menu

ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

このところウェアラブルデバイスが熱くなってきています。

それを裏から支える超小型コンピュータとは?

 

■多様化するウェアラブルデバイス

腕時計型、眼鏡型は、もはや当然。

ソニーが特許出願した「スマートかつら

マイクロソフトが開発した「スマートブラ

その他、生地に織り込まれて、靴下・Tシャツなども出てきています。

 

ここまで来ると、もはや何でも作れそうですね!

ちなみにこのようなウェアラブルデバイスは、2018年に国内で、年間475万台販売されるとの予測があります。(日経新聞電子版より

 

■ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

Intel Edison」をご存知でしょうか?

Intelが開発した超小型(SDカードサイズ)のコンピュータです。

 

003_m

 

この大きさで、Wi-FiやBluetoothチップを搭載しています。

つまり通信ができますので、収集したデータを、近場にあるスマートフォンや、クラウドに保存することができます。

 

このような、既に完成している超小型コンピュータが出てきています。

ウェアラブルコンピュータも、身につけないセンサーのようなコンピュータも、簡単に作れる世の中になってきています。

 

2017年に500億台、2020年に800億台のデバイスがインターネットに接続されると予測されています。

しかも800億台のうち、半分の400億台は、今は無いメーカーが販売するという予測もあります。

これらの予測の裏には、このような基礎技術の開発が(当たり前ですが)あるのです。

 

ハードウェアを作る技術がなくとも、Edisonのようなものを活用すると、簡単に何か作れてしまいそうですね。 

モノをつくることのハードルが急激に下がっています。

大事なのは、アイデアとビジネス化する力。そしてチャレンジし続けるマインドでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

先週末、一緒に20km走った近所のパパ2人が、

自ら進んで練習し始めていて、嬉しいです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

オープンデータ時代のインターネット

忘れられない実務補習・従事

関連記事

  1. 開発が二極化している?

    こんばんは、渋屋です。今日はソフトウェア開発は二極化してきているのかもし…

  2. ポケモンGOに期待すること

    ポケモンGO、流行っていますね。流行りものには一度は乗っておきたい私ではありますが、サーバー…

  3. カレーを注文された。カレーを出したら逆ギレされた。ITの現場のお…

    こちらの記事でご紹介した通り、スモールビジネスをITで元気にする会を行いました。ここ…

  4. これからはAIと共に生きていく

    少し前に、これからはスマホ中毒者が激増することを予想しました。そして、それは悪い傾向…

  5. IT屋がハマりやすい罠

    こんばんは、渋屋です。今日はビジネスの基本についてです。私を含め…

  6. 診断士のブログにWordPressをオススメする理由

    こんにちは、渋屋です。久しぶりに「診断士のタマゴ」シリーズです。過去の記事で、診断士はセ…

  7. IoTとSNSは、こんな感じに似ている

    インターネットの登場により、世の中の全てのヒト・モノ・情報がつながる土台ができました。私は以前か…

  8. ロボットの葬儀が行われる日

    こんにちは、渋屋です。最新号のAERAの特集は介護でした。子どもが居ない人は数多くいらっしゃ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP