menu

「勝つ」と思わなければ、勝てやしない #623

こんばんは。渋屋です。

 

■いよいよ、明後日は中小企業診断士の2次筆記試験。

これまで勉強を続けられてきた方、試験までは、まだ丸1日以上、残っています。

諦めずに頑張って下さい!!

 

ところで皆様は、「絶対に合格する!」と思っているのでしょうか?

「当たり前だ!」「何言ってんだ!」とお叱りを受けてしまいそうですが・・・

とは言え、数多くの受験生のTwitter、Facebookのつぶやきを見ていると、必ずしもそうでも無いような気がしています。

 

■何を隠そう、私は大学受験のときに、端から諦めて受験した大学がありました。

当然、受かるわけがありません。

最初から諦めていたら、ここぞというときに、踏ん張りがきかないからです。

 

学生時代のスポーツでも、「こいつには勝てない」と思っていた人達がいました。

こちらも当然、全く勝つことができませんでした。

下手すると、最初から負けたときの言い訳や、相手を讃えるコメントを考えていたほどです。

 

勝負する前から、自分が負けるイメージを抱いていたら、そのイメージが刷り込まれて、本当に負けてしまうのです。

 

■診断士の試験のときは、「絶対に受かる!」と思い込んでいました。

私は、本番試験のときは、「とにかく受かる!」と信じ込んでいました。

学生のときの反省を覚えていたからです。

最初から失敗するイメージを抱いていて、合格するわけがありません。

 

私は合格後、どんな活動をしたいのか?ということをできる限り詳細に書き続けました。

診断士になって、やりたいこと。

試験勉強中に迷惑をかけた家族としたいこと。

勉強中に我慢してきた趣味なども。

とにかく、やりたいことは全て書き出しました。

 

合格するイメージを、自分の中に刷り込むためです。

 

■もちろん、合格する自信なんて、大してありませんでした。

どれだけ勉強しても、明確な自信が得られるタイプの試験ではない。

1次試験と異なり、2次筆記試験は、そういう試験ですよね。

他の受験生も同じです。

 

だから、これまでやってきたことを信じる。

あとは本番試験のときに、いつも通りの実力を、いつも通りの手順で出し切るだけ。

その冷静さを失わなければ、絶対に大丈夫。

 

 

私はそうやって、自分を信じ続けました。

 

合格のイメージを持っていますか?

試験会場に絶対忘れてはならない持ち物です。

 

最後の1秒まで、諦めず、自分を信じ抜いて、頑張って下さい!!

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

今日はこれから、中小企業診断士の同期会です。

久しぶりに会う方も多く、楽しみです!

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

自分の身体との対話 #622

コンサルタントの価値の出し方 #624

関連記事

  1. 大きな差を生む、たった1つの方法

    一見、同じようなビジネスをやっているように見えるのに、ある方は大きく成長し、別の方は食べていくの…

  2. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

  3. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  4. 売り物がない会社と、売り手がいない会社

    昨日は、組織として弱みを放置することは致命的ですよ、と書きました。私が良く関わるIT…

  5. 管理職をやったことがないのですが、独立できますか?

    知人より、「管理職を経験したことがないが、中小企業診断士として独立できるか?」という質問をいただきま…

  6. 企業活動と情報システムの関係

    昨日は企業活動の基本について書きました。今日は、その企業活動と情報システムがどのよう…

  7. 専門が活かせないフィールド

    こんばんは、duckです。診断士の試験後、何人かのITを強みとする先輩診断士と会話をする中で、確信し…

  8. なぜ士業で「ヒヨコ食い」が起きているのか?

    こんばんは、渋屋です。今日は若干、業界人にはイタい記事かもしれません。。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP