menu

セミナー講師やコンサルタントが最初に気をつけたいこと

LINEで送る
Pocket

先日、私の知人が、「セミナー講師をする機会が増えたのでジムに通い始めた」そうです。
この気持ち、良く分かりますし、
これからセミナー講師やコンサルタントを目指す人にも意識して欲しいことです。

 

人に見られる仕事

セミナー講師は人前に立つ仕事です。
私はセミナーを受けにいくと、最初に講師が現れた瞬間、あるいは最初の第一声を観察してしまいます。
「この人は、信頼できる人だろうか?」と。

既に知っている人で、信頼している場合にはそんなことをしませんが、
セミナー講師として登壇するときには、初めてお会いする受講者がいることの方が多いでしょう。

初めてお会いする方からは、そのような目で見られているのです。
外見で信頼できるかどうかを判断する基準は、人それぞれかもしれませんが、
注意すべきポイントはあると思っています。

 

自分の躾けができていない人に、教えられたくない

大人にもなると、いかにセミナー講師であろうとも、

「自らを躾けられていないような人には教わりたくない」

と感じるでしょう。
私も過去に参加したセミナーで、悪い印象を持ち、
教わりたくないと思ってしまったことが何度かありました。

注意すべきポイントは多々あれど、最優先したいのは清潔感ではないでしょうか。
喋る前から、髪がボサボサ、服がシワクチャ、鼻毛でてるし、臭いし、では
まず話など聴いてくれないでしょう。

つづいて、姿勢、笑顔(表情)、声などから、信頼できる講師かどうか?を見極められることでしょう。

冒頭で、知人がジムに通うことに賛同したのは、「人に見られる存在である」ことを意識していたからです。
彼曰く、「さすがに腹がブヨブヨでは説得力に欠けるのでスマートになりたい」とのことでした。
恰幅の良い講師が好きか嫌いかは、人によって意見が変わるところだと思いますが。

何れにしても、自分をしっかりと躾けられることが、セミナー講師、
あるいは人に助言をするコンサルタントには求められているでしょう。

 

どうせやるなら、人に憧れを抱かれるような存在に

ここまではマイナスの印象を抱かれないためのコメントでしたが。
どうせ気をつけるなら、その上を行って、人に憧れを抱かれるような存在になりたいものです。

私自身、見てくれは普通のオッサンですし、貫禄を示せるような恰幅の良さもありません。
身のまわりをブランド物で固める趣味もありません。
ですので、せめて清潔であるように心がけています。

それと私の場合は講師をするかどうかに関わらず、
スーツを着るようになった頃から心に決めているポリシーがあります。
「腹がベルトに乗ったら負け」と。

今はスーツを着る機会を減らそうとしていますが、
それでもこのポリシーは変えていません。
むしろ、いくつになっても継続したいと思っています。

数年前、試験勉強ばかりで運動しなかった頃、
あやうく負けかけたことがあったのですが、
その後に何とかリカバリーしました(^_^;

そして、人に見られる仕事をしている以上、
目指すは人に憧れを抱かれるような存在になりたいと思っています。

別に俳優のように見栄えを素晴らしく、という話ではありません。
人前で話をしていれば、その人の生き様・働き様は、自然と現れてきます。
万人に受けなくとも、その生き様やポリシーに賛同し、それを目指す方が現れるでしょう。

そんな方々に刺激を与えられるような存在を目指したいですね。
自戒を強く込めた記事でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
引き続き急性腸炎のため、外出を控えておとなしくしています。
会食やミーティングをキャンセルしてしまった方々、申し訳ありません。。
お返しは必ず。

ちゃんと自分を躾けないといけません。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

経営とマラソンに共通している「見える化」

ナンバー2の育成が会社の命運を担う

関連記事

  1. 悩むセミナー価格の決め方

    おはようございます。渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)です。今日はセミナーを主催するとき…

  2. 経営を支援する私たちが知っておきたいこと

    経営支援を仕事にしている私たちに、よく言われることの1つ。「顧客を分散してリスクを減らしなさ…

  3. 自分自身と向き合う機会を取っていますか?

    外部環境分析として、PEST分析(政治、経済、社会、技術)をすることがあります。私は主にITの変…

  4. 短期の収益確保と長期の戦略

    今日は朝からダイレクトレスポンスマーケティングの専門家である中村さんとミーティング。渋谷 エクセ…

  5. 中小企業診断士は合格したときが「真の学び」のスタート

    最近、強く感じていることです。中小企業診断士は、合格してからが本当の学びだなぁ~と。今、…

  6. 大企業の役職者は意識を変えないと危険

    先日、知人の苦労話を聴いておりました。本当に大企業で責任ある立場にある方々、いい加減に変わらない…

  7. 「忍耐力」を身につけるだけで、差別化できる

    「う~ん、う~ん・・」息子が唸っていました。算数の問題を解き始めてから、まだ10秒くらいしか…

  8. 顧客にアプローチするための2つの問い

    「顧客は誰か?」ドラッカーが投げかける、シンプルながら深い問いです。私も新規事業、新商品…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP