menu

人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その2)

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。

 

昨日(人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その1))に引き続き、ハーフマラソン挑戦記です。

 

■混雑を抜けろ

2km目も、無理矢理、人を避けながら前に進んでいきます。

1km~2kmは4分52秒。これで負債が1分になってしまいました。

 

元々の目標が1キロ4分40秒ですが、今の私には、それを大きく上回るスピードはありません。

つまり、負債を返済することは出来ないのです。

ただ、このような混雑に対応することを含めてのレースです。

 

「仕方ない」と割り切って、1分の負債を気にするのを止め、残り19kmで良いレースをすることにしました。

 

3kmを超えると、少しずつ混雑が減り始めてきました。

自分でコースを選択できるようにはなりましたが、人を抜くためには、まだまだ蛇行が必要でした。

 

■ペースメーカーを見つける

蛇行で人を抜き続けていましたが、これ以上、体力は無駄にできないと感じるようになってきました。

周りが、キロ4分~5分の人に絞られてき始めていたので、ペースメーカーを見つけることにしました。

 

先週末に20kmのペース走を行ったとき、コーチに言われていたのです。

「ペースメーカーを見つけて、その人の後ろに着いていくと、楽に走れることを学んで下さい」

「5kmも進めば、ある程度、ペース毎の小集団ができるようになりますから」、と。

 

自分に合うペースの人に着いていけば、人を避けるコース選択は、その人が行ってくれます。

向かい風が吹けば、その人が風除けになってくれます。

 

ペースメーカーの条件は、一定のリズムで走り続けている人。

当たり前ですが、急に早くなったり、遅くなったりされたら困ります。

もう1つがピョンピョン跳ねるような、走り方をしない人。

頭の高さを一定に、流れるように進んでいる人です。

 

そうやってペースメーカーを探しながら進んでいくと、4km辺りに見覚えのある後姿を発見します。

一緒に診断士の勉強をしていた、スキーヤーの方です。

いや、Facebookにスキーで苗場に居ると投稿していたので、ここに居るはずはないのです。

 

ちょうどいい感じのペースで走っていて、走りも安定しています。

派手なオレンジのシャツも目立っていい感じです。

後姿がそっくりなので、私の中で勝手に「○○さん(本人の苗字)」と名づけられました。

この記事では、「陽介さん」と呼ぶことにしましょう。

 

とりあえず、陽介さんの後ろにピッタリと着いていきます。

人を掻き分けてコースを選択する作業は、陽介さんがやってくれるので、途端に楽になりました。

私は陽介さんが作ってくれた空間に沿って、着いていくだけです。

 

ただ、1kmほど進んで、少しペースが速いことに気付きました。

手元の時計を見ると、1キロ4分33秒ペース。

2週間前に走った「よこはま月例マラソン(20km)」で、ラストスパートをかけた最後の1kmが4分34秒。

 

明らかに自分の臨界点を超えています。このペースで、あと16kmも走れるのだろうか?

そう思いつつ、自分のカラダと対話します。

思ったより心拍数は上がっていません。フォームも崩れていない。

 

「よし、このまま着いていこう!」

 

陽介さんの背中を追い続けることにしました。

 

続く。

 

■終わりに
思ったより筋肉痛が残っています。。

レース後、プール歩きをしたのですが。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1.5

・ストレッチ・・・○

・RUN・・・神奈川マラソン(ハーフ)

次回、フルマラソン(古河)まで、あと42日。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その1)

人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その3)

関連記事

  1. 「箱根駅伝の応援」を見ていて感じたこと

    ここ数年間の恒例行事となっていますが、箱根駅伝を沿道で応援してきました。ちな…

  2. LSDでフルマラソンに耐えられるカラダを作る

    この週末は長い距離をゆっくり走る練習を行いました。2週間後に今シーズン初のフルマラソンがあるから…

  3. フルマラソンの目標タイム設定方法は?

    こんばんは、渋屋です。週末なので?今日はユルい記事です。フルマラソンの目標タイムを設定する方…

  4. 気軽に参加できる「よこはま月例マラソン」でランニングの習慣を

    私がランニングを習慣にできた理由の1つは、家族で「よこはま月例マラソン」に参加しているからです。…

  5. 目標設定と到達までのプロセスを組むのに、スポーツは最高の練習にな…

    目標設定をして、それに向けて日々の行動をする。言葉にすると簡単なことですが、実際にやろうとすると…

  6. 練習を本番環境にどれだけ近づけられるか?

    「本番を意識しない練習に効果はない」そんなことを痛感した昨日でした。伊豆…

  7. 初トライアスロン体験記:レース前日にやったこと

    昨日(初トライアスロン体験記:久米島トライアスロンの特長)は久米島トライアスロンの特長について書…

  8. 家族で挑戦!?楽しい宮崎シーガイアトライアスロン体験記

    3回目のトライアスロンは、7月12日に行われた「宮崎シーガイアトライアスロン」でした。このレース…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP