menu

本質的な行動をどれだけしていたのだろう?

このブログで何度も書いてきた通り、3月末で会社員を辞めて、独立します。
会社では来期の人事が決まっていく時期ですので、
一部の方には辞めることが伝わり始めました。

来週からは、一斉に情報が伝わることでしょう。
飛ぶ鳥後を濁さないためにも、
仕事の引継ぎやチームメンバーのフォローに集中していきます。

で、起業の方なのですが、ふと疑問に感じていることがあります。

 

本質的な行動ができているのか?

パレートの法則、ニッパチの法則とも言われたりするものがあります。
売上のうち、上位20%の顧客が全体の80%を占めるとか、
社員が100人いたら、成果の80%は上位20%の人が上げているとか。

同じように、何をするにも大事な20%があります。
受験勉強であれば、その20%は勉強のやり方だと思いますし、
起業にも同じような20%があるはずです。

ただ、果たして自分は、大事な時間を、その20%に投下できているのか?

 

起業の本質

私は、起業の本質は、

  • 顧客を作ること
  • 商品を作ること
  • 売ること

だと思っています。

この3つのうち、どれが欠けても事業は立ち上がりません。
顧客を開拓し、その顧客の(潜在・顕在)ニーズを満たす商品を提案し、
実際に売らなければ、売上は上がりません。

商品を作ることに関しては、(予定より大幅に動きが遅いですが)徐々に進んでいます。
しかし、顧客を作ることと、売ること(=売れる仕組みを作ること)、
言葉を変えるとマーケティングに関して、どこまで手を打っているんだっけ?・・・と。

この3つが本質だとすれば、本来、時間の80%は、
これらに投下しなければなりません。

 

行動を見つめなおす

一方、毎日に時間の使い方を振り返ると、

  • ブログを書いたり
  • 会計ソフトを比較したり
  • 青色申告のやり方調べたり

色々なことに時間を投下していますが、
上記の本質にどれだけ迫っているんだろうか?疑問です。
(もちろん、独立する以上、会計は大事で、絶対にやらなければいけないことです。
1つの例として挙げただけです。)

徐々に4月までの時間がなくなってきました。
会社員の仕事の引継ぎに集中しつつ、本質に迫る行動をしていきたいものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

と、ここまで書いて、アイデアが沸いてきました。
早く行動するようにします。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

プロの一言が圧倒的な差を生む

何事も「型」が大事というけれど

関連記事

  1. 働かない上司・おじさんに、いつまで迎合するのですか?

    先日、飲みの席で「ストライクゾーンが狭い」と言われました。もう少し表現は違ったと思いますが、受け…

  2. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  3. 短期の収益確保と長期の戦略

    今日は朝からダイレクトレスポンスマーケティングの専門家である中村さんとミーティング。渋谷 エクセ…

  4. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  5. 見え始めた私の勝ちパターン(方程式)

    ブログを書いて、メルマガを書いて。見る人から見ると、私は「ネット営業の人」なのかもしれません。…

  6. メルマガ『非常識なコンサルタント』の配信を始めました

    突然ですが、メルマガを配信することにしました。タイトルは『非常識なコンサルタント』。その概要…

  7. 顧客の声とメニュー作りのためにできること

    前回、ビジネスを立ち上げるときはゼロからイチにするところが最も大変と書きました。自動…

  8. 起業ネタの探し方

    こんばんは、渋屋です。起業ネタに悩む多くの人々新たに起業しようと思ったと…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP