menu

もっと人の力を借りた方が良い

LINEで送る
Pocket

「もっと人の力を借りた方がいいな」

そんなことをふと感じています。

 

一人で抱え込むことと、一人で生きることは違う

こちらの記事で書きましたように、先日、私の働き方に対する価値観が甘かったことを指摘されました。

それ以来、改めて「自分はどうなりたいのか?」「何を目指しているのか?」を考え直しています。
ただ、進捗があるか?というとそうでもない、というのが正直なところです。
自分ひとりで考えていても、思考の幅には限界があるのでは?と感じ始めました。

ここで私の思考パターンにバグがあることに気づきました。
私は何をやるにしても、まずは自分でやろうとするのです。
自分のことなんだから当然と思っていましたが、最初から人の力を借りた方が良いこともあるでしょう。

独力でしっかりと生きることと、何でも自分で抱え込むことは全く違う。
そのことに(今更ながら)気づきました。

 

器用貧乏になる

何でも自分でやると、確かに少しはできるようになります。
ただ、それをずっと続けてきてしまった結果が器用貧乏なのではないか?と思うのです。

大抵のことは人に頼らず、ギリギリ最低限のことはできる。
でも、自分の専門分野・強みを圧倒的なレベルに引き上げられているか?というと、そうではない。
そういう人が、今の世の中には多いのではないでしょうか。

目指すべきは器用貧乏ではないはずです。
自分の強みを持って、顧客に高い価値を提供できる存在。
少なくとも私が目指す方向性は、このようなものです。

 

プロフェッショナルから学ぶ

そんなこともあり、もっとプロの力を借りようと思いました。
自分のありたい姿、将来像を描くためにも、自分の専門性を高めるためにも。

プロフェッショナルから学ぶことは、その専門分野だけではありません。
何かを極めた人からは、その姿勢や、考え方や学び方、多くのことを学ぶことができます。

結果として、自分の思考範囲を広げることにもつながります。
また、プロのサービスを受けることによって、自分自身の新しいサービスを考えるネタにもなるでしょう。

そんなわけで、もっと人に力を借りようと決めたのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナー募集中】
独立・起業のリアル!たった1つの実例に深く触れ、あなたの未来を感じるセミナー

詳細はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
ランニングの時間、とれるだろうか。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

【独立のリアル】セミナー募集開始しました

自分の欲に素直になろう

関連記事

  1. 独立を考えたら、いつ妻(夫)に相談すべきか?

    独立することを妻に伝えるタイミング、私は完全に失敗しました。いつ相談すべきか?独立志望の方から質…

  2. 働き方の3段階を考えてみた

    昨日、ディズニーをオフィス化する記事を書きました。この記事をまとめながら、ふと働き方…

  3. 何のために独立したのか?改めて考えてみる

    先日、ちょっとしたことから、「なぜ独立したのか?」を考えさせられる出来事がありました。改めて考え…

  4. 私がなぜ、ITトレンドの勉強会をするのか? #517

    こんばんは。渋屋です。今日から沖縄に来ています。少し早い夏期休暇…

  5. 【独立のリアル】独立した人の大半が抱く悩みに、私もぶち当たりまし…

    独立したら時間は自由になりますし、収入は(理論上)は上限なし。会社員から独立し、少し落ち着く頃に…

  6. 働き方のフレームワークで考える、私がフリーランスになる理由

    以前、本ブログで4つの働き方を考えるフレームワークをご紹介しました。(働き方のフレームワークで、…

  7. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  8. 独立して、価値観を問われることが増えました

    最近、仕事で感情を揺さぶられることが増えています。良いことも、悪いことも増え…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP