menu

クラウド上のシステム、他のシステムと連携できる?

LINEで送る
Pocket

こんばんは、渋屋です。

 

一昨日から、クラウド上でシステムを稼動させるに当たって、注意点をご紹介しています。今日はその第3回です。

 

第1回:クラウドが抱える問題点

第2回:クラウドの情報セキュリティリスク

 

システム(アプリケーション)単体で考えない

システムを設計するとき、ついウッカリと後回しになってしまうことがあります。

他のシステム(アプリケーション)との連携です。

 

勤怠システムであれば、社員データベース(人事システム)と連携するでしょうし、

経費清算システムであれば、交通費を算出するために「駅すぱあと」と連携しているかもしれません。

見積システムと、顧客情報管理のシステムが連携しなければ、いつ?どの見積を顧客に提示したのか?手作業で確認が必要になってしまいます。

 

システム・アプリケーションという大袈裟なことを言わなくとも、デスクトップとファイルサーバも連携をしているわけです。

 

つまり、単体で動くシステム・アプリケーションは限られており、企業で使われる多くのシステムは、他のシステムと連携をすることが多いと感じています。

 

にも関わらず、システム設計をするときには、そのことで頭が一杯になってしまい、他システムとの連携については、後手に回ってしまうことが多いのではないでしょうか。

そのような場合でも、システムがオンプレミス(自社内で管理)であった場合には、さほどの問題にはなりませんでした。システム連携させる手法は、数多く存在するからです。

しかし、クラウドの場合にはそうはいきません。

 

クラウド上のシステム連携時の注意点

まず、ネットワーク帯域の問題があります。

オンプレミスのシステム間連携であれば、それは物理的にも同じ場所にあることが大半です。

同じデータセンター・マシンルーム内にシステムがあれば、LANで接続されていることになります。少なくとも企業内WANで接続されています。

 

しかし、クラウド上のシステムと、オンプレミスのシステムが連携するときには、インターネットを経由するのが一般的です。LANのように十分な帯域は確保できませんし、遅延も大きくなります。

つまり、大容量のデータを交換したり、高トランザクションのシステム間連携が難しくなるのです。

 

データを圧縮したり、不要なデータを送信しない仕様に変更する必要があるでしょう。

 

次にセキュリティの問題があります。

LAN上でシステム間連携をするときには、セキュリティを強く意識する必要は無かったかもしれません。

しかし、インターネット上をデータが流れるとなったらどうでしょうか?

 

機密データ等が流れる場合、平文で流すわけにはいきませんから、VPNを張るなどの対策が必要になってくるでしょう。

 

このような性能・信頼性・セキュリティを考慮した上で、最適なシステム間連携の設計をすることが求められます。

アーキテクチャレベルから変更になることも多いでしょう。

クラウド事業者が提供するシステム間連携方法は、(オンプレミスに比べると)限られた方法であることが多いためです。

 

このようにシステム連携(データ連携)実現に向けた制約条件やコスト増の可能性を考慮した上で、そのシステムをクラウド上で動かすか?を検討する必要があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事の後に、とある打ち合わせ。

このところ定期的にお会いしている方々で、毎回、刺激を頂ける場です。

私ももっと力をつけて、もっと貢献していきたいと思っています。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

クラウドの情報セキュリティリスク

クラウドはどこにある?

関連記事

  1. 小さなIT企業はクラウドをもっと活用しよう

    TechTargetに興味深い記事が出ていました。(ログインが必要です)「中堅・中小企業にこ…

  2. 社外CIOを利用して、事業にITを活かしましょう

    IT(情報システム)活用の重要性が叫ばれつつ、なかなか経営とITを結びつける人材の育成が進んでい…

  3. GoogleがIntelを裏切った?動きから学べること

    こんにちは、渋屋です。昨日、興味深いニュースを発見しました。Go…

  4. 大企業のシステム・業務は、既に「3周遅れ」

    一部の先進的な大企業を除き、多くの大企業のシステム、そしてシステムを利用して行われる業務の流れは…

  5. IT業界の構造変化 #387

    こんばんは。渋屋です。10日ほど前から痛み出した左足のアキレス腱が、まだ痛んでいます。1月下旬頃から…

  6. フリーランスのイザというとき対策

    おはようございます。渋屋です。今、ブログを書いているパソコンのバッテリーからアラーム(警告)が出…

  7. 人間と人工知能(アルファ碁)をエネルギー効率から比較してみる

    最近はニュースをボーっと眺めているだけで、人工知能(AI)関連ニュースが日々、流れてきます。本当…

  8. Office365は小さな会社の情報共有ツールになり得るか?

    ある顧客企業で情報共有ツールとしてのOffice365を評価しています。特定の利用用途を想定して…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP