menu

起業ワークショップ2回目 #401

LINEで送る
Pocket

こんにちは。渋屋です。

昨日でブログが400回連続更新となりました。
これも日々、読んで下さっている方々のおかげです。

これからも継続していく予定ですので、
引き続き読んで頂けると嬉しいです。


さて、昨晩は2回目となる起業ワークショップを行いました。
参加者は1回目からの継続です。
昨日もSkypeのビデオ会議でお互いの顔を観つつ、
必要に応じて画面共有を行いながらの会となりました。

最初、既に起業・独立をされているAさんから、
その経緯などを聞かせて頂きました。

サラリーマンをしながら、徐々に週末起業的に動き始めたそうですが、
その理由が非常に明確だったことが印象的でした。

「今のサラリーマン仕事じゃ、やりたいことがやれない。
だったら自分でやろう」

そして「本来ありたい姿」に向かって色々と手を打っていくのですが、
最初、バラバラのように見えている一手一手が、
やがて話として1つにまとまってきます。

点と点が繋がり、線になってくるという感じで、
まさに、「connecting the dots」のお話でした。

最初から線に繋がる行動をとるなんて、なかなか出来ないことです。
今打てるベストの手(=点)を打ち続けることの大切さを
先人のAさんに教えて頂きました。

Aさんは私と同い年ということもあり、強烈な刺激を頂きました。
Aさん、ありがとうございました!!

続いて、参加者でお互いの良いところを挙げていくことをしました。

これは、自分の強みというものは、
なかなか自分ひとりでは見つけられないためです。

何かビジネスを始めようと思ったときに大切な考え方は、

・自分の強み
・顧客のニーズ(顧客の悩みと、自分が提供できる解決策)

を掛け算すること。これが最も単純化された方程式だと思います。
しかしながら、「自分の強み」は自分ひとりで見つけるのは難しいもの。

強みは他者との相対的な差のことですが、得てして私たちは、

「自分が普通に出来ること」=「誰でも出来ること」

と思い込んでいます。

人から強み(=良いところ)を教えて頂くことには、
第三者視点で強みを発見することに繋がります。

そんなわけで、昨晩は本人以外の3名から、
それぞれの良いところを語ってみたのでした。

おかげさまで、私自身も自分の強みとしたいキーワードを
いくつか頂くことが出来ました。

参加者の皆さま(Aさん、Uさん、Kさん)、
ありがとうございました!!

非常に良い会になってきたので、
2週間の1度のペースで、継続をすることにしました。
場の発案者として、嬉しい限りです。


今日はこの後、中小企業診断士の集まりに参加です。
ネットでないリアルな活動は、約1週間振り(^^;

ようやく体調も本調子に戻りつつあるので、
徐々にエンジンをかけていきます!

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。


にほんブログ村



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

仕事のどこから人に任せるか? #400

忌憚のないご意見 #402

関連記事

  1. 個人向けビジネス(B to C)が増えて生活リズムが変わってきま…

    独立してからしばらくは、法人向けのビジネスしか行っていませんでした。今年の春頃から、独立を希望す…

  2. 仕事にだけコミットしても幸せにはなれない

    独立するとき、最初の不安は売上を上げて、ちゃんと食べていくこと。そのため独立・起業した後、多くの…

  3. 心底の自分 #186

    こんばんは、duckです。昨日から今朝は関西に出張でした。東京に戻ってから、新しいスタッフが1名増え…

  4. 独立・開業の失敗を回避する「人・金・??」

    独立してから今日まで、大きく2回ほど仕事の内容を変えてきました。昨年の秋頃から年初にかけても変更…

  5. 活動基地を持つとラクになる

    フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、「活動基地」があるとラクになります。■…

  6. エネルギー源

    最近、ちょっと仕事でストレスが溜まり気味です。訳分からない、やって意味があるのか分からない仕事が舞…

  7. 人脈はひたすら深さ

    こんばんは。昨日のブログで『広さよりも深さを』ということで、スキルは浅く・広くよりも、まずは自分の…

  8. 私が会社員を辞め、独立した理由(人事編)

    私が会社員を辞めて、フリーランスとして独立した理由。今日は人事面から書きたいと思います。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP