menu

忘れられない実務補習・従事

こんばんは、渋屋です。

 

中小企業診断士試験の昨年合格者で、実務補習を受けていらっしゃる方。

15日間コースの場合は、3社目が始まったところでしょうか。頑張って下さい!

 

今回は診断士受験生の方々に向けて、試験合格後に経験する実務補習(従事)について書きます。

 

■企業内診断士にとっての実務

一般企業に勤める診断士は、プロのコンサルタントと比べると、コンサルティングをする機会が非常に少ないです。

本人が自ら機会を作ろうとしない限り、診断士資格を取るまでの実務補習、3社で終わってしまうのではないでしょうか。

したがって、この実務の経験は非常に貴重です。

 

仮にプロのコンサルタントになっても、このような経験を積むことはないでしょう。

というのは、実務補習は5名程度でチームを作り、かつ指導員の先輩診断士がアドバイスをしてくれます。

プロコンの場合は、普段は一人で仕事をすることが多いです。

そのため、他の診断士と一緒にコンサルティングをしたり、先輩からOJTでアドバイスをもらうということは、稀なのではないでしょうか。

 

それに、一度に経営戦略からマーケティング、組織、財務など、多面的にコンサルティングするのも珍しいでしょう。

一般的には、何らかの課題があり、1つのジャンルに絞ってコンサルティングが行われるためです。

 

このように、実務補習には、一般のコンサルとは異なるものの、それ故に貴重な経験を積める要素がたくさんあります。

 

■脳に突き刺さった実務

私は実務補習(従事)の経験が、脳に突き刺さるように印象深く残っています。

それは、どんな試験問題よりも印象的です。

 

生身の人間が経営に悩んでいる姿が目の前にあります。

(業績に関わらず、何らかの悩みを、経営者は抱えています)

特に大企業に勤めている人にとっては、普段の感覚とは大きく異なる中小企業のリアルな姿が、きっとそこにはあるでしょう。

 

私にとっての実務補習(従事)とは、

 

・他業界に初めて踏み込んだ場

・社長の悩み、苦しみを、直接聴いた場

・中小企業のリアルな現場を垣間見た場

・診断士の卵が手を取り合って、最適な提案の作り上げた場

・その場に集まった仲間のスキルセットが多様で、診断士という資格の魅力を再確認した場

etc

 

パッと思いつくだけでも、本当に楽しい経験をさせて頂いた場です。

 

ここで得た経験は、その後の仕事に、何らかの効果をもたらしていることは間違いありません。

例えば、会計上の問題を発見したときに、「あ!あの会社のパターンだ」と感じたことがありました。

 

このような事例を多く知ることが、本当のコンサルタントになるためには、必要なことなのでしょう。

 

今年の1次試験まで、半年弱。

自分が実務をやり遂げる姿を思い浮かべながら、試験勉強頑張って下さい!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

4月から小学生になる息子。ようやく学童保育が決まりました。

抽選に外れまくり、どこにも入れなくなりそうな危機に見舞われ、

この1ヶ月は、落ち着かない家庭状態だったのです。。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

定期的にチェックする情報ソース

関連記事

  1. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  2. なぜ安いコンサルティングでは効果が出ないのか?

    士業を全面に押し出すと、相場の価格感に支配されてしまいます。「あ、中小企業診断士だったら、2…

  3. 中小企業診断士はサービス業

    こんばんは、渋屋です。昨日は、通勤講座の診断士の会に参加してきました。…

  4. 中小企業診断士を取った理由と職業をデータから見る

    2016年1月12日、日本経済新聞社及び日経HRの共同調査発表で、「ビジネスパーソンが新たに取得…

  5. 試験に合格した自信は、パラダイムの制約になる

    昨日はブログセミナーにてお話しをさせていただきました。同じテーマを掲げて、複数の人が話をするとい…

  6. 顧客の重要性はどの位?

    こんばんは、渋屋です。昨日の記事(診断士になったのは、誰のためですか?)では、診断士にとって…

  7. 診断士が知っておきたいデータ活用方法

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(診断士協会の活用事例)でもご紹介した、東京都中小企…

  8. プロとしての条件

    こんにちは、渋屋です。昨日、今日と面白いことがありました。「プロの姿」を…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP