menu

私がトライアスロンチーム「ポセイ丼」に入った3つの理由

LINEで送る
Pocket

妻から、「何でそんなに生き急いでるの?」と言われました。

昨年末からトライアスロンを始めたばかりの私が、明後日、鉄人レベルの「五島長崎 国際トライアスロン」に参加するからです。
普通、この距離のレースにでるのは、何年も練習やレースを経験した猛者たち。

私のような素人(今回で2戦目)が来るところじゃありません。
なので、無謀とも言える挑戦をする私に対し、妻がそう呟いたのでしょう。

別に生き急いでいるつもりはありませんが、
この理由は、私がトライアスロンチーム「ポセイ丼」に入った理由につながります。

 

成長速度の著しい人たちに囲まれる

人間は環境の生き物です。
本人も気付かないうちに、周りの人たちに合わせて動いてしまう動物です。

愚痴ばかりの職場に入ると、愚痴を言うようになってしまいますし、
起業家の中に居続けると、自分が起業していないことを不思議に感じます。

トライアスロンチーム「ポセイ丼」は、私にランニングや独立について教えて下さった
井ノ上さん(チーム内では「元帥」と呼ばれています)が立ち上げたチームです。
その前に立ち上げたランニングチーム「Admiral」を母体としています。

私より1年早くトライアスロンを始めた1期生は3人。
兄さん、羅王仙人のコードネームを持つ3人の成長速度は凄まじく、
半年足らずでアイアンマン(今回のレースと同じロング)を完走してしまいます。

その奇跡の軌跡を見てきた私は、心震えずにはいられませんでした。
しかも、元帥はじめ4名とも、ビジネスでも活躍されている方々。

こんな環境に身を投じたら、私にとっても「普通」の基準が変わるかもしれない。
そう思って、チーム2年目となる今回、手を挙げたのでした。

同じく手を挙げ、同期となったザックみよっしー、この2人もツワモノです。
この2人とは、3月の久米島トライアスロンで一緒にトライアスロンデビューを果たしました。

妻(普通の人)から、「生き急いでいるように見え」たのであれば、それは私にとっては好都合です。
私の成長速度が、上がっているのですから。
トライアスロンで上げた成長速度を、他の人間的成長、ビジネスの成長にもつなげたいと思っています。

 

学びのプロセスを高速化させる

とは言え、できる人たちの中に飛び込んだだけで、成長速度が早くなるほど、話は単純ではありません。それ以上に簡単でもありません。
今まで全くやったことのないものを学ぶのであれば、既に知っている人に教えてもらうのが最も効果的です。

普通でない速度で成長し続けるポセイ丼のメンバーに着いていくためには、
彼らの学び方を学ぶ必要がありました。
そうやって、学び方を学び、そのプロセスを高速にまわしていくのです。

その意味で、ポセイ丼メンバーの多くが、その学びをブログに記していることは助かりました。
(遠征先で、毎日ブログを書く時間を堂々と取れるのも助かります (^_^; )
彼らの学びを自分の意識作りやトレーニングに活かすことができました。

 

チャレンジを楽しみ、お互いを応援する

単に早く走るだけなら、他にも色んなチームがあると思います。
ただ、せっかく荒唐無稽な目標を掲げ、高速に成長していくのであれば、
それは楽しい方がいい。

このチームの皆さんは、お互いを応援しつつ、レースでは切磋琢磨する。
こんな感じの協力しつつ競争しつつの感じが、たまらないのです。

数年前まで「フルマラソンなんて絶対ムリ!」と言っていた私が、
スイム(3.8km)、バイク(180.2km)のあとにオマケのように付いてくるラン(42.2km)がある、
この鉄人レースに、どこまで食らいつけるでしょうか。

怖くもあり、恐ろしくもあり、でも、楽しみです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
と言うわけで、そろそろ長崎に向けて飛び立ちます!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

すべては、「働き方」=「生き方」につながっていた

できる人は、静かに猛スピード。できない人は、、

関連記事

  1. 場を作る楽しさ

    おはようございます。渋屋です。昨日は、毎月参加している「よこはま月例マラソン」でした。こ…

  2. ランニングと子育ての共通点 #614

    おはようございます。渋屋です。昨日は、RUNをサポート頂いているチームア…

  3. 自分の限界なんて決めない方がいい

    こんばんは、渋屋です。今日は早起きして、ランニング仲間と6:30から皇居をランニング。そして…

  4. 能力を伸ばしたいなら、負荷をかけるしかない

    神奈川マラソンの惨敗から、日が経つごとに悔しさがこみ上げてきています。「来年は絶対に…

  5. 人は慣れ、そして惰性になるからこそ、イベントを立てる

    人は成長し、大人になるにつれて、新しいチャレンジをしなくなります。そして変化のない日常に慣れてい…

  6. プロの一言が圧倒的な差を生む

    一昨日、「トータル・イマージョン・スイミング」の体験レッスンに行ってきました。「何それ?」という…

  7. ランニングの位置づけを遠くから見つめ直す

    こんばんは。渋屋です。1月も末日になりました。今週は一度も走れな…

  8. 4時間超ウォーキングやってきました

    こんばんは、渋屋です。今日は約4時間20分にわたるウォーキングをしてきました。&nb…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP