menu

営業とは何か?メンタルを変えるだけで世界が変わる

おはようございます。渋屋です。
久しぶりの「診断士のタマゴ」(マインド編)です。

士業の方とお話しをしていると、「営業」に対する印象が、人によって大きく異なることを感じます。
ある人は、「営業は芸術だ」と尊敬の念を持っている一方、
別の人は、「えっ!営業?私がやるんですか?」と。

後者の人にとって、営業とは見下す存在であり、
「先生」と呼ばれるような自分がやるべきものではない。とでも言いたげです。
私は、このような考えは非常にもったいないと思っています。

 

「営業=お願いする仕事」ではない

営業を見下している人には、「営業=お願いする仕事」のように映っているようです。
お客様にお願いをして、頭を下げて、何かを買ってもらう。
なぜ、「先生」と呼ばれる私が、お客に頭を下げ、媚びなければならんのか?と。

ただ、残念ながら、「営業=お願いする仕事」というのは、
かなり偏っているのではないか、と思います。

私の師、『平成進化論』の鮒谷さんは、「売らずに売る」ことを、たびたびメルマガで述べています。

 

この本でも「売らないセールス」という表現があり、
それは、購入行為に関与せず、人を説得し、影響を与え、納得させることだと書かれています。

 

営業はビジネスの根幹

このブログでも何度か書いてきていますが、中小企業の倒産理由の大部分は「販売不振」です。(中小企業白書より)
そう考えると、マーケティングと営業が、企業生存のためには、非常に重要であることがわかります。

それに何か(モノやサービス)を売るというのは、ビジネスの基本活動です。
そう考えると、それを見下すものとして捉えるのは、あまりにも短絡的なように思えます。

実は、私もITエンジニアだった頃、営業という職種を少し見下していたのかもしれません。
これだけシステムが複雑になってくると、営業1人ではお客様に提案ができません。
実際、提案の内容を取りまとめて、お客様とコミュニケーションするのはエンジニアだったのです。

なので、営業の存在価値に疑問を抱いていた時期がありました。
しかしエンジニアを卒業して、全社の営業プロセスが見える部署に異動してみると、
エンジニアの私には見えていなかった、営業の苦労が数多く見えてきたのでした。

その苦労を知った後で、結果を残している営業さんへの尊敬の念が強くなったのは、
言うまでもありません。

 

営業が芸術に見えるとき

その後、営業という活動が、非常に洗練されたものであり、
芸術であるかのように感じることが度々ありました。
鮒谷さんの「売らずに売る」は、正に芸術です。

芸術に至るまでの間に、何度も何度も小さな変更・改善を加えてきているはずで、
それは外から知ることはできません。
つまり、簡単に他社が真似できるようなシロモノではなく、巨大な参入障壁として機能しています。

このような芸術性すら感じられる営業。
ビジネスの根幹である営業。

こんな大事な営業を、経営コンサルタントである診断士が軽視してはいけませんね。
もし、営業に対する嫌悪感を感じているようなことがありましたら、
まずは営業に対する見方を変えてみてはいかがでしょうか?
きっと、泥臭さだけでなく、洗練された美しさも感じるでしょう。

その世界を感じ取ったとき、あなたのビジネスも変わっていくのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の「診断士のタマゴ」シリーズはこちらです。

マインド編

戦略編

実践編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は寒いですね。
こんな日に限って、早朝からミーティングです。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

スゴイ人がトライアスロンをやる理由が少しだけ分かったかもしれない

変わるために最も大切な環境づくり

関連記事

  1. 実務補習に向けて

    今日はタキプロさんの実務補習セミナーに行ってきました。既にTACの実務補習セミナーに行ってきてい…

  2. 【独立のリアル】行くところがある安心感と、理想とのギャップ

    3月末で会社員生活にピリオドを打ち、4月1日から独立したフリーランスとして働き始めました。「働け…

  3. 受験時代の成績と合格後の活躍は、全く関係ありません

    受験生時代、予備校の教室に入ると、いつも最前列に座っている人たちがいました。いわゆる優等生たちで…

  4. 仕事の割合を最適化する

    私は自分の仕事を少しずつ理想の状態に近づけようとしています。いくつかの切り口がありますが、そのう…

  5. 会社員に戻るという選択肢はあるのか?

    少し前のこと。私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。■ある公的機関での仕事に…

  6. 起業ワークショップを行います #382

    こんばんは。渋屋です。昨日は、週末起業について学ぶ、週末起業大學に初参加しました。これは全6回の講義…

  7. フリーランスは、周囲のイベントに流されない

    こんばんは、渋屋です。今回は「診断士のタマゴ」(マインド編)です。大型連…

  8. 診断士として、自分の商品にこだわり過ぎない

    こんにちは、渋屋です。昨日の記事(自分を知るためにも、常に新しい人と出会う)にも書きましたが、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP