話をする、ということはありません。

今、社長が一歩踏み出せない理由は何なのか。
それは感情の奥底に眠っていることもあるのです。

一昨日、「初対面だったのに、安心して何でも話してしまいました」という声をいただきました。
私が聴くことを重視しているためかもしれません。

 

子育てとコンサルティングの共通点

共通点は、相手の可能性を信じること。
そして、私が引っ張り上げるのではなく、自分自身で決めて成長してもらうことです。

自分の息子に対することと、
コンサルティングさせていただく社長(=大人)に対することに、
そんな共通点があるなんて!とお叱りを受けるかもしれません。

でも、本質は同じだと思っています。
根底にあるのは、相手に対する尊敬です。

あるところに行くと、

「中小企業診断士の先生が、あの会社を”指導”してきて、うんぬん、、、」

と言われることがありますが、これまでにお読みになってお分かりの通り、
私は社長に対して「指導」というような上から目線にはなりたくありません。

もちろん、何かを示すことはありますが、
それも社長の決断を補足する材料にすぎません。

相手を尊敬する。
可能性を信じて、自分自身で決めて、行動してもらえるように促すこと。
これが自分のスタイルとして完全定着するまで、適宜、チェックし続けたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日、長崎・五島列島に到着しました。
明日のレースの準備を進めつつ、緊張感が高まってきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

価格のつけ方は、最後は価値にたどり付く

独立直後こそ必要なバランス感覚

関連記事

  1. 「人件費」の捉え方で経営は変わる

    人件費を日頃、どのように捉えていますか?その捉え方1つで、その会社は10年後、全く異なるものにな…

  2. 「賢くなければならない」「優秀でありたい」というマインドブロック…

    かつて私は、優秀な方、成果を上げている方、とてつもなく頑張ったり挑戦している方を見ると、引け目を感じ…

  3. 【管理職】私の育児方針と人材育成の関係

    子どもは小学生になっていますが、それでも変えていない育児方針があります。今日はそんな育児方針と人…

  4. 一点集中!!

    こんにちは、渋屋です。ランニングコーチに体幹トレーニングを教わったときのこと。全く同じことを…

  5. 目指すは魔法使いでも戦士でもなく、勇者なのか!?

    家族でとある性格診断みたいなものをやっていて、面白い質問がありました。あなたはロールプレイン…

  6. 「我慢」したことを、ビジネスチャンスに変える

    一昨日の記事で、目標につながらない無駄な我慢は、働く側にとっても組織にとっても不利益であることを書き…

  7. 社長はどこまで学ぶべきか

    『V字回復の経営』などで有名な三枝匡さんが、とある場所で「日本の社長は不勉強すぎる」と漏らしていたそ…

  8. ダメな自分を受け入れてラクになった事例

    一般的に、ダメな自分は克服しようとしたり、ポジティブシンキングで打ち消したりします。でもそれは、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP