menu

ブログを毎日書き続けて得られたのは「自尊心」だった

「ブログを毎日書き続けられる理由は何だろう?」

5月25日(水)に行うセミナー『ブログ1,000記事セミナー
~ブログ1,000記事以上継続の秘訣と成果を学ぼう~』
の主催メンバーで昨日、ランチをしたときに話していました。

 

ブログのメリットは多種多様

4人でランチをしながら話したのですが、ブログを書くメリットは挙げきれません。
面白いのは、立場もキャリアも異なる4人が、それぞれのメリットを感じていること。

  • 毎日一定の時間を確保し、
  • 自分と向き合い、
  • 人に読んでもらうための記事を書く

という行為からは、はかりきれない効果があるのでしょう。

ちなみに私が考える、フリーランスとして情報発信し続けるメリットは、
今日のメルマガ 『非常識なコンサルタント』に書きました。
(バックナンバーは読めませんが、、)
ご興味のある方は、こちらから登録できます。

ちなみにブログを書くメリットがもっと分かりやすければ、
奥さんにちゃんと伝えられるのに、、、というのは共通認識だったようです 笑。

 

唯一のメリットを挙げるなら「自尊心」

万人に共通するメリットを1つだけ挙げろと言われたら、
私は「自尊心」が育まれることだと思います。

3日坊主が普通の世の中です。
普通に考えて、新しい習慣を身につけるのは困難なのです。

それなのに仕事を持ち、家族を抱える人たちが、

  • 仕事がどんなに忙しくとも、
  • 気分が乗らないときや病気であっても、
  • 記事にするネタがどうしても見つからない日も、
  • 家族旅行に出掛けていても、
  • トライアスロンのレースに出ても、

毎日記事を書くのです。

それを少なくとも1,000日(3年程度)は続けることによって、
毎日少しずつ少しずつ、漆塗りのように自尊心が上塗りされていくのです。

セルフイメージが上がれば、人間は新しいことにもチャレンジできるようになります。
以前の記事で、「ブログをやっていなければ独立できなかった」と書きましたが、
それも同じ理由です。

日常に巻き込まれるだけの生活を防ぎ、自分を客観視する。
そして自尊心が高まってくブログは、変わりたいと考える方には、自信を持ってオススメします。
セミナーでは、継続するための秘訣なども聴けるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日から早朝の勉強会「朝喝」を再開しました。
先月よりも参加者同士のディスカッションが増えたように感じました。
そして夜は、第2回ドラッカー読書勉強会です!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

直接営業と間接営業

マネジメントは一般教養である。ドラッカー読書勉強会レポート

関連記事

  1. 最も効率の良い勉強法 #381

    おはようございます。渋屋です。今日は終日テレワークです。来年にPMP(Project Managem…

  2. お客様の視点 #203

    こんばんは、duckです。今日は数ヶ月間、やりたいと思い続けていた勉強会をやりました。私の所属する部…

  3. SWOT分析のワナ

    こんばんは、duckです。経営や戦略論の勉強を始めると、必ず出てくるSWOT分析。認知度…

  4. 1つだけ見えてきた #292

    こんばんは。duckです。昨日は平成進化論 鮒谷さんのセミナー同期で集まりました。セミナー以来、半年…

  5. さらなるプロジェクト宣言 #295

    おはようございます。duckです。今日から朝型の生活に戻すため、5時起きです。夜のスケジュールをどう…

  6. 人間関係は・・・

    こんばんは。今日は診断士の実務補習4日目です。今まさに、報告書をキンコースで製本中。我々は待っ…

  7. 感情の起伏を大切にする #600

    こんばんは。渋屋です。このところ、感情が動いたときに、その理由を含めて記…

  8. 受験生の前で話しました #120

    こんばんは、duckです。今日は診断士受験生向けに、昨年度合格者という立場で20分程、話しをさせて頂…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP