menu

直接の会話と、SNSの関係

おはようございます。渋屋です。

 

コミュニケーションにおいて、最も効果的なのはFace to Faceの会話。

直接の会話とFacebookなどのSNSとの関係を考えてみます。

 

■Facebookはコミュニケーションを促進させているか?

私の場合、Facebookは重要なコミュニケーションツールです。

久しぶりに会った方でも、「久しぶり」な感じを受けず、スムーズに会話に入れることを何度も体験してきました。

これは、日常的にお互いの様子をFacebookで見ているからでしょう。

 

初めてお会いした方と、すぐにFacebookでつながり、その後の投稿で、お互いの人間を知ることも多いです。

 

■直接の会話とSNSは補完財

そう考えると、直接の会話とSNSの関係は、補完財であることが分かります。

補完財とは、一方が多く使われると、他方も多く使われる関係のことです。(厳密な経済用語の定義からは外れていますが、簡単なイメージとして)

パンとマーガリンの関係、プリンタとインクの関係が補完財ですね。 

 

代替財という考え方もあり、これは一方を多く使うと、他方の消費は減るものです。

パンを多く食べるようになると、米の消費が減ります。これが代替財です。

 

話を戻すと、直接の会話が増えると、関係が深くなるのでSNSでのやりとりが増えるでしょう。

SNSでのやりとりが増えると、直接会えたときに会話が弾むでしょう。

したがって、直接の会話とSNSは補完財なのです。

 

■お客様に正しい提案をしていますか?

FacebookのようなSNSに限らず、世の中にはコミュニケーション系のツールが溢れています。

このようなツールベンダーの方が、

 

「これを使うと、直接会う機会を減らすことができます」

 

という説明をしていて、疑問を感じることがあります。

Facebookの例で挙げた通り、ツールは直接の会話を促進するものであると思うからです。

ツールは代替財ではなく、補完財なのではないでしょうか。

 

直接会うことを減らすのが目的なのではなく、コミュニケーションの量・質を上げることが目的だと思うのです。

もちろん、出張費・交通費の削減は分かりやすい効果ではありますが、それは「結果として」得られるものであり、主目的にすべきものだとは思っていません。

 

システムやツールを提案するときに、本当にお客様を正しい方向に導けているのか?

お客様自身が代替財の発想に陥っていることもありますので、常に確認したいですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日もある勉強会に参加。

未経験分野なので、楽しみです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

「働き方」市場が盛り上がっている理由とは?

リアルとネットのコンビネーション

関連記事

  1. 自分の能力に制限をかけているのは自分だった話

    昨日、クラウド利用促進気候(CUPA)さんが主催の「IoTクラウドプラットフォーム勉強会」に参加して…

  2. IT屋がハマりやすい罠

    こんばんは、渋屋です。今日はビジネスの基本についてです。私を含め…

  3. 技術は関連性を調べると、しっかり理解できる

    エンジニアでもない限り、新しい技術を理解するのは、なかなか大変です。専門分野ではないし、だから片…

  4. 使われないシステムを作ることの無意味さ

    これまで様々なシステム・ツールが導入される現場を見てきました。今、つくづく、「使われないシステム…

  5. 人工知能はどんな形をしているのか?

    人工知能に関して、一般紙でもその単語を見ない日が少なくなってきました。5日からアメリカ・ラスベガ…

  6. 年賀状はスマートに片付けよう #701

    おはようございます。渋屋です。明日から仕事ということで、そろそろ正月気分…

  7. レンタルサーバを使うには #541

    こんばんは。渋屋です。今日は息子の空手。そのままRUNの予定でし…

  8. 「面白い」「便利な」ツールを探していると、ITスキルは上がる

    人間、できるなら今の環境のままでいたいもの。新しいものに触れたり、変化があると、負荷がかかるから…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP