menu

新刊 『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』 。今はITの大転換期なのか?

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。
アマゾンで、新刊 『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』の予約が開始されました。
2月5日から書店にも並ぶ予定です。

 

最新キーワードを脳みそにコピペしていませんか?

ネットや雑誌を見ていると、ITに関連するキーワードが日々、登場しては消えていきます。
「クラウド」「ビッグデータ」「モバイル」「ソーシャル」「人工知能」・・・
私は日々、ITを専門とする多くの方と仕事を一緒にしておりますが、
ITの専門家ですら、これらのキーワードを脳みそにコピペしているだけのように感じることがあります。

IT部門の方よりも、むしろ事業部門の方が、明確な目的を持ってITを使うため、
キーワードの本質を理解しているように思います。

本質を理解し、トレンドを知るとは、

  • キーワードが注目されるようになった理由を知る
  • キーワードが生み出されたメカニズムや法則を知る
  • キーワード同士の関係や構造を知る
  • キーワードが未来にどうつながってゆくのかを知る

ことです。

 

今起きている変化とは?

ITの調査会社IDCは、今起きている大きな変化を、「第3のプラットフォーム」と名付けています。
第1のプラットフォームは、1964年頃から始まったメインフレームの時代。
第2のプラットフォームは、Wintel(Microsoft + Intel)やLotus Notesが隆盛したクライアント・サーバの時代。
そして、第3のプラットフォームは、「クラウド」「ビッグデータ」「モバイル」「ソーシャル」から構成される、新しいプラットフォームの時代。

Web技術の進展と共に、大企業で利用される業務アプリケーションですら、
第2のプラットフォームから第3のプラットフォームに移行されつつあります。

ただ、これまでの変化と決定的に違うことがあります。
単純なハードウェアや処理体系の変化(例:メインフレーム→パソコン)ではないのです。
上述の各テクノロジーが複雑な関係性を保ちながら、ITが企業システムだけではなく社会全般に広く浸透し、影響を与えています。
だからこそ、キーワードを脳みそにコピペするだけではなく、関係性や背景を知る必要があるのです。

 

ITを大局的に俯瞰したいビジネスパーソンに

本書は個々のキーワード、技術の詳細が書かれたものではありません。
それよりも、上述の通り、大きなトレンドを知ることに重点を置いて書かれています。
対象はITの専門家だけではなく、ITに関わることのあるビジネスパーソンです。
こんな方に読んで頂きたいです。

  • IT部門ではないけれど、ITの最新トレンドを自分の業務や事業戦略・施策に活かしたい。
  • IT企業に勤めているが、テクノロジーやビジネスの最新動向が体系的に把握できていない。
  • IT企業に就職したが、現場の第一線でどんな言葉が使われているのか知っておきたい。
  • 自分の担当する専門分野は分かっているが、世間の動向と自分の専門との関係が見えていない。
  • 就職活動中だが、面接でも役立つITの常識を知識として身につけておきたい。

目次は以下のようになっています。

  • 第0章 最新ITトレンドの全体像を把握する
  • 第1章 クラウドコンピューティング
  • 第2章 モバイルとウェアラブル
  • 第3章 ITインフラ
  • 第4章 IoTとビッグデータ
  • 第5章 スマートマシン

詳しくはこちらのページからご確認下さい。
ITトレンド2本書の図表は全てPowerPointのデータとしてダウンロードすることができるようになっています。
あなたの事業、日々の活動に是非お役立て下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日は毎月恒例「よこはま月例マラソン」 に参加してきました。
息子と妻が健闘するなか、私は10kmのプライベートベスト更新に17秒届かず。。
キロ4分15秒辺りに「壁」が存在するようです。
ここを超えると、一気に心拍数が上がってしまうのです。
スピード練習をする夏の時期に、ストレッチしかできなかったので、分かっていたことですが。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

あ、無理だったら全然いいですよ!

この技術は、どう使ったら面白いことになるのか?

関連記事

  1. 受託開発からサービスへシフトできない理由

    IT企業の支援をしていて良く聴く悩みの1つが「ビジネスをサービスモデルにシフトしたいのにできない」こ…

  2. 【管理職】私の育児方針と人材育成の関係

    子どもは小学生になっていますが、それでも変えていない育児方針があります。今日はそんな育児方針と人…

  3. 非常に分かりやすいファイナンスの本

    ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)(2007…

  4. 空いているリソースを使ってみたら・・・

    こんにちは、渋屋です。息子が3月まで通っていた保育園の目の前に駐車場があ…

  5. 失って気付くネットワークの大切さ

    こんにちは、渋屋です。1日だけ休みを取って、妻の実家に帰省しています。…

  6. コンシューマからエンタープライズへ

    コンシューマで利用された技術やビジネスモデルがエンタープライズ環境に適用される、という流れが止まりま…

  7. マーケティング全体を網羅する実践書

    こんにちは、渋屋です。今日は久しぶりに書籍のご紹介です。私にとってマーケティングと言えば…

  8. 私がITコンサルティングをやらなくなってきた理由

    「最近、IT関連の記事が少ないですね」以前から知り合いの方に言われました。そうなんです。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP