menu

売上目標は必要だった

これまで、フリーランスとしての私の売上目標は、固定費をベースに算出した、「生きて行くための必要最低限額」でした。

しかし、最低目標額以外に、理想の目標額を掲げる必要性を感じています。

 

どこを目指しているのか?

独立して以降、とにかく生きていくために必要な売上を上げなければならない、
というプレッシャーの中で働いてきました。

おかげさまで様々な方からお仕事をご依頼いただき、
現在の私は自分のパフォーマンスの上限ギリギリのところで働いています。
結果的に、食べるための稼ぎ(=必要最低限額)は得られています。

一方で、売上(利益)はどこまで伸ばせば良いのだろう?と疑問に思っています。

  • 事業の規模をどこまで伸ばすのか?
  • 将来に向けた投資にどれだけのキャッシュが必要か?
  • プライベートでどれだけ豊になりたいのか?

今日の時点では、これらに対して、数値をしっかり持って答えることができません。
それではどこを目指しているのか?が不明確ですね。。

普段、社長に対して将来の姿やビジョンを問うている立場として、
自分自身のことが疎かになっているのは、恥ずかしいことです。

 

現実とのギャップが活動エネルギーになる

上記のような質問に答えることによって、より将来のありたい姿が明確になります。

例えば、私はセミナーなどの自己投資に、毎月10万円は最低でも使おうと決めました。(今月からですが)
今までは行きたいセミナーがあり、そのときにお金に余裕があれば行く、という
計画性のない行き方をしていたのです。

もちろん、行きたくないセミナーしかないのに無理矢理10万円使うようなことはしませんが、
常に自己投資のアンテナを張り巡らしたいとの思いから、上記の基準を作りました。

これ以上、高い基準にすると、現時点では無理が発生してしまうかもしれないので、
とりあえず10万円から始めました。
でも、本当は、毎月30万円以上は自己投資したい、とも思っています。
(行きたいセミナーや、その他受けたいサービスを列挙してみたところ、
この結論に至ったのです)

お金も足りないし、自己投資するためには時間も必要です。
お金も時間も足りないという現実と、本当にやりたいことのギャップを感じています。

このギャップが、次の活動エネルギーになります。
どうすれば足りない20万円分を稼げるようになるのか?
どうすれば時間が枯渇せずに、ゆとりのある生活を送れるようになるのか?

考え続けることで、活動エネルギーが生まれてきますし、
目標に到達しようとする気持ちが、工夫を生み出してくれます。

そんなわけで、理想としての売上高と、そのときの利益を決めて、活動していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は息子がサッカーの試合。
雨でぬかるんだグラウンドで、グチャグチャになりながら頑張りました。
息子は1点決めて、チームとしても3位決定戦で勝ち、3位入賞となりました。
自分の試合?より、熱くなります(^_^;

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ビジネスにセレンディピティが起きるよう仕掛けておく

何を伝えるか?よりも、どう伝えるのか?の方が、よほど大事だと思う

関連記事

  1. 【独立のリアル】私が最初の仕事を得るまでに行ったこと

    今日で独立して4ヶ月が終わります。明日からは5ヶ月目です。そろそろ、この数ヶ月の動きをまとめ、人…

  2. 私が中小企業の支援をやりたい理由

    先日行なったIT会の懇親会にて、ふと質問を頂きました。「渋屋さんはなぜ、スモールビジネスの支援に…

  3. 下請けと会社員の共通点

    最近、とあるコミュニティに入りました。下請け製造業から脱却し、自社商品を展開するためのス…

  4. 粗利2,000万の価値 #347

    こんばんは。duckです。今朝は雪の影響を最小限にするため、早起きした後、息子も強引に早起き(^^;…

  5. 【勉強会】告知前に練り込む集客のツボ #551

    おはようございます。渋屋です。今日も早起きできました。小さな3連勝です(…

  6. 独立して、価値観を問われることが増えました

    最近、仕事で感情を揺さぶられることが増えています。良いことも、悪いことも増え…

  7. 顧客の関門に合わせた商品設計を

    前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。簡単に復習すると、「営業」という言…

  8. 3Knot CLUBって何やるんですか? #539

    こんばんは。渋屋です。今日は午前中、肩の治療に行き、お昼から「3…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP