menu

なぜ安いコンサルティングでは効果が出ないのか?

LINEで送る
Pocket

士業を全面に押し出すと、相場の価格感に支配されてしまいます。

「あ、中小企業診断士だったら、2時間でいくらね」

という感じに。
中小企業診断士はまだユルい方ですが、税理士などはネットで金額の叩き合いをしているように見えます。

そんな泥沼から抜け出すため、独自のサービスを売ろうとする方が最初にぶち当たる壁が「価格」です。
ここで私は安くしてはいけないと思っています。
少なくとも、自分が納得できる金額以上にしたいものです。

 

安くて便利なものには価値を感じにくい

世の中、安くて便利なものが出回っています。
しかし、あなたの提供するコンサルティングというサービスは、安くて便利なものでしょうか?

一般的に、安くて便利なものには、希少性がありません。
その結果、価値を感じにくくなるのです。

 

覚悟が要らない

価値を感じなければ、コンサルティングを受ける側に覚悟が不要となってしまいます。
そんな状態で、結果が出るわけがありません。

コンサルティングを受けることは投資です。
覚悟を決めて投資をして、将来のリターンを得る。
外部の脳を借りて、時間を短縮するということは、そういう投資脳が求められます。

投資と考えれば、原資が少なければ(=コンサルティングの価格が安ければ)、
その分、成果が出ないことも納得できるでしょう。
1円は100倍になったところで、100円なのです。
1万円投資していれば、2倍で2万円です。
経営にとって重要なのは、倍率ではなくて、利益の絶対額です。

覚悟をして、投資をする。
そして結果を得るために経営を頑張る。
そういうマインドが必要なのです。

 

不自由を買う

コンサルティングなんか不要。自分でやれば良い、と仰る方がいます。
そのように考える方は、思う通り、ご自身でやれば良いと思います。

一方、ライザップが流行っている理由は何でしょうか?
似たような設備のジムは他にあるでしょう。
トレーナーがいるジムもあるでしょう。

行ったことがないので詳細は分かりませんが、
「結果にコミット」するために、高額なお金を支払っているのではないでしょうか。
要するに「不自由を買っている」のです。

安くて便利でいつでも手に入るものには、希少性がありません。
高くて面倒で追い詰められることに、価値を感じられる時代です。
ですから、顧客(社長)が結果にコミットするためにも、
コンサルティングの価格は「ちゃんと」設定すべきでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日から参加しているセミナーの2日目。
ふだん参加しているセミナーと参加者層が異なり、それだけでも面白いです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

顧客の気持ちを理解するために何をしていますか?

与えるために学び続ける

関連記事

  1. 会社員の方が合っている人もいる

    昨日は、独立した人のどれくらいが食べていけるのか?言い換えると再び雇われる道を選ぶ人がい…

  2. 資格の肩書きにとらわれていませんか?

    先週開催したセミナーに参加下さった中村さんが、ご自身のメルマガで感想を書いて下さいました。(中村さん…

  3. 中小企業診断士にブログを書くのをオススメする3つの理由

    このブログを毎日欠かさず書き続けて、今日で1,855日です。過去に発信したメルマガや、現在配信し…

  4. 経営コンサルティング「も」できる強み

    おはようございます。渋屋です。昨日、中小企業診断士は何でも出来る、オール…

  5. IPアドレスとは何か?

    おはようございます。渋屋です。個人で独立・起業するときに悩みがちなのが、「IT用語」。苦…

  6. 中小企業診断士を取得した後に大事にしたいこと

    先週、中小企業診断士の2次筆記試験の結果発表がありました。口述試験に進める人が944人、筆記試験…

  7. 顧客の重要性はどの位?

    こんばんは、渋屋です。昨日の記事(診断士になったのは、誰のためですか?)では、診断士にとって…

  8. 中小企業診断士 実務補習で使える情報源

    前回は実務補習の大まかな流れを説明しました。今回は、実務補習で使える情報源についてで…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP