menu

自分と仕事の関係を図示してみると?

昨日、受講した研修の中で、面白いワークがありました。
自分と仕事の関係を見つめる良い機会となったのです。

 

自分と仕事の関係

ワークの課題は簡単で、

「自分と仕事の関係を、2つの円であらわして下さい」

というものです。

せっかくなので、あなたも考えてみて下さい。
どんな結果になりましたか?

 

典型的なケースから考えられること

重なる部分がない

まず最初に重なる部分がないケースです。

重ならない

研修のときは、さすがにこのケースの方は見当たりませんでした。
自分と仕事が重ならないって、あまりにも不幸ですよね。
ただ、やらされているだけ。ということになります。

 

重なる部分がある

次に重なる部分があるケースです。

重なる

自分と仕事の間に重なる部分があるものの、重ならない部分もあります。
このような場合、重ならない部分を減らし、重なる部分を増やしていくことで、仕事が楽しくなっていきそうですね。

 

一方が一方を囲う

最後に、一方がもう一方を囲うケースです。

囲う

 

自分の中に仕事がある場合。
仕事は自分にとっては、全体の一部。

数多くの起業家を見てきた研修講師のあきない総研 吉田社長は、
「起業・創業する人は、自分に対して仕事の割合が小さい人がいい」
と言われていました。
割合が高すぎると、客観的に仕事を見つめることができなくなってしまうから、とのこと。

仕事の中に自分がある場合。
これはどうなんでしょう?
自分から見た仕事が大きすぎて、自分はその一部に過ぎないと。
これはあまり嬉しい状態ではないと思うのですが。

 

私の場合

さて、私は自分と仕事を一体のものとして、完全に重ねてしまいました。
吉田さんからは、「仕事で頑張りすぎてしまう、失敗するパターン」と言われました、、

ただ実は、私の中では円だけでは表現しきれないことがあったのです。
おそらく、自分が仕事を囲っている人の場合、心の中で、仕事以外のことも思い浮かべているのだと思います。こんな風に。

区分け

自分の中に、仕事の面があり、プライベートの面があると。
多分、何年か前の私であれば、このような図を描いたと思います。

ただ、今の私には、この図はしっくりこないのです。
この図のように、仕事とプライベートが明確に分かれるものでもありません。

仕事もプライベートも、趣味すらも、お互いが密接に関係している状態です。
プライベートが充実すれば仕事にも良い効果が現れてくきますし、その逆も然りです。
この課題を与えられたときに、私はこんなイメージを思い浮かべていました。

自分

仮に自分を構成する要素が仕事、プライベート、趣味の3つだとすると、その3つには境界線がありません。
全部がグチャッと混ざり合っているのです。
だから、私は2つの円を、完全に重ね合わせたのでした。

個人で仕事をしている方には、こういう感覚を持っている人が多いのではないか?と思うのですが、
どうなんでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は私が所属する、中小企業診断士受験生を応援する集団、
タキプロ」の定例会に参加してきました。
同期会以外では、数年振りの参加となりましたが、充実した時間を過ごさせていただきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

中小企業診断士には新たなロールモデルが必要

東京マラソンまでに準備してきたこと

関連記事

  1. 事業が伸びないのは、パクリが足りないから

    昨日は、何かを身につけるなら、まずは誰かから学び質を高め、そして量をこなす必要があることを書きました…

  2. まず身につけたい情報リテラシーとは #407

    おはようございます。渋屋です。昨晩は久々に仕事で帰宅が遅くなってしまいました。残業癖が復…

  3. 1人のリーダーが、その場の空気をガラッと変える

    一昨日、昨日と東北のお祭り(秋田竿燈まつり、青森ねぶた祭)を観てきました。数10万人を動員する圧…

  4. 必要なのは「働き方改革」ではなく、「生き方改革」なのだと思う

    「働き方を変えよう」「新しいワークスタイル変革を」と叫ばれるようになってから、ずいぶんと時間が経ちま…

  5. 自己探求と社会への貢献を両立させる

    この春ころから、自己探求について学びながら、私自身、自己探求を続けています。おかげでビジネスに限…

  6. 顧客を定義した後に間違えてはいけないこと

    「顧客は誰か?」ドラッカーが私たちに投げかけてくる、代表的な質問の1つです。とても大事な…

  7. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

  8. 技術力は、料理の素材のようなもの

    「当社の強みは技術力です」そう仰る経営者は多いです。私はこのようなコメントをいただいたと…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP