menu

ホワイトカラー生産性向上の決定打

ここ数日、アジャイル開発の話を聴いて、感じたこと・気づいたことを書いています。
今日はホワイトカラーの生産性を上げる方法についてです。

 

アジャイル開発の生産性が上がる理由

アジャイル開発は生産性が高い方法として注目を浴びています。
しかし、コード(プログラム)を人間が書く以上、そんな何倍も何十倍も変わるハズありません。

そのような差が出る理由は単純で、「余計なものを作らない」からです。

例えば、顧客全体の満足につながらないものは却下するのです。
顧客のなかで、たまたま声の大きい人が出してきた要求は、
「それはあなた個人の要求ですよね。会社全体にとってどんなメリットがありますか?」
と確認し、納得できる答えが返ってこなければ、作らないのです。

また、既に存在するパーツを積極的に活用・流用します。
そうやって余計なものを作らなくなる結果、生産性が上がっていくのです。

これらは、どちらもトヨタ生産方式から生まれています。
部分最適ではなく、全体最適を目指すので、個別要求は却下します。
そしてムラ・ムリ・ムダをなくしていくことで、生産性を上げていきます。
アジャイル開発は、日本の製造業から学んだ経緯があるので、同じ思想なのです。

 

ホワイトカラー生産性向上の決め手は「分解・見える化」

開発の現場での生産性が上がるのと同様、ホワイトカラー全般に対しても生産性を向上させることができます。

その決め手となるのが、タスクの分解と見える化です。
一般的にプロジェクトにおいて、各タスクはWBS(Work Breakdown Structure)で管理されます。

しかし、アジャイル開発において、「WBSでは大き過ぎる」そうです。
例えば、「レポートを提出する」というWBSがあった場合、具体的に何をするのか?イメージが沸きません。

レポートを提出するためには、

  • レポートの趣旨を確認する
  • レポートのストーリー・章立てを決める
  • 各章の基本を決める
  • ・・・(中略)
  • レポート全体を確認する(校正)
  • 全体を完成させる
  • レポートを提出する

というように、大きなタスクを分解して、小さなタスクにすることができます。
こうなると、全てを自分が行う必要はなく、人に頼める部分があることが分かりますし、
次にレポートを作成するときにも作業手順が分かります。

ここまで分解できていると、作業の進捗を見える化することが可能となります。

 

タスクを1時間以内で定義する

この分解時のポイントは、分解後の各タスクが1時間以下で終わる粒度にすることです。
上記の例で言えば、「レポートを提出する」のはメール1本書くだけであれば、5分です。
各タスクを1時間以下にすることにより、今、誰がどんな作業をしているのか?を共有することが可能になります。

ちなみに慣れていない人だと、最初はタスクを3時間以下の単位に分解することが、なかなかできないようです。
逆に言うと、分解できないから、仕事の進め方が遅く、無駄が生まれてしまうのだと仰います。

各タスクを1時間以下に分解することにより、2つのタスクを終えていなければ、
最大でも2時間のタスク遅延、とすぐに把握することができます。
こうやって管理のための管理ではなく、現在の進捗や課題がプロジェクト関係者には
瞬時で分かるようにしたいのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
私個人でも、このシンプルなタスク管理の考え方を取り入れたいと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「自己ベスト更新」を応援する組織

手法の前に思考を知る

関連記事

  1. 人工知能(AI)と付き合うときの発想法

    人工知能(AI) については、悲観論も楽観論もありますね。AIは特定の技術を指すものではありませ…

  2. 銀行の不正利用対策、していますか?

    おはようございます。渋屋です。先週末と昨日、突然自宅に英語で電話が掛かっ…

  3. ITに長けた人ほど、人間の本質に迫っている

    このところ、ふと気付いたことがありました。なぜかIT(情報技術)に長けた人ほど、人間の本質に回帰…

  4. 今こそIT屋は、戦略を求められている

    「攻めのIT」という言葉を経済産業省が使っています。日本は、欧米と比較すると、売上向上やビジ…

  5. ビジネスの管理はクラウド(Web)・スマホで行なう

    前回は「IT脳」を鍛えるために、IT(ツール)を使うことをお勧めしました。今回は、そ…

  6. 大企業のシステム・業務は、既に「3周遅れ」

    一部の先進的な大企業を除き、多くの大企業のシステム、そしてシステムを利用して行われる業務の流れは…

  7. テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

    普段からIT関連企業の支援をしていて、悩むポイントがあります。それがテクノロジーをどこまで戦略に…

  8. 「エンジニア=起業家」の方程式

    おはようございます。渋屋です。私が以前から感じ始めていたモヤモヤを見事に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP