menu

九十九里トライアスロンは、初心者向きの大会なのか?

昨日、「九十九里トライアスロン」に参加してきました。
初心者がかなりの数、参加していた大会でした。

果たして九十九里トライアスロンは、初心者向きなのか?
レースに参加して感じたことを書いてみます。
(私の体験記はまた今度)

 

スイムは難コース

スイムは私が過去に出た3戦の中で、圧倒的に難易度が高かったです。
理由は大きく3つです。

1つ目は水質。
透明度がほとんどなく、クロールで入水する自分の手の先が見えるか見えないかくらい。
暗闇の中で泳ぐようなものなので、ただでさえ経験の浅い人は焦ってしまいます。
(私も初心者なので、昨日はかなり焦りました)

10435985_807292162722233_4942445030238048682_n(チームの仲間が撮った写真)

2つ目はウェーブスタート。
一斉スタートではなく、年代別に区切ったグループを決めて、5分おきにスタートします。

そのため、「ゆっくり最後尾から行く作戦」が使えません。
ゆっくり最後尾から進んでも、5分ちょっとすれば、次のグループの速い人が
猛烈な勢いで迫り、ぶつかり、追い抜いていきます。
常に水中の戦いを強いられてしまうのです。

3つ目は初心者が多いこと。
一般的にトライアスロンはクロールで泳ぎます。
しかし、この大会は初心者が多いせいか、平泳ぎや背泳ぎ(!?)で泳いでいる人がいました。

透明度がないところで、いきなり目の前に平泳ぎの選手がいて、
よける間もなく蹴られたことが何度もありました。
初心者の多い大会は、決して初心者に優しいわけではないのです。

 

バイクも厳しい

スイムが終わっても厳しさは続きます。
理由は大きく2つです。

1つ目はスイムが終わってから、バイクに乗り換えるトランジットエリアまでが異様に長いこと。
上級者なら、ウエットスーツを上を脱ぎ、身軽になって颯爽と進んでいくことができるでしょう。

しかし、初心者は重力の少ない水中から、陸に上がっただけで、
カラダが重く感じられ、急には動けません。

それなのにトランジットエリアが遠いので、どうしても急いで走ってしまいます。
急に心拍数が上がり、一気に体力を削られてしまうのです。

2つ目はコースが狭いこと。
参加人数(2,000名以上)を考えると、コースが狭いです。
コース自体は、フラットで走りやすいコースなのですが。

トライアスロンは集団で走ることが禁止されています。
基本的に、単独で走ることが前提となっているのです。
しかしコースが狭いため、集団走にならざるを得ないところがあります。

初心者は集団走に慣れていないでしょう。
他者のバイクが10センチとか、数センチまで近付いてくる状態で
走り続けるのは、厳しいと思います。

 

ランは平坦で走りやすい

唯一、ランはフラットなコースで走りやすいと感じました。
一部、舗装されていないため、走りにくい区間がありましたが、
気にするほどではないでしょう。

ゴールに近付いていくほどに応援も多くなってくるので、
テンションをあげながらゴールすることができます。

 

当日移動は止めた方が良い

九十九里トライアスロンの特徴は、日帰りできることです。
他のレースの多くが、土曜日移動・日曜日開催であることを考えると、
スケジュールに優しいレースです。

ただ、初心者の方は輪行(バイクを畳んで電車に乗る)をしたり、
レースの準備をしたりと慌しくなりすぎて、混乱しかねません。
レース当日はレースに集中できるよう、
できれば前日移動をしておいた方が安心でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
こんな記事を書きつつ、昨日、初レースだった仲間は当日移動しつつ、
キッチリ完走しました。
ウルトラマラソンやトレイルランニングで鍛えられた人は、やっぱり違いますね。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

沈黙のWebマーケティングは実用入門書か?

九十九里トライアスロン:初の日帰りレース体験記

関連記事

  1. 来シーズンでフルマラソン、サブ4からサブ3.5に!

    来シーズンのマラソンレースがほぼ決まりました。せっかくなので、ちゃんと目標を立てておきたいと思い…

  2. 2度目の東京八峰マウンテントレイル体験記

    去年、初トレイルランニングを行ったのが、東京八峰マウンテントレイル。この1年で自分がどれだけ成長…

  3. スゴイ人がトライアスロンをやる理由が少しだけ分かったかもしれない…

    こんにちは、渋屋です。トライアスロンをやることに決めてから、少しずつ準備を進めています。未だ…

  4. 九十九里トライアスロン:オリンピックディスタンス初挑戦

    9月26日(土)に九十九里トライアスロンに参加してきました。このレースは私にとって、実質、初めて…

  5. つくばマラソン体験記:練習不足を補って自己ベストを出した方法②

    おはようございます。渋屋です。昨日に引き続き、つくばマラソンの振り返りを行います。スタートは…

  6. 能力を伸ばしたいなら、負荷をかけるしかない

    神奈川マラソンの惨敗から、日が経つごとに悔しさがこみ上げてきています。「来年は絶対に…

  7. フルマラソン、サブ4を達成するための年間練習プラン

    フルマラソンで、サブ4(4時間を切ってゴール)を達成するのは、多くのランナーにとっての憧れです。…

  8. ただ、完走を求めて・・【バラモンキング2017悶絶記3】

    3度目となる五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)。まさかバイクシューズを忘れるという…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP