menu

シンプルが好き

こんにちは、渋屋です。

夏休み明けで仕事再開しています。

 

仕事を難しくする人たち

日々仕事をしていると、一定の割合で、私にとっては「困った人」が現れます。この一定の割合というのが結構高くて、3人に1人は居るようです。「困った人」というのは、仕事を難しくする人です。1つ1つの仕事を定義し、ドキュメント化していきます。このようなケースでは、この業務フロー。あっちのケースでは、この役割分担で、この業務フロー。というように。

1つ1つの仕事に、まるで保険の約款のような細かい決まりがなされていきます。
しかし残念ながら、私の記憶力では全く追いつくことができません。おそらく多くの方が、覚えて、判断できるようにして、日々の業務に落とし込むことはできないのではないでしょうか。

それでも、各部門・チームからは頻繁に、難しい文書がまわってくるのです。「覚えきれないから、適当でいいや」、となってしまいます。

 

増えるコミュニケーションコスト

そして覚えていない多くの人が集まってミーティングが行われます。しかし、大半の人が覚えていないものだから、「アレの定義はそもそも何だ?」「何でそんな業務フローになってるんだ?」「誰がそんなルール決めたんだ?」ということになり、ミーティング本来の目的が達成されないまま、ミーティングが長引いていきます。

無駄なコミュニケーションコストが増えていき、本来の目的に向かった活動が全くできない状態が続くのです。当然、その組織の生産性は上がるはずがありません。

 

シンプルが好き

多くの会社でこのような状況を見てきました。その結果というわけではありませんが、私は物事はシンプルが好きです。無駄に物事を難しくする必要はないと思っています。

私くらいのアタマでは、同時に覚えられることは、せいぜい3つです。それ以上は覚えられません。こちら(最強の戦略・戦術フレームワーク)でご紹介したBASiCSが好きなのも、シンプルだからです。覚えられないことは判断の材料になりませんし、結果、実践することもできません。

逆に言えば、実践できることは、シンプルなことだけです。物事をややこしく、難しくするのは、その過程は仕事をしているような気分になれますが、実践できないので成果は上がりません。

 

無駄に仕事を難しくしていないか?もっとシンプルにできないか?今日は自戒を込めてでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事後に内藤忍さんのセミナーに参加します。内藤さんは『内藤忍の資産設計塾』が出た頃からお世話になっているので、既に10年は存知上げているのですが、お会いするのは初めて。楽しみです!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

ちょっとした一言で顧客との関係を深める

昨日の自分を超えたい。他者との競争は関係ない。

関連記事

  1. 顧客にアプローチするための2つの問い

    「顧客は誰か?」ドラッカーが投げかける、シンプルながら深い問いです。私も新規事業、新商品…

  2. 準備8割 #157

    こんばんは、duckです。中小企業診断士、実務従事の3社目が終わりました。3社目なのに、私のプレゼン…

  3. 「人件費」の捉え方で経営は変わる

    人件費を日頃、どのように捉えていますか?その捉え方1つで、その会社は10年後、全く異なるものにな…

  4. ディスカッション #135

    こんばんは、duckです。今日は中小企業診断士、実務従事の1日でした。今回で3回目の実務ですが、診断…

  5. 社長はどこまで学ぶべきか

    『V字回復の経営』などで有名な三枝匡さんが、とある場所で「日本の社長は不勉強すぎる」と漏らしていたそ…

  6. データという名の新しい通貨

    こんにちは。渋屋です。新しい通貨が生まれつつあるのをご存知でしょうか?…

  7. 営業に注目する理由 #492

    こんばんは。渋屋です。今日は午前中、息子の空手に付き添い、午後は自分自身…

  8. 正しさよりも、目的を貫く行動を

    私がついついやらかしてしまうバグの1つが、「正しくやろうとする」ことです。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP