menu

出版の新しいカタチ:『人工知能、ロボット、人の心。』

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。
今日はITトレンドを把握する上で外せない、「人工知能」についてです。
と言いつつ、本題は新しい書籍(出版)のご紹介です。

 

『人工知能、ロボット、人の心。』

この書籍はタイトルの通り、人工知能について、
かなり新しいトレンドについて書かれています。

この本が面白いのは、今までの出版の文化から外れていることです。
本書は、電子書籍のみで販売され、しかも3ヶ月限定販売です。
3ヶ月しか売らないから、電子書籍のみにしたのでしょう。
(紙の書籍では、回収できないので)

これだけ新しい情報だと、その鮮度は3ヶ月しか保てないということ。
そのくらい、急激な勢いで人工知能が発展していることが分かります。
(今日の時点で10日ほど前のインタビューが載っています。書籍としては驚異的です。)

(※2015/5/7追記:本商品は、予定通り、販売終了したようです)

今まで、人工知能は特定のルールの範囲内で開発されてきました。
「チェスに特化した人工知能」、「クイズに特化した人工知能」というようにです。

しかし、いま爆発的に成長している人工知能は、何かに特化せず、
あらゆるものに対応していきます。

  • 車の自動運転
  • ヘルスケア
  • 工場の最適化
  • スマートシティ
  • 宇宙の謎の解明

こういった様々なものに、1つの人工知能が対応できるようになってきました。

 

出版の新しいカタチ

これまでの紙の書籍は、校正をしっかりやって、品質が高い文章を届ける、
という役割があったと思います。
電子出版は、紙の出版の後工程として、同じコンテンツを電子媒体で販売する、と。

しかし、この『人工知能、ロボット、人の心。』を読んで感じたことは、
より鮮度の高い情報は電子化され(品質よりもスピード優先)、
最低でも1年は活用できるものは、紙の書籍になるのでは、
ということです。

今まで鮮度を要求される情報は、雑誌やネットが主戦場だったと思います。
ただ、雑誌やネット記事に収まらないほど、大量のコンテンツになることもあります。
そういったものが電子書籍として、期間限定で(これは雑誌なら普通)販売される、と。

言い方を変えると、イノベーターやアーリー・アダプターが対象となる書籍は、
電子出版で期間限定。
より一般的に普及させたい書籍は紙で出版。
そんな使い分けがされていくのかも、と思いました。

 

どなたにも読んで頂けるITトレンドの本

手前味噌ではありますが、2月5日に販売開始されるこちらの本は、
より一般のビジネスパーソンに読んで頂けるつくりになっています。
図を多用し、理屈よりも直感で分かるように工夫しました。

また、テクノロジーの深いところよりも、そのテクノロジーが生まれてきた背景、
つまり社会的なニーズを把握できるようにしました。

人工知能に興味のある方は、この本で、まず人工知能の概略を理解頂けます。
クラウドや機械学習、モバイルやセンサーとの関係も分かるでしょう。

その後、冒頭にご紹介した『人工知能、ロボット、人の心。』を読むと、
より人工知能の可能性、あるいは人間とは何か?という本質の深いところを
感じることができると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨晩は帰宅後に確定申告の事務作業。
もう少しラクにしたいものです。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

勝田マラソン体験記:マラソンをはじめた理由

スゴイ人がトライアスロンをやる理由が少しだけ分かったかもしれない

関連記事

  1. 定期的にチェックする情報ソース

    こんばんは、渋屋です。今日は私がIT関連で、定期的にチェックする情報ソー…

  2. 私がITコンサルティングをやらなくなってきた理由

    「最近、IT関連の記事が少ないですね」以前から知り合いの方に言われました。そうなんです。…

  3. 日本を好きになる一冊、『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』#…

    今日から仕事はじめの方も多くいらっしゃるかと思います。私は今日は有給を使ってしまいました。妻…

  4. テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

    普段からIT関連企業の支援をしていて、悩むポイントがあります。それがテクノロジーをどこまで戦略に…

  5. フリーランスは仕事のインフラを二重化しておく

    先日、友人が、自宅から事務所にパソコンの電源ケーブルを持って行くのを忘れ、泣いていました。お昼頃…

  6. 中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

    中小企業がITを活用しやすい環境が、整ってきています。こちらの記事で、規模の小さい企業の方が有利…

  7. ランニング・トライアスロンに使えるアプリ・サービス・ガジェット

    近所をジョギングすることから、レースにチャレンジすることまで。ランニングをする人の目的は、人それ…

  8. 「IoTで何かやれ!」という最悪の指示

    日々、色んなIT企業とお付き合いしていますが、昔から良く聴くのが、「○○で何かやれ!」という最悪…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP