menu

粗利2,000万の価値 #347

こんばんは。duckです。

今朝は雪の影響を最小限にするため、早起きした後、息子も強引に早起き(^^;
(ブログ書く前に息子を起こしたのが失敗でしたが。。。)
いつもより早めに家を出ることで、順調に職場に辿り着きました。

今日は社内で講師業務。
雪の影響で遠方からの参加予定者が来られなくなってしまいましたが、20名弱を相手に丸1日、プレゼンをさせて頂きました。
それにしても講師業務ってこんなに大変なんですね~(体力的に)。これも慣れが必要そうです。


出版プロジェクト73日目(残り19日)。

ここ1ヶ月ほど、色々な方からお話を聞くにつれ、自らのビジネスを立ち上げるときの数値的な目標が明確になってきました。

自分のビジネスを立ち上げたい理由は、人生を自分でコントロール出来るようになりたいから。仕事は自分で選びたいし、お客様も自分で選びたい。お客様に喜んで頂く価値を提供することで、媚びた営業活動をすることなく、ビジネスを獲得出来るようになるのが目標です。
投資が必要と判断したときには、躊躇なく投資出来るお金の自由が必要ですし、同じように、行きたいときに行きたいところへいくためには時間の自由も必要です。

先日、とあるセミナーの案内を頂戴したのですが、手元のお金も時間も足りず、敢え無く参加を断念しました。こういうことが無いようにしたいのです。

スモールビジネスを立ち上げるときの1つの指標として、「粗利2,000万円」という目標を聞きました。粗利とは売上総利益のことで、売上高から売上原価を引いたものです。(正確には、社員1人当たりの粗利が2,000万円です。)
私が目指すコンサルティング業務は、基本的に原価が掛かりません。多少は経費が掛かるでしょうが、ほぼゼロとして考えると、「売上高2,000万円」のビジネスを目指す、ということになります。
(なぜ2,000万円なのか?は別の機会に書きたいと思います。)

週末起業を卒業し、完全に独立したと仮定し、年間300日活動したとすると、1日当たり7万円弱。年間200日活動したとすると1日当たり10万円。
会社ではなく、個人の私にとってはとてつもない数字です。

週末起業時には、どんなに多くとも年間50日程度の稼働が上限でしょうから、売上高・粗利はもっと低くなりますが、1日当たり換算の目標として、7万円~10万円というのは、ビジネスモデルを考える上での指針になります。
少なくとも、単価の低い単純労働をしていては、到達しない目標になりますから。

そういう訳で、1日10万円の価値を生み出すために、どうすれば良いのか?
そんな新たなアンテナが立ったのでした。

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村

診断士交流会 #346

世界が変わって見えてきた #348

関連記事

  1. サービスの価値を、理解できる言葉で伝えること

    コンサルティングやコーチなど、目に見えないサービスを提供する者にとって、商売のキモだと思われることが…

  2. コンサルタントのノウハウをつかむ!『年間報酬3000万円超えが1…

    今回は、経営コンサルタントを目指す方にご紹介したい本についてです。…

  3. リスクの最小化と効果の最大化 #508

    おはようございます。渋屋です。昨日は仕事後、アークフィール株式会社社長の…

  4. 仕事の分類で、生活しやすいスケジュールを組み立てる方法

    仕事のスケジュールをどのように組み立てていますか?私は仕事をいくつかに分類して、自分の生活リズム…

  5. 読者の視点 #308

    こんにちは。duckです。今日は中小企業診断士、2次筆記試験の合格発表日です。既に多くの方から、悲喜…

  6. 【アップグレード!!Vol.78】必須の持ち物

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【アップグレード!!ネットワ…

  7. なぜ私が人のキャリア支援を行うのか?

    4月からの私の仕事のテーマの1つが、「キャリア支援」です。なぜ私が人のキャリア支援を行うのか?そ…

  8. セミナー主催の段取り【会場・告知メディア・事務】

    セミナー主催の段取りの続きです。前回は企画〜告知について、告知に必要な値段設定について書きました…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP