menu

フリーランスの自由を謳歌してみたら

LINEで送る
Pocket

今週は、夜に予定を入れていません。

せっかくフリーランスになったので、
会社員の頃になかなか出来なかったことを実現しようと試んでいます。

実は、独立直後にも似たような取り組みをしています。

今週は、この強化週間とも言えるでしょう。

 

平日、晩ごはんを家族で食べる

私が独立した理由の1つに、「晩ごはんを家族と食べたい」がありました。
家族で一緒に朝食を食べていますが、
これまで平日は、なかなか家族と食べることはできませんでした。

前職は比較的に時間の自由がある会社でしたが、
それでも、毎日16時に帰宅はできませんでした。
そのくらいの時間に、ほぼ毎日、ミーティングが入っていたからです。

今週は、既に晩ごはんを2回、一緒に食べました。
それから、息子が寝る前に本を読んだのも2回。
明日の晩は、ある方とSkypeミーティングが入っているのですが、
家族が寝る頃に自宅にいることはできます。

晩ごはんを一緒に食べていたとき、息子が突然、

「何だかパーティーみたいだね」

と。メニューはいつも通りのフツーのごはんだったのですが。
私が楽しく感じていた気持ちを察してくれたのかもしれません。

家族に対してという面では、独立して最も嬉しかった瞬間でした。

 

晩ごはんの前にランニングに行く

昨晩、早く帰宅できたので、晩ごはんの前に軽くランニングに行ってきました。
走ったのは、だいたい17時半~18時頃です。
これも会社員の頃には、なかなかできなかったことです。

小雨が降っていたので、気持ちいいランニングとは言えませんでしたが、
自分がやりたいときにやりたいことをできる自由は、
やっぱり何物にも換えられません。

ランニング後、エレベーターで一緒になったご近所さんが
私を見る目が若干、変な人を見る風でしたが、、
(この人、仕事しているの?と思われたのかも。。)
そんなことは気にしません 笑。

 

家族が寝てから仕事の続きをする

ここまでで終わると、独立は楽チンで良い面ばかりかもしれません。
でも、実際には大変な面があります。

家族が寝てから、ガッツリ仕事をしています。
本当は夜寝る前には、ストレッチをしたり、瞑想?的なことをしたりと、
ゆったりした時間を設けたいのですが、そうもできません。

日中や夜ごはんで楽しい時間を確保している分、
家族が寝てから、自分が寝るまでの間は、ガッツリ仕事の時間になっています。
それでも、23時には寝たいので、2時間くらいの集中仕事です。

楽しんでしまった後ろめたさがあるのと、締め切り時間がある分、
集中して仕事ができているように思います。

私のように飽きっぽい性格の場合には、1日に7~8時間もぶっ通しで集中するより、
2~3時間の集中を2~3回に分けた方が、効率がいいみたいです。

まだまだ事業の立ち上げ時期なので、ガッツリ働くのは大前提ですが、
それでも少しは、こんな楽しみができるようになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は中小企業診断士の更新要件である理論研修を受けてきました。
民間がやっている研修に初めて参加しましたが、
やはり民間実施の方が、何倍も楽しいですね。
とても良い、かつ実践的な学びができました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

ブログこそ最強の無形資産

肩書きへの執着をなくせば楽になります

関連記事

  1. コンテンツ化を進めるときが来た

    今朝は早朝から「朝喝」を主催。今日も素晴らしい時間となりました。この活動は、直接…

  2. 会社員を辞め、独立することを決意した最後の決め手とは?

    私が会社員を辞めることに対して、何人かの方から同じ質問を頂きました。「最後の決め手になったことは…

  3. 独立前に社内転職してみたら?

    私が独立前にやっておいて良かったと思っていることがあります。社内で全く別の部門に異動していたこと…

  4. あ、無理だったら全然いいですよ!

    おはようございます。渋屋です。一昨日、昨日と、お金の話を明るく楽しくできるようなりたい、と書いて…

  5. 雑誌「アントレ」で、独立と妻との関係を語りました

    本日発売の独立・起業のための情報誌「アントレ」(2017年夏号)に載せていただきました。&n…

  6. 独立はあくまでも手段

    私は独立は働き方を実現するための手段の1つだと思っています。自分はどのように…

  7. 【独立のリアル】仕事が減っても焦らなくなった理由

    独立してから今日まで、仕事の新陳代謝を繰り返してきました。それは言い方を変えれば、それだけの仕事…

  8. 独立・起業したら事業収入を妻に教えるか?

    会社員の頃、私の周りでは給与(年収)は妻に教えている方がほとんどでした。でも、独立して、周りに聞…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP