menu

経営とマラソンに共通している「見える化」

LINEで送る
Pocket

マラソンにハマる人が増えている理由。
1つは、自分の努力の成果が目に見えることじゃないでしょうか。

 

タイムという数値で分かる結果

マラソンは、自分で頑張った成果、あるいは練習をサボってしまった結果が
タイムという形で現れます。

他にもランニングやマラソンの魅力はあると思います。
汗をかいてスッキリするとか、カラダの調子が良くなるとか、
食事が美味しくなるとか、仲間と楽しむとか。

ただ、冒頭で書いたように、目に見える数値で自分の頑張りが分かるというのも、
強力なモチベーションになっていると思います。

「あと10分で4時間が切れる」

とか、本当に分かりやすいですものね(^_^;

 

成果が分かりにくい仕事

日頃、仕事をしていても、成果が上がっているのかどうか?
分かりにくい職種が増えたと思います。

営業なら受注・売上あるいは利益額が1つの明確な指標となってくれるでしょう。
しかし、そのように自分の仕事の成果が数値で見える仕事は
多くないのでは、と感じるのです。

私の仕事の例で言えば、マーケティング支援などは受注額などの
数字に結びつくので、分かりやすい方です。

一方、組織の情報共有支援となると、その成果を受注・売上のような数字で示すのは困難です。
欲しい情報にたどり着くまでの時間が測れれば良いのですが、
中小企業がそのような仕組みを持っていることは、稀です。

同じように、自分の頑張りを数値化しにくい環境にいる方が、
その魅力に取りつかれ、マラソンを続けているのでは、と思うのです。

 

自分の経営や仕事も見える化してみよう

数値の魅力を持つマラソン。
だったら、同じようにあなたの経営も数値化できると良いのではないでしょうか。

例えば、あなたのビジネスの受注額・売上高の先行指標となるのが、
メルマガ登録者数だったとしましょう。
そうなると、いかにしてメルマガ登録者数を増やすのか?が
マラソンで言うゴールタイムに相当するのではないでしょうか。

ここまで数値化できると、ゲーム感覚になります。
「あと5人増やすには、どうしたら良いか?」と。
良い意味での中毒化です。

メルマガ登録者数は分かりやすい数字ですが、
あなたのビジネスの場合はどうでしょうか?
分かりやすい指標を設定することが、仕事を楽しくすることだけでなく、
実はビジネスの設計を見直すことにもつながります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
体調が全く回復しないので、病院に行ったら、やはり急性腸炎でした。
3種類の薬を処方され。
これで回復に向かってくれると良いのですが。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

【独立のリアル】最初に食べられるようになるのに必要だったこと

セミナー講師やコンサルタントが最初に気をつけたいこと

関連記事

  1. ソフト資源を強化するメリット

    こんばんは、渋屋です。四国より自宅へ戻ってきました。その前に今日は金比羅山を昇り、うどん作り…

  2. トラブルはあれど、無難に着地したスイム【バラモンキング2015完…

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

  3. 仕事と遊びは分けるものじゃない。バランスですらない。

    「仕事と遊びのバランスを取りましょう」「ライフワークバランス」というような言葉・表現に、…

  4. 「情報」を組織に循環させるためにやること

    前回は成長期にある会社が、社員数10人を超える辺りでぶち当たる問題について書きました。…

  5. 景色は最高だが、意外とキツイ?陣馬山トレイルレース体験記

    昨日、陣馬山トレイルレースに出てきました。このところ週末は雨やら台風やら、天気が荒れまくっていま…

  6. 販売を甘く見ると、痛い目に遭う

    こんにちは、渋屋です。少し前に診断士を取得し、独立・起業を目指している方向けに記事を書きました。…

  7. シンプルが好き

    こんにちは、渋屋です。夏休み明けで仕事再開しています。仕事を難しくす…

  8. 理念・哲学・パッションが経営の中心に

    数多くの組織を見ていると、縦割りの問題を必ず見かけます。先日はある会社の社長が仰っていました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP