menu

売上が目標の組織は続かない

こんにちは、渋屋です。

台風が迫ってきています。あなたも気をつけてくださいね。

 

いまだに多い、売上を目標にする組織

色々な組織(主に企業)を見ていると、売上を目標にしている組織が多いことに気付きます。このような組織の背景にあるのは、「売上が伸びれば、自然に利益も増える」という思い込みでしょう(実は利益を目標にするのも良くないのですが、それは別の記事で追ってお伝えしていきます)。経済全体が成長していた時代はそれで良かったかもしれませんが、あなたもご存知の通り、今はそのような時代ではありません。

現在の状況は、売上が伸びても、利益が自然に増えることはありません。利益の出ない商品・お客で売上を伸ばせば伸ばすほど、赤字が増えてしまうというケースすらあります。

ただ、そのような傾向を把握することすらできず、赤字の商品・お客で、必死に売上を伸ばそうとする営業活動を、何度も何度も見てきました。もちろん、現場の営業はおろか、経営層すらも、自分達が頑張って赤字を積み上げているという感覚はありません。

 

戦略に応じて、セグメント会計を導入しよう

このように売上を目標に掲げるのは、「最悪」だと思っています。マイナスな言葉は使いたくないのですが、ここでは問題提起を最優先して、敢えて「最悪」と書かせていただきます。最悪である理由は、上にも述べましたように、どの商品・お客で儲かっているのかも把握しないまま、猪のように組織が突進してしまうからです。赤字を垂れ流したままでも。

これまで売上で管理をしてきた組織にとって、最初のステップは利益の把握です。「利益くらい分かっとるわ!」と言われてしまいそうですが、商品・お客別の利益まで明確に把握できていますでしょうか?組織全体での利益が分かるのは当然です。大事なのは、何が儲かっていて、何が儲かっていないのか?を把握することです。

そのためには、戦略に沿ったセグメント会計を導入しましょう。「セグメント会計」なんて横文字で書かれると難しそうですが、売上やコスト・利益を何らかの単位で把握することです。「戦略に沿った」と書いた意味は、どのようにセグメントを定義するのか?は、戦略に依存するからです。

  • 顧客と深い関係性を構築して、数少ない顧客に、より深いサービスを提供する企業であれば、顧客別に。
  • 幅広い地域に店舗を持っている企業であれば、地域・店舗別に。
  • スーパーのように数多くの商品群からなる商売の場合は、商品別に。

具体的なやり方は、また別の記事で紹介していく予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仲間で集まって、あるビジネスについてのブレストを行う予定でした。が、台風で敢えなく断念。残念でしたが、これも1つのチャンスと捉え、今やるべきことを進めていきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

会計の魔力に騙されるな

セグメント会計、はじめの一歩

関連記事

  1. IT(情報通信)中小企業の研究開発を増やしたい

    IT(情報通信)業界は、一般的に他の産業と比べると研究開発費が多い産業とされています。&nb…

  2. 顧客のニーズや課題を明確にするための問いとは?

    前回より顧客像を明確にするための問いについて考えています。顧客を明確にする理由は2つ…

  3. やっぱり廃棄からしか始まらない

    ドラッカーは言いました。現在行っていることの廃棄は体系的に行なわなければならない。(『ドラッカー…

  4. マーケティングでは「対象を具体化するほど刺さる」、ということを実…

    マーケティングでは、大衆を狙うのではなく、できる限り対象となる顧客像を具体化しなさい、と良く言わ…

  5. 創業期・新規事業とシステムの関係を考える

    会社の創業期、あるいは新規事業の立ち上げ時期、今の時代だと何らかのシステムが必要になることが多々…

  6. 目指すは「少しずつ良くなっていく経営」

    「VCから○億円調達して、何年でIPO!」ベンチャーで最も注目を集めるのは、こんなストーリー…

  7. 変化・成長したいなら、最初に「おこづかい制度」から抜け出そう

    今後の変化・成長を狙うなら、お金と時間の投資が必要になります。現状と同じことを繰り返していても、…

  8. 「うちのエンジニアは高いですよ」と言えるまでの道

    昨日は、30数社のIT関連企業、製造業が集まるイベントを運営していました。今日はそのイベントでの…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP