menu

ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

LINEで送る
Pocket

このところウェアラブルデバイスが熱くなってきています。

それを裏から支える超小型コンピュータとは?

 

■多様化するウェアラブルデバイス

腕時計型、眼鏡型は、もはや当然。

ソニーが特許出願した「スマートかつら

マイクロソフトが開発した「スマートブラ

その他、生地に織り込まれて、靴下・Tシャツなども出てきています。

 

ここまで来ると、もはや何でも作れそうですね!

ちなみにこのようなウェアラブルデバイスは、2018年に国内で、年間475万台販売されるとの予測があります。(日経新聞電子版より

 

■ウェアラブルデバイスを支える超小型コンピュータ

Intel Edison」をご存知でしょうか?

Intelが開発した超小型(SDカードサイズ)のコンピュータです。

 

003_m

 

この大きさで、Wi-FiやBluetoothチップを搭載しています。

つまり通信ができますので、収集したデータを、近場にあるスマートフォンや、クラウドに保存することができます。

 

このような、既に完成している超小型コンピュータが出てきています。

ウェアラブルコンピュータも、身につけないセンサーのようなコンピュータも、簡単に作れる世の中になってきています。

 

2017年に500億台、2020年に800億台のデバイスがインターネットに接続されると予測されています。

しかも800億台のうち、半分の400億台は、今は無いメーカーが販売するという予測もあります。

これらの予測の裏には、このような基礎技術の開発が(当たり前ですが)あるのです。

 

ハードウェアを作る技術がなくとも、Edisonのようなものを活用すると、簡単に何か作れてしまいそうですね。 

モノをつくることのハードルが急激に下がっています。

大事なのは、アイデアとビジネス化する力。そしてチャレンジし続けるマインドでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

先週末、一緒に20km走った近所のパパ2人が、

自ら進んで練習し始めていて、嬉しいです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

オープンデータ時代のインターネット

忘れられない実務補習・従事

関連記事

  1. 士業のホームページに必要なのは、デザインではない

    小さな会社のホームページについて、設置(開設)するときと運用する上での注意点を書いてきました。…

  2. DropboxとEvernoteの使い分け

    こんにちは。渋屋です。私の周りでは、この時期にDropboxやEvern…

  3. 人工知能はどんな形をしているのか?

    人工知能に関して、一般紙でもその単語を見ない日が少なくなってきました。5日からアメリカ・ラスベガ…

  4. 車を買ったのに乗らない人たち

    車を買い、持っているにも関わらず、「事故が怖い」と乗らない人たちがいます。ハサミという便利な道具…

  5. 中小企業は小さくIoTを始めましょう

    昨日、非常に面白い記事を見つけました。「身の丈IoT」というキャッチーなキーワードで始まる記事で…

  6. レンタルサーバって何ですか?(サーバは自社で買うと大変!)

    前回は、「サーバ」が何か?をご紹介しました。ザックリとしたイメージはできたのではないでしょうか。…

  7. 私が活用しているITの情報源(Web、雑誌、その他)

    ITと言えば、変化の激しい業界。以前はドッグイヤーなどと揶揄されていましたが、その変化速度は、ま…

  8. フリーランスのイザというとき対策

    おはようございます。渋屋です。今、ブログを書いているパソコンのバッテリーからアラーム(警告)が出…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP