menu

夫婦ランニングでコミュニケーション

昨日は早朝3:55に起き、今朝は4:50に起きて、妻と早朝ランニングをしてきました。
今月だけで4回、妻と早朝ランニングしています。(1回はご近所さんも一緒に)

 

夫婦ランニングの良いところ

朝ランニングをしていると、散歩をしている老夫婦が多いことに気づきます。
のんびり歩いている老夫婦を見ると、何かを話していなくとも、何となく寄り添っている姿が微笑ましい雰囲気です。
私も老後はあんな夫婦関係になっていたいと思っています。

夫婦ランニングは、健康にも良いですが、それ以上に良いのは、「一緒に何かをしている」ことだと思います。
一緒にストレッチをして、一緒に家を出て、一緒に同じ道を進み、一緒に同じ風景を見る。
そして会話をする。

ふだん私たちは、特に夫婦とも働いていて、小さい子どもがいる場合には、
二人で同じ時間を共有する機会が恐ろしいほどありません。

結婚前、子どもが生まれる前、二人の時間はたくさんありました。
なのに気づくと二人の時間に何を話せば良いのか迷ってしまうほど、二人の時間は減っていきます。

そんな二人の時間を取り返すのに、夫婦ランニングはとても良い機会だと感じています。
一緒に汗をかき、少し心拍が上がりつつも会話していると楽しい雰囲気になっていきます。

 

早朝が良さそう

夫婦ランは、どの時間帯でも良いのですが、早朝が最も良さそうです。
朝はネガティブなことを考えませんし、早起きできると、それだけで気分が良くなります。
そんな時間を二人で共有できるのです。

ただ、起きた直後に急に走るのはカラダに悪いので、ちゃんと準備運動をしましょう。
私の場合は、最低でも走り出す45分前には起きるようにしています。
水分やエネルギーをとって、ストレッチなどをするからです。

早朝だと、まだ子どもが寝ていますので、手間がかからないというメリットもあります。
起きたときに両親ともいなくて困るといけないので、前日に伝えておいたり、
置き手紙を書いて出かけたりしています。

一方、夜だと子どもを寝かせた後に行くことになると思います。(実践したことありません)
早朝以外のメリットはあまり考えられないのですが、ひょっとすると、帰宅後に一緒にお風呂に入れるかもしれません 笑。(実践したことありません)
朝だと順番にシャワーを浴びるだけですからね。

 

トレーニングとしての効果は?

会話できるくらいのペースで走りますので、いわゆる「ジョグ」です。
心拍が上がり過ぎない状態で走るのですが、ジョグはトレーニングの7割を占めると言われるほど、基本的なトレーニングです。

一人でトレーニングすると、ついつい速く走りすぎてしまい、ジョグにならないことが多いのですが、
二人で走ると、やや遅めのペースを保ったまま走ることができます。
なのでトレーニングとしても、実は理想的だったりします。

とは言え、レースに出るような人には、負荷を高めるトレーニングも必要です。
その場合は一人のときに追い込むか、あるいは二人で走った後に、そのまま負荷を上げるトレーニングを組み込んでも良いでしょう。

今朝の私の場合、キロ7分弱のペースでスタートし、5kmまではキロ6分少々のペースで。
妻が後半ペースを上げたので、そこから7kmまではキロ5分半~6分弱のペースで。
ここで妻は帰宅しました。

私はそこから先はキロ5分台前半にペースを上げ、最後の1キロは4分台に上げてゴールしました。
いわゆる「ビルドアップ走」というものです。ゴールに向けて、徐々にペースを上げていくのです。
距離を稼ぎつつ、負荷も高められます。スピード練習としては基本的なメニューです。

帰宅する頃には、妻はシャワーを終えているので、その点でもちょうど良いです(^_^;
というわけで、トレーニング効果もしっかりコントロールできる「夫婦ラン」。
結構、オススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
と書き終わってから気づいたのですが、奥さん(旦那さん)が走らない人だったら、
どうしようもないですね。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

税理士と中小企業診断士の関係

中小企業診断士 独立の失敗事例

関連記事

  1. 3度目の五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)に向けて

    昨日から長崎県、五島に来ています。年に1度の大運動会とも言える、五島長崎国際トライアスロン(バラ…

  2. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  3. 目指すは、「永遠のサブ4」

    昨日、今日とバイク合宿に来ています。ツワモノの森に迷い込みましたバイク合…

  4. ゼロからのスタートを痛すぎるほど痛感

    こんばんは、渋屋です。威張れるような記録ではありませんが、私にはフルマラソン2回、ハーフマラ…

  5. ランニングで仕事の生産性を上げよう

    仕事の生産性を上げるためには、何をすれば良いでしょうか? ミーティングの目的とゴールを決める…

  6. ランニングの位置づけを遠くから見つめ直す

    こんばんは。渋屋です。1月も末日になりました。今週は一度も走れな…

  7. 人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その1)

    こんばんは。渋屋です。今日は、人生2度目となるハーフマラソンに参加してき…

  8. マラソンをはじめた理由と、今抱えている悩み

    私がフルマラソン(42.195km)に初めて参加したのは、2013年11月3日の湘南国際マラソンでし…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP