menu

難しい本を分かりやすくする読書術

このところ、難しい本に再チャレンジしています。
具体的には『ドラッカー(マネジメント)』と『コヴィー(7つの習慣)』です。

人生を豊かにするにも、質の高いコンサルティングを提供するためにも、
この2つは私にとっては外したくありません。
でも、読んでるとすぐに寝ちゃうんですよね。。

どうにかならないものか?と工夫した結果、
少しは効果の出る読書術をマスターしてきました。
易しい本が出てきているので出来るようになったことです。

 

易しい本、真ん中の本、難しい本を横断する読書術

私は難しい本を読むのが苦手なので、それをいきなり読むと、即寝てしまいます。。
ですので、いきなり本丸を目指さないようにしています。

本人が書いたものでなくとも、易しい入門書(特に漫画や小説仕立て)でその世界観に触れることはできます。
最近は難しい本の漫画が次々と出てきているので、やっと時代が私のニーズを理解してくれた!と思っています。。

簡単な本で世界観を掴んだら、次にもう少しだけ難しい本、普通のビジネス書レベルの本を読みます。
ここまでくれば、土台はできているハズ。
いよいよ本丸に攻め込むのです。
少しは本丸を読めるようになっていることでしょう。

ただ、本丸の文字面ばかり追うと辛くなるので、私の場合は定期的に目次に戻るようにしています。
本丸レベルの本が辛いのは、とにかく分厚くて、しかも洋書の翻訳本にありがちな冗長な言い回しで、
自分がどこを読んでいるのか?分からなくなってしまうからです。
そうならないように、定期的に目次に戻って、全体のどの部分を自分が読んでいるのか?を確認しているのです。

 

ドラッカーは、この3冊

私の場合、ドラッカー『マネジメント』はこの3冊で攻めました。

最初の易しいものは、超有名になったこちらです。
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

『マネジメント』版に引き続き、最近は『イノベーションと企業家精神』版も出てきているので、同じように読んでみようと思っています。
随所に『マネジメント』の引用が出てきます。最初に読むときは、この引用部分がまどろっこしいのですが、この部分を飛ばしてしまうとただの小説になってしまうので(笑)、引用部分はしっかりと読みましょう。

次に読んだのが『ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』です。

ドラッカーに直接教えを請うた藤田さんによる著書。
入門書として、とても読みやすく、しかし本質的なことがしっかりと書かれています。
個人的には情報システムを企画する章は、システムに長く携わってきた者として、感銘を受けずにはいられませんでした。

最後にいよいよ本丸、『マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則』

本丸と言いつつ、それでもエッセンシャル版ですが(笑)
早く上・中・下の3冊を味わって読めるようになりたいものです。
これまでに学んできたことを元に、あちこちに線を引いたり、メモを書き加えたりしながら読みました。

 

コヴィーは、この3冊

最初は易しい漫画からです。『COMIX 家族でできる7つの習慣』

普通の『まんがでわかる7つの習慣』もあったのですが、敢えて家族向けのものを読んでみました。
ビジネス以外のシチュエーションで、どのように使われているのか?を知ることによって、本質が見えるのではないか?と思ったからです。

次に読んだのが普通のビジネス書です。『実践 7つの習慣』

日本人の佐々木 常夫さんが、ビジネスだけでなく、家族に対しても実践した7つの習慣。
その解説を読むことによって、私には今までよりもスムーズに7つの習慣が入ってくる感覚を得ることができました。
普通のビジネス書以上に読みやすかったです。

最後に本丸。『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』

「完訳」になる以前のものも持っていましたが、こちらの方が読みやすくなったと感じています。
私が多少なりとも『7つの習慣』に慣れてきたからかもしれませんが。
今から買うなら「完訳」の方が良いでしょう。

こうやって易しい本から難しい本丸に攻め込むのは、徐々に慣れていくということもあるのですが、
それ以上に、同じ内容を何度も繰り返すことに意味があると思っています。
同じ内容を少なくとも3回は読むことになるので、その芯となる部分が残るのです。

やってみて、以外と使える読書術だと感じているので、
他の読みたい本にも使っていこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日は熱と腹痛で1日寝ていました。。
今日も顧客に連絡をして自宅作業をさせてもらうことに。
まだトイレから離れられません、、、

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

プロダクトアウトからマーケットインにシフトする

「副業」ではなく「複業」へ、PPMの発想を持とう

関連記事

  1. 新しい企業戦略・自己戦略の本

    衝撃を受けました。たった一人で組織を動かす 新・プラットフォーム思考(200…

  2. 『職場の問題地図』より、私たちは「ワークスタイル変革」をただの流…

    「働き方」に関して、ようやく表面ではなく、本質を突いた本が出ました。職場の問…

  3. 弱い自分に「ゼロ秒思考」で立ち向かおう

    こんにちは、渋屋です。ようやく風邪のピークを越えたようです。つらさが半減してきました。明日、明後…

  4. 中小企業診断士の勉強を始めるのに最適な本

    こんにちは、渋屋です。このところ、あまりに多くの本を同時並行で読み進めているため、だんだんワ…

  5. 顧客の一挙手一投足に注目する

    昨日、顧客の期待値を超えているか?自戒を込めて書きました。■実際、あらゆる事…

  6. 【管理職】私の育児方針と人材育成の関係

    子どもは小学生になっていますが、それでも変えていない育児方針があります。今日はそんな育児方針と人…

  7. やっぱり廃棄からしか始まらない

    ドラッカーは言いました。現在行っていることの廃棄は体系的に行なわなければならない。(『ドラッカー…

  8. ブログ運営の基礎を知る1冊

    こんばんは。渋屋です。本ブログは毎日記事を投稿していますが、今日で723…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP