menu

マイクロソフトにおけるWindowsの位置付け

こんにちは、渋屋です。

 

今日はマイクロソフトにおけるWindowsの位置付けについてです。

Windowsと言えば、パソコンにもサーバにも使われるOSであり、言うまでもなく、マイクロソフトの主力製品です。

 

クラウドサービスは「Microsoft Azure」に

マイクロソフトは3月25日、同社のクラウドサービスである「Windows Azure」の名称を、「Microsoft Azure」に変更すると発表しました。4月3日より、新名称が利用されるようです。
「Windows Azure」がリリースされた当初、マイクロソフトの狙いは、ユーザサイド(オンプレミス)で稼動する「Windows Server」と同様の環境をパブリック環境であるクラウドでも提供することでした。

その後、仮想マシン上でLinuxを利用できるようにし、JavaやPython、PHPなどWindowsに特化していない開発ツールも利用できるようになりました。

 

既に「Windows Azure」はWindowsに特化したクラウドサービスではなく、クラスプラットフォームなクラウドになってきているのです。

 

Office製品がiPadでも利用可能に

次に、3月27日、iPad向けに「Office」を提供すると発表しました。

iPad向けの「Office」は、iPadがリリースされた頃から要望が強かったのですが、マイクロソフトはWindows環境での「Office」を優先して、対応してきませんでした。

今回の発表で、「Windows環境優先」の姿勢を変えたことが分かります。

 

Office製品をiOSなどの幅広いプラットフォームで利用してもらうことの方が、Windows限定のプラットフォームで囲い込むよりも、マイクロソフト全体にとってメリットがあると判断したのでしょう。

 

この「Office for iPad」は、「Office365」(「Office」のクラウドサービス)の一部です。単なるiPadアプリではなく、クラウドと連携するアプリなのです。

マイクロソフトは「Office」の利用をアプリからクラウドへ移行させようとする意図があるのかもしれません。

 

例えば「Office for iPad」を利用し、Word文書を作成したとします。 ファイルは「Office365」にある「OneDrive(旧SkyDrive)」に保存されます。

そのファイルをWindowsパソコンから利用するには、OneDriveにアクセスすることになります。今までWindows環境でOffice365を使っていなくとも、自然とクラウドを利用することになるのです。

 

WindowsというOSの位置付け

「Windows Server」クラウドであった「Windows Azure」がクラスプラットフォームである「Microsoft Azure」に変わり、Windows上で動くアプリだった「Office」がiPadでも利用できるようになりました。

 

マイクロソフトにとって、「Windows」というOSの位置付けが変わってきたのは、間違いないことでしょう。

90年代、世界で動くアプリケーションの90%以上は、「Windows」上で動いていました。

それが、2012年、「Windows」上で動くアプリケーションの割合は50%を下回ったのです。

 

マイクロソフトにとっても、iOS、Mac OS、Androidなど、様々なプラットフォームがあることを前提に戦略を描く必要が出てきました。

1人のユーザとしても、マイクロソフトの戦略的な対応を好意的に受け止めたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日はITの師匠にお会いし、様々な教えを頂きました。

50歳を超えて、フルマラソンがサブ3.5だということも発覚し、ITだけでなく刺激を頂きました。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

人生を加速させる、たった1つの法則

世界におけるマイクロソフトの位置付け

関連記事

  1. フリーランスのイザというとき対策

    おはようございます。渋屋です。今、ブログを書いているパソコンのバッテリーからアラーム(警告)が出…

  2. 情報漏えい後の対応で、企業文化が伝わる

    こんにちは、渋屋です。JALの顧客情報システムに不正アクセスが発生し、顧客情報漏えいの可能性があ…

  3. スマホの通知を切りまくったら快適になりました

    私たち知識労働者にとって、集中力は非常に重要です。何時間働くかは、ほとんど意味がなく、集中してい…

  4. 経営課題から見るIT投資の動向

    こんにちは、渋屋です。今日から新年度が始まる方が多いと思います。このブログは今日で788…

  5. 神エクセル(ネ申エクセル)の弊害とその解決法

    神(ネ申)エクセル問題に注目が集まっています。Twitter界隈で問題提起された後、河野太郎衆議…

  6. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  7. クラウドが抱える問題点

    おはようございます。渋屋です。システムを(パブリック)クラウドで動かすか…

  8. 情報セキュリティの面から見ても、電話は止めたほうがいい

    「情報セキュリティ」という言葉は、あまり世の中に広く浸透していません。それは、「自分には関係ない…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP