menu

【独立のリアル】かなり無防備のまま独立しました(汗)

もう少しで独立して1年になりますので、最近は振り返ることが多くなっています。

反省して今後のビジネスを伸ばすのももちろんですが、
自分の経験を方程式にして、他の方に学んでいただけるようにするためです。
それによって見えてきたことがあります。

 

知識はほぼゼロで独立

思えば、私は中小企業診断士としては、かなり無知なまま独立したと思います。

中小企業政策を深く理解しているか?と言えばまだまだです。
補助金や助成金は、独立してから1つずつ学びました。

国(経済産業省)が与えてくれる資格を持っているのに、
国の動きが全然分かっていないのです。

お偉い方々からすると、お叱りの対象となるような、出来の悪い診断士でしょう。。

 

知識は後から学べる

ただ、ぶっちゃけ、確信犯的にそうしました。
政策や補助金・助成金などは、必要なときに学べば分かるからです。

実際、独立直後にある補助金の監査員をやりました。
やることが決まってから学びましたが、間に合いました。

他にも、ある制度について独立してから調べました。
それも必要になってから調べましたが、大丈夫でした。

何かの分野で突き抜けるなら、最先端を知る必要がありますが、
そうでない分野なら、今は知識はいつでも調べて学べるのです。

 

年商で数100万の差をつけたこと

国や自治体のお仕事だけを請けていたら、と思うとゾッとすることがあります。

今は補助金バブルですが、いつまで続くのでしょうか?
そういう分からない将来に身を預けている人が多いのですが、
もし政権が変わったら、バブルが終わったら、その人は生きていけるのでしょうか?

私は最初から怖かったので、公的機関での仕事は売上の2割以下に抑えています。
その分、自分で営業をして顧客を獲得しました。

公的機関での仕事を中心に広げて言った場合(仮定)と、
自分で営業をして顧客を獲得してきた場合(現実)と、
この2つを比較してみたら、年商で数100万円の差になりました。
後者の方が多くて、自分で顧客を獲得してきて良かったと感じたのです。

そして、この数100万円を生み出した理由を、
自分なりに言語化することができてきました。
1つは値付け、もう1つは契約の仕方です。

3月28日(月)の夜に企画しているセミナーでは、
この辺りを含めて、独立志望の方向けにコンテンツを準備したいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は月に1度参加しているセミナーです。
毎回、自分の狭い世界から、外の世界に飛び出させてもらえますので、
今回も楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

診断士向け勉強会・セミナーに受験生もご招待する理由

情熱を持てない、没頭できない事業はやらない

関連記事

  1. 自分らしい働き方を模索しています

    4月になりました。新入社員らしい格好をした人を多く見かけました。これから組織に入って仕事をする方…

  2. 中小企業診断士はどんな仕事をしているか?

    「中小企業診断士は、どんな仕事をしているのか?分かりにくい」と言われることが度々あります。このブ…

  3. フリーランスはリスクに伴った自由が欲しい

    おはようございます。渋屋です。今日も7日に行った診断士のパネルディスカッションで思ったことを。…

  4. 独立を目指したら行いたいこと

    独立のタイミングは本当に大変です。それまでの会社もできる限り円満に退職するため、仕事を全…

  5. 私がITコンサルティングをやらなくなってきた理由

    「最近、IT関連の記事が少ないですね」以前から知り合いの方に言われました。そうなんです。…

  6. 士業が稼げないのは、お金の使い方が間違っているから

    士業の集まりに行くと、こう書いては何ですが、「貧乏くさい」と感じてしまうことがあります。当然です…

  7. 仕組み作り #391

    こんにちは。渋屋です。仕事で良い成果が出始めています。この数か月間、チームである分野の戦…

  8. ソルジャーが抱えるリスク

    一昨日に書いた記事にアクセスが集まっています。自戒のための記事だったので、タイトルもそん…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP