menu

人脈シナプス #654

LINEで送る
Pocket

おはようございます。渋屋です。
昨日は、とある目的で中小企業診断士関係者5名で集まりました。
初めてお会いした方も1名いらっしゃったので、自己紹介などをしつつ雑談から。

 

個性・専門性をつなぐ

参加している皆さんは、診断士という共通のバックグラウンドはあるものの、過去の経験も、専門分野もバラバラの方々。
そのバラバラの個性や経験が会話をしていくことで、次々とつながっていきました。

とは言え、人を一箇所に集めるためには、何らかの目的やリーダーシップが必要です。
さらに、一箇所に集まった人同士が本当に「つながる」かどうか?は、
参加者の意識や、場の雰囲気、ファシリテーターによって、大きく変わることでしょう。
昨日は、場の雰囲気も良く、参加者の意識も高い場だったので、非常に活発に「つながる」感じがしました。

 

人脈=シナプス

活発な会話に参加させて頂きながら感じたのは、人脈はシナプスだ!ということです。

子供と会話をしていると、全く関係のないことと思われること2つが
結び付けられて、驚くことがあります。
子供は知識量は大人には負けますが、1つ1つの知識が
多くのシナプスによって繋がっているのでしょう。
それが大人を驚かせるアイデアを産み出しているのかもしれません。

その一方、既に大人になった私たちは、いきなりシナプスの数を増やすことはできません。
ただ、簡単に脳のシナプスを増やすことはできなくとも、「人」との「つながり」を増やすことはできます。

昨日の会話は、正に人と人とのつながりシナプスになった好例でした。
会話が、お互いの視点を取り入れ、新たなアイデアを産み出す過程の連続だったのです。

私自身、たくさんの気付きを頂き、ずいぶんとメモを取りました。
今後の活動の指針になりそうな良いアイデアも頂けました。
その一方、自分もこのような場で、もっと貢献できる力をつけていかねば!と感じたのでした。

 

人脈シナプスを広げて、深める

人とのつながりで、こんなにメリットがあるのであれば、もっと多くの方と出会い、
今までの出会いを深めていくのが良さそうです。

その一方、冒頭に書きましたように、場を作る力、リーダーシップ、ファシリテーションも必要です。
一番大切なのは、高い意識を持った方々を集める人選の「眼」。

この辺りも、まずは数をこなすしかなさそうです。
当面、興味のある人・場にどんどん身を投じていこう、と改めて思ったのでした。

■終わりに

昨日の場は、あっという間の2時間半でした。
先週のフルマラソン反省会のときも感じましたが、お酒も飲まずに、真剣に・楽しく会話できる場があることに感謝です。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1

・ストレッチ・・・マスト(+アルファ)

・RUN・・・×

次回、フルマラソン(古河)まで、あと118日。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村



【セミナー】
12月18日(月)経営塾

リアルな体験・感情が人を惹き付ける #653

感情の揺れを大切に #655

関連記事

  1. 診断士として、セミナーで聴衆を迷わせない

    こんにちは、渋屋です。以前に、セミナー開催に向けて悩んでいらっしゃった方へ、セミナー講師とし…

  2. お金の価値 #459

    おはようございます。渋屋です。ゴールデンウィークも終わり、今日から仕事開始という方も多いかと…

  3. 定点観測の破壊力

    こんばんは、渋屋です。今日はブログのネタを搾り出すのに苦労しました(^^…

  4. 何でも語れる仲間は居ますか?

    おはようございます。渋屋です。5日まで香港・マカオを訪れていたのですが、…

  5. 一区切り、そしてお礼 #179

    こんばんは、duckです。昨日、アップしたハズの記事が消えていたので、再アップです(悲)ゴールデンウ…

  6. 過去への依存と未来への期待 #136

    こんばんは、duckです。かなり暑さと湿度が厳しい季節になってきました。今日は会社を休んで、パスポー…

  7. もっとイケてる中小企業診断士を増やしたい

    突然ですが、私はもっと中小企業診断士が増えれば良いのに、と思っています。資格…

  8. 実務補習のリアルなプレッシャー

    こんにちは、duckです。またもや、2/13(月)に第1回を終えた実務補習についてです。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP