menu

クラウド上のシステム、他のシステムと連携できる?

LINEで送る
Pocket

こんばんは、渋屋です。

 

一昨日から、クラウド上でシステムを稼動させるに当たって、注意点をご紹介しています。今日はその第3回です。

 

第1回:クラウドが抱える問題点

第2回:クラウドの情報セキュリティリスク

 

システム(アプリケーション)単体で考えない

システムを設計するとき、ついウッカリと後回しになってしまうことがあります。

他のシステム(アプリケーション)との連携です。

 

勤怠システムであれば、社員データベース(人事システム)と連携するでしょうし、

経費清算システムであれば、交通費を算出するために「駅すぱあと」と連携しているかもしれません。

見積システムと、顧客情報管理のシステムが連携しなければ、いつ?どの見積を顧客に提示したのか?手作業で確認が必要になってしまいます。

 

システム・アプリケーションという大袈裟なことを言わなくとも、デスクトップとファイルサーバも連携をしているわけです。

 

つまり、単体で動くシステム・アプリケーションは限られており、企業で使われる多くのシステムは、他のシステムと連携をすることが多いと感じています。

 

にも関わらず、システム設計をするときには、そのことで頭が一杯になってしまい、他システムとの連携については、後手に回ってしまうことが多いのではないでしょうか。

そのような場合でも、システムがオンプレミス(自社内で管理)であった場合には、さほどの問題にはなりませんでした。システム連携させる手法は、数多く存在するからです。

しかし、クラウドの場合にはそうはいきません。

 

クラウド上のシステム連携時の注意点

まず、ネットワーク帯域の問題があります。

オンプレミスのシステム間連携であれば、それは物理的にも同じ場所にあることが大半です。

同じデータセンター・マシンルーム内にシステムがあれば、LANで接続されていることになります。少なくとも企業内WANで接続されています。

 

しかし、クラウド上のシステムと、オンプレミスのシステムが連携するときには、インターネットを経由するのが一般的です。LANのように十分な帯域は確保できませんし、遅延も大きくなります。

つまり、大容量のデータを交換したり、高トランザクションのシステム間連携が難しくなるのです。

 

データを圧縮したり、不要なデータを送信しない仕様に変更する必要があるでしょう。

 

次にセキュリティの問題があります。

LAN上でシステム間連携をするときには、セキュリティを強く意識する必要は無かったかもしれません。

しかし、インターネット上をデータが流れるとなったらどうでしょうか?

 

機密データ等が流れる場合、平文で流すわけにはいきませんから、VPNを張るなどの対策が必要になってくるでしょう。

 

このような性能・信頼性・セキュリティを考慮した上で、最適なシステム間連携の設計をすることが求められます。

アーキテクチャレベルから変更になることも多いでしょう。

クラウド事業者が提供するシステム間連携方法は、(オンプレミスに比べると)限られた方法であることが多いためです。

 

このようにシステム連携(データ連携)実現に向けた制約条件やコスト増の可能性を考慮した上で、そのシステムをクラウド上で動かすか?を検討する必要があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事の後に、とある打ち合わせ。

このところ定期的にお会いしている方々で、毎回、刺激を頂ける場です。

私ももっと力をつけて、もっと貢献していきたいと思っています。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

クラウドの情報セキュリティリスク

クラウドはどこにある?

関連記事

  1. 企業におけるデータ活用の段階とIoTの関係

    「モノをネットワークにつなげればIoTだ!」という粗い論調を目にすることがあります。しかし、Io…

  2. 下請け・孫請け受託開発から脱却するには

    昨日はIT業界を大きく4つに分けて、その特徴を考えてみました。私が主に支援し…

  3. あなたのホームページ・ブログの目的は何ですか?

    昨日、一昨日の2回に渡り、ホームページを上手く活用した事例と、間違った事例を紹介してきました。失…

  4. この技術は、どう使ったら面白いことになるのか?

    おはようございます。渋屋です。昨日のブログは、過去数ヶ月の中で、圧倒的なアクセスがありました。…

  5. スマホ利用の実態と、集中力を守るためにできること

    スマホの利用がますます増加しています。情報通信白書のデータから、傾向を見てみましょう。&…

  6. 加速しまくるコモディティ化、どう生き残る?

    こんばんは、渋屋です。毎日、IT(情報・通信)の仕事をしていて、つくづく…

  7. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  8. IT(情報通信)中小企業の研究開発を増やしたい

    IT(情報通信)業界は、一般的に他の産業と比べると研究開発費が多い産業とされています。&nb…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP