menu

中小企業診断士の独立は、何歳がベストなのか?

LINEで送る
Pocket

中小企業診断士として独立するのに、最適な年齢はあるのでしょうか?

 

年齢は、社長との相対的なもの

結論から言うと、30代半ばから40代半ばくらいがベストタイミングだと思っています。
その理由は次の項目で述べます。

ただ、実際には独立をもっと早くからしたい人も居るでしょうし、実際に私の周りにも居ます。
逆にもっと遅く、例えば会社員を定年まで勤めてから独立したい人も居るでしょう。
なので、私は年齢は気にしすぎる必要はない、と思っています。

顧客の視点から見てみましょう。
診断士の顧客は、基本的には社長か、その他経営層が多いでしょう。
したがって、年齢が関係してくるのは、顧客である社長との相対的なものなのです。

30歳で独立しても、顧客である社長が25歳だったら、経験を頼りにされるかもしれません。
50歳で独立しても、顧客である社長が60歳だったら、フットワークの軽さを求められるかもしれません。

この例も分かりやすく書いただけで、現実的には社長との間に、よほど大きな年齢差がない限り、
それが目に見えて表面化することはないでしょう。
結局は、顧客の求めていることが何なのか?が一番大切です。

 

40歳前後がベスト

ということで、年齢は気にしない方が良いのですが。
私が40歳前後くらいに独立するのが一番良い、と書いたのには理由があります。

  • 会社という組織でマネージャを一定期間、経験している
  • 独立してから、働く環境が大きく変わっても、その変化に追随できる

この2点のバランスを考えたときには、30代半ばくらいから40代半ばくらいが、最も適していると感じたのです。
経営コンサルとして、机上ではなく肌感覚として、組織で発生する問題を捉える力は、あった方が良いと思います。

私自身、大企業でマネージャを9年間やらせてもらいました。
5名程度の小さなチームから、業務委託・派遣の方を含めて自分のチームに40名近く居たこともあります。

いわゆる課長(初等管理職)として、この9年間の間に

  • 仕事の管理(仕事のアサイン、メンバー支援、問題発生時には顧客先へお詫びなど)
  • メンバーのモチベーション維持・向上支援(人事評価を含む)
  • 所属する本部の業務標準化(スキル標準、外注管理基準、QC活動、etc)
  • 全社のプロジェクトマネジメント業務(PMO)立ち上げ
  • 採用面接

など、色々な業務に携わることができました。

ここで培ってきたことが、独立してから、面白いように役立っています。
私は社長になったことはありませんが、数名~数10名くらいの組織で起こる多くの問題を経験してきたので、その経験が役に立つのでしょう。

ですから、仮に40歳であっても、組織をまとめる経験をしていないのであれば、中小企業診断士としては勿体ないです。
管理職なのかどうかは関係なく、せっかく組織に所属しているのであれば、そのような機会をもぎ取りに行くようにしたいものです。リーダーシップは誰でも発揮できますので。

人に動いてもらったことがある。人に頼られたことがある。というのは武器だと思います。

 

独立したいと思ったときが、そのとき

このように経営コンサルタントとして、得ておきたい経験があります。
ただ、その経験をいつ積めるのか?は、環境に依存してしまう部分があります。

ですので、独立に適した年齢は、「独立したいと思ったそのとき」なんだと思います。
ただ、焦る必要はありません。
私は独立したいと初めて思ったときから、実際に独立するまで、2年程度の時間を要しました。

その2年間の間に、非常に貴重な経験をすることができました。
ここで得た経験は、独立して早々に役立ちました。
そのようなこともありますので、常に自分の目の前の仕事に精一杯、取り組んでいるか?が大事なのでしょう。

自分の強い意志さえあれば、独立のタイミングはやってくると思います。
そのときに躊躇しないように、準備を進めておきたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
とある仕事で、今日は今朝から税理士のことや、税理士試験のことを調べ続けていました。
この試験、診断士の視点で言えば、重さは1科目につき、診断士の1次試験1回って感じです。
(1次試験は知識の広さを問われ、税理士は特定範囲を深く攻めるので、全く勉強法が異なりますが)
1次試験を5回も受けるイメージ。そりゃあ、重たい試験ですよね。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

【独立のリアル】私が新たに購入したもの

会社員が独立を見据えてやっておきたい3つのこと

関連記事

  1. 診断士として自分が何者なのか?をハッキリさせる

    こんにちは、渋屋です。今日は銭湯の未来を創るWEBマガジン「SAVE THE 銭湯」を運営する、…

  2. 【勉強会】主催するためにも勉強会に行く #634

    おはようございます。渋屋です。今日は久しぶりに勉強会の開催についてです。…

  3. 中小企業診断士試験をこう変えたら良いのではないか?

    このブログでは何度も書いていますが、中小企業診断士の試験は実に良くできていると思います。試験です…

  4. セミナー主催の段取り【企画、告知、値付け】

    士業・コンサルタントとして独立するなら、自らセミナーを主催できた方が、ビジネスの幅が広がりますし…

  5. マーケティングには戦略・戦術以前に大事なことがあった

    マーケティングと言えば、頭を使う労働というイメージが強いです。実務で言うと、実際にやっていること…

  6. 税理士と中小企業診断士の関係

    経営コンサルタントを顧問として雇っている中小企業はそんなに多くありませんが、税理士を顧問につけて…

  7. 管理会計 #456

    おはようございます。渋屋です。5日振りに息子が帰ってきました。家の中に活気が戻ってきて、…

  8. 2つのコンサルティングとその特徴

    様々なコンサルティングを受けたり、見たり聴いたりしてきて、コンサルティングの方法には、大きく2つ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP