menu

ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

このところウェアラブルデバイスが熱くなってきています。

それを裏から支える超小型コンピュータとは?

 

■多様化するウェアラブルデバイス

腕時計型、眼鏡型は、もはや当然。

ソニーが特許出願した「スマートかつら

マイクロソフトが開発した「スマートブラ

その他、生地に織り込まれて、靴下・Tシャツなども出てきています。

 

ここまで来ると、もはや何でも作れそうですね!

ちなみにこのようなウェアラブルデバイスは、2018年に国内で、年間475万台販売されるとの予測があります。(日経新聞電子版より

 

■ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

Intel Edison」をご存知でしょうか?

Intelが開発した超小型(SDカードサイズ)のコンピュータです。

 

003_m

 

この大きさで、Wi-FiやBluetoothチップを搭載しています。

つまり通信ができますので、収集したデータを、近場にあるスマートフォンや、クラウドに保存することができます。

 

このような、既に完成している超小型コンピュータが出てきています。

ウェアラブルコンピュータも、身につけないセンサーのようなコンピュータも、簡単に作れる世の中になってきています。

 

2017年に500億台、2020年に800億台のデバイスがインターネットに接続されると予測されています。

しかも800億台のうち、半分の400億台は、今は無いメーカーが販売するという予測もあります。

これらの予測の裏には、このような基礎技術の開発が(当たり前ですが)あるのです。

 

ハードウェアを作る技術がなくとも、Edisonのようなものを活用すると、簡単に何か作れてしまいそうですね。 

モノをつくることのハードルが急激に下がっています。

大事なのは、アイデアとビジネス化する力。そしてチャレンジし続けるマインドでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

先週末、一緒に20km走った近所のパパ2人が、

自ら進んで練習し始めていて、嬉しいです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

オープンデータ時代のインターネット

忘れられない実務補習・従事

関連記事

  1. イベントカレンダーを追加しました #577

    おはようございます。渋屋です。昨日も終日、家族デー。午前中に7月…

  2. IT素人の士業にこそ、ITを学んで頂きたい

    「ITは苦手」「全然分からないアナログ人間」という士業にこそ、ITを学んで欲しいと思って…

  3. アジャイル検定(アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験)レベル…

    アジャイル検定レベル1を受験してきました。無事に合格です!アジャイル開発を学…

  4. 第2回「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました

    「ITでスモールビジネスを元気にする会(未だに仮称)」を開催しました。昨年12月20日に行った第…

  5. 情報漏えい後の対応で、企業文化が伝わる

    こんにちは、渋屋です。JALの顧客情報システムに不正アクセスが発生し、顧客情報漏えいの可能性があ…

  6. 情報セキュリティの面から見ても、電話は止めたほうがいい

    「情報セキュリティ」という言葉は、あまり世の中に広く浸透していません。それは、「自分には関係ない…

  7. ブロックチェーンの技術的な特徴と、その効用

    昨日はブロックチェーンが第4次産業革命における中心的な技術であることを紹介しました。…

  8. FAXより、もっとやめて欲しいのは電話!

    少し前に、もうFAXはやめてくれという、悲痛の声を書きました。「FAXでお申し込み下さい」とか書…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP