menu

初対面で診断士という資格が与えてくれるもの

おはようございます。渋屋です。
昨日(診断士協会は頼るものではなく、活用するもの)に引き続き、
7日に行ったパネルディスカッションでの内容に関することを。

今日は仕事を得るうえで、診断士の資格がどう役にたっているのか?について書きます。
私の人生全体に対して診断士が与えてくれたものは、
こちら(診断士を取得した3つのメリット)に書いています。
ちなみに、この記事は過去1ヶ月の中で、一番読まれている記事です。

 

初対面で大事なこと

顧客(候補)や、ビジネスパートナーになる方と初めて会うとき、
最も大切なのは、「あなたが何者であるのか?」です。
どんなことをしてくれる人なのか?それがイメージできなければ、
相談することすら分かりません。

ただ、「あなたが何者であるのか?」以前に越えなければならないハードルがあります。
「あなたを、そもそも信用して良いのだろうか?」という疑いです。

顧客になるような経営者には、頻繁に営業のお誘いがあります。
「社長、○○を買いませんか?」というような。
そんな軽い営業と、同様に扱われてはいけないのです。

だからこそ、初対面のときに、いち早く信用を得て、
普通に顧客やビジネスパートナーと雑談(と言っても真面目な話)程度が
できるようになりたいのです。

 

診断士資格が与えてくれるもの

そういう意味で、診断士という資格は上述の疑いを晴らしてくれる力があります。
初対面でありながら、名刺に中小企業診断士と入っていることで、

  • 最低限の知識は持っている
  • (試験を知っている一部の人は)あれに合格するだけの努力をできる人なんだ

という見方をして下さいます。
結果として、「そもそも信用して良いのか?」という疑いのフェーズを
乗り越えることができるのです。

7日に一緒にパネルディスカッションに参加した酒井さんは、
リングに上がるのが簡単になった
という表現をされていました。非常に分かりやすい表現ですね。

診断士はリングに上がる、戦う権利を得るために良い資格です。
ただ、リングに上がった後に勝てるかどうか?は別問題とも言えます。

 

リングに上がった後を考える

と言うわけで、診断士を持っていると、リングに上がった後のことに集中しやすくなります。
最終的に、いかに顧客に選んで頂くか。
7日のパネルディスカッションで、最も長く会話されていたのは、
正にこの部分なんだと思います。

顧客の話に耳を傾け、自分の専門分野の相談ではないと思っても、まずはしっかり聴く。
しっかり聴くことが、さらに信頼につながりますし、
顧客やパートナーが困っていることを把握できます。

問題・課題を整理できればできるほど、
リング上での戦いは有利になるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨晩は早く帰って2週間後に迫ったフルマラソンの調整をするはずだったのですが、
思ったより遅くなり、撃沈でした。。
3連休でうまく時間を取りたいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

診断士協会は頼るものではなく、活用するもの

フリーランスはリスクに伴った自由が欲しい

関連記事

  1. クラウドソーシングセミナー開催します #707

    こんにちは。渋屋です。■IT業界向けクラウドソーシングセミナー開催昨年、…

  2. 私がなぜ、ITトレンドの勉強会をするのか? #517

    こんばんは。渋屋です。今日から沖縄に来ています。少し早い夏期休暇…

  3. 診断士試験「経営情報システム」の議論から見えたこと

    先日、中小企業診断士の1次試験「経営情報システム」のコンセプトが悪すぎると問題提起をしました。中…

  4. 中小企業診断士には新たなロールモデルが必要

    今日の午前中は、中小企業診断士の「理論政策更新研修」に行ってきました。これは資格を維持・更新する…

  5. 中小企業診断士がもっと情報発信をすべき理由

    中小企業診断士は、もっと情報発信した方が良いのになぁ~、と考えています。中小…

  6. 企画書のブラッシュアップ #315

    こんばんは、duckです。今朝はバタバタしてしまい、ブログを書くことが出来ませんでした。ようやく一息…

  7. 診断士を取得して変化した「働き方」への考え方

    こんにちは、渋屋です。今日は早朝からミーティング10連発でした。。昼食の時間もまともにありません…

  8. 【独立のリアル】中小企業診断士がなければ、独立できなかった

    中小企業診断士という資格には、税理士や社労士などの他士業と異なり、独占業務がありません。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP