menu

昨日の自分を超えたい。他者との競争は関係ない。

LINEで送る
Pocket

こんばんは、渋屋です。

今日はふと思ったことを書きます。

 

他者との競争が苦手

日々、それなりの大きさの企業でサラリーマンをやっていると、何らかの形で他者との競争が発生します。競争が発生したときに、それをどう捉えるのか?2パターンに分かれるでしょう。

1つは、競争をモチベーションにして頑張るタイプ。もう1つは、できれば競争を避けたいタイプ。私は後者なんだろうなぁ~と最近、感じています。特にスポーツなどではなく、会社で起こる競争というのは、それによって得るものが名誉であったり、地位であったり、あるいは権力のようなものになります。そういうモノに対して、勝ちを狙ってガツガツ頑張ることが嫌なのです。

仕事の成果は、お客様を筆頭に、自分が貢献した相手が評価してくれるものだと考えています。そして自分自身の評価が大切だと。評価を下すのは、上司でなければ、社内の外野でもありません。名誉も、その他のモノも、この評価の結果としてついてくるものであって、顧客に関係のないところで行われた競争によって得られるものではないのです。(と私は考えています)

 

興味があるのは自分の成長

そのような考え方だからでしょうか。私の興味があるのは、他者との競争ではなく、自分の成長です。仕事を終えたときに自分なりに高評価を与えることができるか?前回の仕事よりも相手を満足させることができたか?です。

他者に勝つよりも、自分の成長を実感することの方が、私にとってはずっとずっと大切なのです。考えてみると、マラソンというスポーツに惹かれたのも、そういう私の特性によった、自然な流れだったのかもしれません。

 

そして昨日の自分を超えていく

結果的に、私は他者と競争するのではなく、昨日の自分と競争しているのだと思います。もう子供ではありませんから、何の努力もせず、自然に生きているだけで、昨日の自分に勝つことはできません。何もしなければ、アタマもカラダも(比喩的な面を含めた)筋肉が落ちていき、むしろ簡単に負けてしまいます。

自分との競争は、自らをしつけ、チャレンジを必要とします。だからこそ、昨日の自分を超えていくことは、最高に面白いのではないか?と思うのです。

 

成長社会を前提として作られたのではないかと思われる「競争」。
これに何となく嫌気がさしている方は、一度、競争相手を自分に変えてみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

ふと気付けば、このブログも連続更新900日を超えていました。今日で903日連続更新です。日々、読んで頂ける皆様のおかげです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

シンプルが好き

中小企業診断士:1次試験を控えた方へ

関連記事

  1. 足元を固めないと!

    こんばんは、duckです。今週は飲み会が多かったり、体調崩したりと、大変な一週間でした。私は生活リズ…

  2. どっか~ん!! #104

    こんばんは、duckです。最近、仕事がなかなか終わりません。帰る時間も遅くなり、生活も乱れがち。もう…

  3. 目標の振り返り #171

    おはようございます。duckです。週末にあまり運動が出来なかったので、朝からジョギングしたいところな…

  4. 気付いたときには・・・ #153

    こんばんは、duckです。今日、チームメンバーとの会話をしている中で、自社の業務プロセスを掘り下げて…

  5. 表現力の改善 #239

    こんばんは、duckです。今日は法事で妻の田舎に帰省しています。明日は田舎の近くで遊ぶ予定だったので…

  6. 自分の欲に素直になろう

    私たちは大人になり、社会に出るにつれ、我慢を強いられていると感じています。しかもたちの悪いことに…

  7. 分かり易い指示なんてない

    こんばんは、duckです。実務従事・仕事・その他色々と重なり、全くゆとりの無い生活にハマっています寝…

  8. 質より量は本当か? #580

    おはようございます。渋屋です。昨日は、帰りが少し遅くなりつつも、10km…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP