menu

ホームページと店舗が、うまい連携をした事例

昨日は、商圏が狭いのに、ホームページを使った集客をしようとして、
お店の目の前を歩く見込客を逃している事例をご紹介しました。

今日は、最初は失敗していたけれど、改善して良くなった事例です。

 

ホームページの目的は?

この事例のお店は、宝飾品のように高価格帯の商品を売っているお店でした。
スタッフの商品知識、顧客対応など、サービス力が高いことを誇っていました。

そんなお店が、事業拡大を狙って、ホームページを作りました。
ECサイトのようにして、そこで商品を販売しようと目論んだのです。

しかし、そのホームページからの売上は、ほぼ生まれませんでした。
顧客の立場になって考えれば分かることですが、
見ず知らずのお店の高価格帯の商品を、ネットでは、なかなか買えません。

 

ホームページとお店の連携を実践

そこでこのお店はホームページの目的を変えました。

ホームページで売上を上げることを目的にするのではなく、
サービス力の高いお店に、見込客を呼んでくることを目的にしたのです。

ホームページのコンテンツも大きく変えました。
商品カタログのような説明ページ中心のコンテンツから、
商品メンテナンスの方法など、スタッフが持っているノウハウを公開するコンテンツへ。

これによって、スタッフが高いスキルを自然に伝えることができ、
そのお店に対する信頼を高めることができたのでしょう。

ホームページから、お店に訪問してきた顧客が、最初から高価格帯の商品を買うことは稀でした。
既に持っているもののメンテナンスを目的にやってくることが多かったのです。
それでも、なかには3万円程度の低価格帯の商品をついでに買っていく顧客もいました。

お店に来店さえしてくれれば、スタッフの高いサービス力で、対応することができます。
メンテナンス目的にやってきた顧客も、お店のことをすっかり気に入り、
2回、3回とやってくる顧客も現れました。

 

ホームページのコストも削減

ついでながら、ホームページのコストも削減できました。
商品を売るためのホームページだと、決済まで行う必要があります。

しかし、ノウハウを提供するコンテンツ中心のホームページであれば、
そのような機能は不要です。
結果として、ホームページのコストも削減できたのです。

このようにホームページと店舗がうまく連携したことによって、
本事例の会社は、あらたに見込客を獲得する手段を得たのでした。

ホームページの目的は何か?
もし、あなたの会社では明確になっていないのでしたら、改めて考えてみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日は、ある友人と久しぶりに情報交換のランチ。楽しみです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

顧客を集めるのは、ホームページだけ?

あなたのホームページ・ブログの目的は何ですか?

関連記事

  1. 大企業の一部が猛烈に加速してきている

    ITに関わる人に取って、今日のニュースは衝撃でした。私のFacebookフィードは、その記事に関…

  2. おこちゃまな国、日本の情報セキュリティ

    こんにちは、渋屋です。今日は仲間の小嶋さんとランチ。鶴群 丸の内オアゾ店にて。いつも通り…

  3. 診断士がセルフメディアを始めるためのプラットフォーム

    こんばんは、渋屋です。今日は終日、テレワークでした。ワークといっても、たまにメール対応をした…

  4. もしクラウドがなかったら、渋屋の働き方はどうなっていたか?

    私の働き方はクラウドによって支えられています。私が利用しているサービスをご紹介しつつ、それが…

  5. 「働き方」を変えるためにITが出来ること

    おはようございます。渋屋です。今までと異なった、新しい「働き方」を模索し…

  6. 日本企業よ、クラウド上で暴れろ!!

    9月30日から10月2日に実施された「ITpro EXPO 2015」では、彗星のごとく現れたS…

  7. Ethenet Fabricをコアスイッチとして利用する

    今回は、ある英文ページの要約です。英語で自分の専門分野に相当するページを定期的に要約することで、…

  8. 出版の新しいカタチ:『人工知能、ロボット、人の心。』

    おはようございます。渋屋です。今日はITトレンドを把握する上で外せない、「人工知能」についてです…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP