menu

業界構造を破壊する、もう1つのクラウド #700

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。

 

■IT業界の構造を破壊する、もう1つのクラウド

昨年は、クラウドコンピューティングを中心としたセミナーを何度か行いました。
IT利用コストを下げ、事業や市場の変化にも俊敏に対応できるクラウド。
それはIT利用企業・組織におけるITへの考え方を大きく変えるほど、インパクトのあるものです。
同時に、IT業界構造を大きく変えるものでもありました。

今回、もう1つのクラウドに注目してみました。クラウドソーシングです。
クラウドソーシングは不特定多数の人に業務を委託するという、新しい雇用形態のことです。

英語だと、Cloud ComputingとCrowdsourcingですので、
クラウド(Cloud/Crowd)違いなのですが、実は共通点が多く存在しています。

  • 迅速にリソース(システム、人)を調達できる
  • その結果、一部のリソースを固定費(資産、正社員)として抱える必要がなくなる
  • 自社にないスキル(アプリケーション、専門家)を調達できる

システムだけでなく、人についても大きな変動が見られるようになってくると思います。

既にランサーズクラウドワークスというクラウドソーシングを支援するプラットフォームも現れてきています。
現時点で、クラウドソーシングに適した職種は一部ですが、拡大を続けると予想されています。
その結果、現在はシステム開発・運用で業務委託されてことが、クラウドソーシングに替わる部分も出てくるのではないでしょうか。

 

■クラウドソーシングの衝撃

クラウドソーシングについて学ぶのであれば、この書籍がベストです。

[amazonjs asin=”B00DFZLTPM” locale=”JP” title=”クラウドソーシングの衝撃 (NextPublishing)”]

日本だけにとどまらず、海外の動向を含めて、体系だって学ぶことができます。
私自身、クラウドソーシングを体系だって学んだのは、本書が初めてです。
本書では、クラウドソーシングについて、このようなことが書かれています。

クラウドソーシング時代は、零細・中小企業やスタートアップ企業にとって有利だと言える。今までは資源を多く持っている企業が圧倒的に有利であった。つまり、大企業の時代であった。ところが、大企業は、今まで力の源泉であった豊富な自社資源が足かせとなってしまい、市場の変化にスピード感を持って対応できなくなっている。また、大企業は、外部資源に比べてコスト高になっている内部資源を多用するために、価格競争にも対応できていない。一方で、豊富な外部資源を容易に格安で利用できる今では、自社資源を多く持っていない企業のほうが、柔軟に素早く市場のニーズの変化に対応できるのである。

大企業よりも、そうでない企業の方が有利な時代。
ここで書かれている傾向は、クラウドコンピューティングについても同じことが言えます。
過去の情報システム資産を多く抱えた大企業は、そう簡単にパブリッククラウドへの移行ができません。

中小企業、スタートアップ企業は、これらの特長を理解し、上手く市場で戦っていきたいですね。

 

■終わりに

昨日は、家族で横浜の温泉へ。
旅疲れしたカラダを温泉とマッサージでほぐしてきました。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1.5
・ストレッチ・・・○
・RUN・・・ウォーキング 11km/1時間42分

次回、フルマラソン(古河)まで、あと72日。

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

目標は生き物のように変わっていく #699

年賀状はスマートに片付けよう #701

関連記事

  1. ITトレンドを追いかけるだけでなく、IT業界が生み出した大事にし…

    私はITトレンドの本を書かせていただいたことがありますが、実は自分の強みはITトレンドだと思…

  2. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  3. セキュリティに意識を向けるとエンジニアとしてレベルアップする

    久しぶりのITエンジニア関係の記事です。私は新卒入社後、サーバやネットワークなどのITインフ…

  4. 日本人のルーツを知る『日本のこころの教育』

    今回は、ある方にオススメされて読んでみた本のご紹介です。私たち、日本人という民族、日本という国を…

  5. 身近な人を大切にできないで、ビジネスは成り立たない

    最近、強く感じていることがあります。私はどこか遠くの雲をつかもうとするような、遠くのビジネスに向…

  6. ホームページと店舗が、うまい連携をした事例

    昨日は、商圏が狭いのに、ホームページを使った集客をしようとして、お店の目の前を歩く見込客を逃して…

  7. 下請け・孫請け受託開発から脱却するには

    昨日はIT業界を大きく4つに分けて、その特徴を考えてみました。私が主に支援し…

  8. IT屋がハマりやすい罠

    こんばんは、渋屋です。今日はビジネスの基本についてです。私を含め…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP