menu

1月29日:「ITを考えるワークショップ」をやります

おはようございます。渋屋です。
しばらくセミナーを実施することができていませんでしたが、
再開の目処が立ってきたので、アナウンスさせて頂きます。

 

2015年、IT業界はどうなる?あなたはどうしますか?

突然ですが、2015年、IT業界はどうなると思いますか?

クラウドはもはや常識的に利用されるものとなり、
システムインテグレーションの形は大きく変わりつつあります。
モバイルも一層浸透し、スマートフォンだけでなく、
センサーなど、あらゆるものがインターネットに接続されはじめました。
IoT(Internet of Things)の時代です。

情報システム部門だけでなく、事業部門のITに対する考え方も変わり、
事業部門自らがITを知ることによって、成功を収めた事例がいくつも
出てきました。

このようなテクノロジーの変化だけでなく、社会のあり方すら変えようとする、
大きなうねりを、あなたは感じていますか?

もし感じていないのだとしたら。。
あなたは従来から何も変わらない仕事をし続け、
大きなうねりから取り残されてしまうかもしれません。

新しく行うセミナー(ワークショップ)は、このような大きな流れを知り、
参加者全員で考えることによって、より深い理解をうながすものです。

 

ITトレンドセミナー改め、ITトレンドワークショップに

過去に実施した「ITトレンドセミナー」。
目的は、細かな技術や製品の理解ではなく、
大きな流れであるITトレンドを理解し、
事業計画(経営者向け)やキャリアプラン(個人向け)に活かして頂くこと。

私は元ITエンジニアで、現在はIT業界でマーケティングを行っています。
中小企業診断士でもあることから、ITトレンドが経営にどのような
効果・影響を与えるのか?という視点を大切にしてきました。

おかげさまで好評を頂き、同じテーマにリピート参加して頂いた方が
いらっしゃったり、ある会社に呼んで頂きセミナーも実施しました。

ただ、反省点もありました。
1時間半という短い時間にコンテンツを詰め込みすぎたことです。
参加者の中には、消化不良になってしまった方が、いらっしゃったかもしれません。

そんな反省点を改善して、時間を長くしました。(2時間~2時間半の予定です)
膨大なコンテンツをお伝えすることから、主要テーマを絞り込み、
ディスカッションを通じて理解を深めて頂くことにしました。
もちろん、2015年のITトレンドを今まで以上にしっかりとお伝えしていきます。

 

日時は1月29日(木)19:30~都内にて実施します。費用は5,000円です。
正式な募集は改めてご案内しますので、
ご興味のある方は、予定を押さえておいて頂ければと思います。

ワークショップ形式のため、少ない人数で行います。
もし、絶対に参加する!という方がいらっしゃれば、メッセージなど頂ければ、
予めお席を確保しておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日はトライアスロンに向けたバイクの初乗り。
本当は上半身はリラックスして乗るべきなんですが、
無駄な力が入りまくって、今朝は腕と肩甲骨、首まわりがバキバキです。。
しかも腰が痛い。。
トライアスリートの仲間入りには、まだまだ道が長そうです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

悩むセミナー価格の決め方

私がトライアスロンをはじめた理由

関連記事

  1. ランニング・トライアスロンに使えるアプリ・サービス・ガジェット

    近所をジョギングすることから、レースにチャレンジすることまで。ランニングをする人の目的は、人それ…

  2. IT企業の戦略は「技術」と「何か」を掛け合わせる

    戦略の基本は「誰に?」「何を?」「どのように?」届けるか。極論言えば、この言葉に集約されます。…

  3. 中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

    中小企業がITを活用しやすい環境が、整ってきています。こちらの記事で、規模の小さい企業の方が有利…

  4. 開発スピードが10倍・100倍加速している事実

    こんばんは。渋屋です。つい先日、ある企業向けのアプリケーションを見せてい…

  5. 第6回 ITトレンドセミナー:仮想化を学びなおす

    こんにちは、渋屋です。今日は第6回となる、ITトレンドセミナーのご案内で…

  6. 書籍を作ったときに利用した4つのツール

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(小さな会社のIT活用は、とにかく事例を知ること)では、…

  7. 「ITは苦手だから・・」は通用しなくなってきた

    公共系の仕事をすると、毎回、頭が痛くなることがあります。■今どき「紙」の文化だからで…

  8. FAXより、もっとやめて欲しいのは電話!

    少し前に、もうFAXはやめてくれという、悲痛の声を書きました。「FAXでお申し込み下さい」とか書…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP