menu

私を救ってくれたのは、「書くこと」だった

ここ最近、私はずっと悩んでいました。
あることが上手くいかず、凹んだり、あるいは感情的になってしまいそうでした。
そんな難破船になりかけていた私を、正しい方向に導いてくれたのは、「書くこと」でした。

振り返ってみて、今回の対処法は、非常に再現性が高いと感じました。
経営者にとっても、あるいは全てのセルフマネジメントを実現したい方にとって、
役立つ方法なのでは、と感じています。

 

自分のありたい姿を書く

物事が上手く進まないときには、どうしても近視眼的になりがちです。
目の前の事象に囚われるがあまり、大局的な視点を失ってしまうのです。

今回、(情けないことに)そのような状況に陥っていると気付いた私は、
「そもそもどうなりたいんだっけ?」
と中長期の視点で、頭を整理することにしました。

その場で思いつくことを書き、後から思いついたことも書き足していきます。

 

自分の感じていることを全て書き殴る

ただ、そうは言っても、目の前のことに悩み、凹んでいたり、感情的になっているときです。
イキナリ「ありたい姿」を書けと言われても、そんな冷静になれないかもしれません。

実際、私もありたい姿だけを書いたわけではありません。

  • なぜ悩んでいるのか?
  • なぜ凹んでいるのか?
  • 何で怒っているのか?
  • どうなれば怒らないのか?
  • どうすれば凹まないで済むのか?
  • どうなりたいのか?

というように、むしろ自分の感情と真正面から向き合うことからはじめ、
徐々に幽体離脱するかのように、自分の視点をカラダから離していきました。
最終的に、悩み凹んでいる自分からは距離をとって、ありたい姿を書いたのです。

誰かに見せる文章ではありませんので、自分の感情を全て書き出しました。
良い感情も、悪い感情も、感じていることは全部です。
固有名詞もハッキリと書きます。

感じていることを全部書き出すと、心が落ち着いてきます。

  • 気持ちを全部吐き出したからなのか?
  • 自分の気持ちを読み返して第三者視点になるからなのか?

なぜかは分かりませんが、やってみると分かります。不思議と落ち着いてくるのです。

 

どうすれば良いのか?を書く

そうやって、自分の気持ちを吐き出し、どうなりたいか?を書き出せたなら、
「じゃあ、今からどうすれば良いのか?」
を書けるようになります。

気持ちを全部吐き出したからと言って、完全に冷静になれるわけありません。(少なくとも私は、、)
「こうした方が良いのは分かっているけど、それじゃ気持ちがおさまらない」
今回も、そんな気持ちに何度もなりました。

その度に、ありたい姿を見つめなおしました。
「こうなりたい」と思っている状態に近付くことが目的です。
感情をさらけ出したり、それを誰かにぶつけたりすることで、
一時的なストレス発散をすることが目的ではありませんし、それでは問題解決になりません。

アタマでは分かっても、気持ちが着いていかない。
それでも、自分が書き出したことを読み、自分の気持ちを諭しにかかると、
何とか気持ちも着いてくるようになりました。(時間は何日も掛かりましたが)

今、振り返ってみると、結果としてベストの行動が取れたと思っています。
悩んでいた問題が全て解決したわけではありませんが、前進しましたし、
後退することはないと確信できるようになりました。

即断・即決が求められることでなければ、比較的どんな問題に対しても、
再現性のある対処法だと思っています。
「書くこと」、オススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日は診断士の勉強を一緒にした仲間と久しぶりに会う予定です。楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

名刺管理を「Eight」に変えました

「人は環境の動物」から始める経営

関連記事

  1. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  2. ランニングと経営に共通するフレームワーク

    フルマラソンを初めて走ってから2年以上経ちました。7回フルマラソンを完走し、全てのレースで自己ベ…

  3. 突き抜けるための、最もシンプルな方法

    私のなかで、1つの仮説が生まれてきました。偶然なのか、私のアンテナが立っているからなのか、そのよ…

  4. 組織は遅さで沈没する

    このところ、企業のスピード感を感じる場面にいくつか出くわしました。なぜこんなにスピード格差が…

  5. 顧客の人間関係を掘り下げる #417

    おはようございます。渋屋です。昨日は週末起業大學にて、起業家に必要な法務・会計・税務知識…

  6. 新商品開発に走る前に考えたいこと

    こんばんは、渋屋です。一大プロジェクトが動いており、平日の日中はバタバタと過ごしています。ブ…

  7. 戦略から現場までの一貫性が武器になる

    多くの企業とお会いしていると、「一貫性」の取れた会社がほとんどないことに気づきます。あるとすれば…

  8. 大企業の一部が猛烈に加速してきている

    ITに関わる人に取って、今日のニュースは衝撃でした。私のFacebookフィードは、その記事に関…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP