menu

起業を決意したときに嬉しい仲間達

LINEで送る
Pocket

こんにちは、渋屋です。
今日はたまたま、近い将来の起業を志す複数の仲間と
チャットなどで会話することができました。
おかげで様々なヒントを得ることができました。感謝感謝です!

 

臨場感が得られない世界には行けない

独立・起業をしたいと思っても、会社員には、その世界が想像できません。
実際に中小企業診断士(経営コンサルタント)として独立して、
生活ができるようになるまでの道のりが長く感じます。。

いったい、どうやって仕事を依頼されるようになり、
どのような仕事をしているのか?
分からないことは多岐に渡るのではないでしょうか。

独立・起業がそのようなモヤッとしている世界のままでは、
実現させることができません。
逆に、臨場感のある世界として、細部までありありと描けるようになれば、
あとは自然とそちらの世界へ動いていけることでしょう。

 

一歩先から10年20年先行く人まで

細部まで描けるようになるためには、既にそれを実現している先人の姿を
見せて頂くしかありません。
その細部は、本当に十人十色です。
人によって、仕事のとり方から業務内容、生活リズムに至るまで異なることでしょう。

数多くの先人を見ることによって、自分自身の「ありたい姿」が描けるように
なっていきます。特に10年、20年先を行く人たちからは、
「自分も将来はこんな風になりたい」と思わせてくれるモノを感じることと思います。

一方、自分よりもほんの少し先を歩む人も居るでしょう。
そのような方々からは、「今、自分は何にどうやって取り組むべきか?」を
知ることができるでしょう。

このように将来の理想像を描けるようになるためには、ずっと進んでいる方を、
今何をすべきか?を知るためには、少しだけ進んでいる方を、
参考にすれば良いのではないか、と考えています。

 

仲間と出会える場に行こう

繰り返しになりますが、普通のサラリーマンにとって、独立・起業は未知の世界。
踏み込むには、臨場感のある情報が必要になります。
そのような情報は、人と出会い、集めていくしかありません。

ですから、そのような情報交換ができる仲間に出会える場に行きましょう。
私は今年、そのような場づくりを試みます。
今晩行うパネルディスカッションも、その取り組みの一環です。

ぜひ、自分に合う場を探していただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日の夜は、診断士の会でのパネルディスカッションです。
どんな内容になるのか?私たち自身も予測できません。
楽しみです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

明日、独立に関するパネルディスカッションを行います(診断士向け)

診断士協会は頼るものではなく、活用するもの

関連記事

  1. 顧客要求という宝物と、変化する力

    フリーランス、あるいは起業家には、大きく2つのタイプがあると思います。今日はその2つのタイプと、…

  2. 中小企業診断士の輪を広げよう #629

    おはようございます。渋屋です。昨日は、お昼に中小企業診断士の同期合格者で…

  3. 管理職をやったことがないのですが、独立できますか?

    知人より、「管理職を経験したことがないが、中小企業診断士として独立できるか?」という質問をいただきま…

  4. 診断士として自分が何者なのか?をハッキリさせる

    こんにちは、渋屋です。今日は銭湯の未来を創るWEBマガジン「SAVE THE 銭湯」を運営する、…

  5. ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

    私はこれから、IT(情報システム)に疎い診断士にとっては、つらい世の中になっていくと考えています。…

  6. 無償ブログを利用するか?自分で作るか?

    こんにちは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)です。このところ、セルフメディアについて書…

  7. 【私の履歴書】「中の上」の壁に苦しむ

    私には、手強い「中の上」の壁があります。自分の人生を振り返ると、この壁との戦いであったように感じ…

  8. プロとしての条件

    こんにちは、渋屋です。昨日、今日と面白いことがありました。「プロの姿」を…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP