menu

ITトレンド勉強会(全4回)レポート

LINEで送る
Pocket

7月24日から、全4回に渡って開催してきた「ITトレンド勉強会」が終わりました。

 

2週間に1度のペースで行ってきましたが、全4回ともに

 

・クラウドを中心としたITトレンド

・クラウドのアーキテクチャや、周辺テクノロジー

・経営の課題、トレンド

 

といった要素を盛り込みました。

 

今回の勉強会の目的は、参加者個々人が、自分の将来のキャリアパスを描くために、広い視野(アンテナ)を手に入れてもらうことでした。

そのためには、現在のITトレンドを把握するのみならず、ITを必要とする組織体の経営状況についても把握することが必要だからです。

 

・現在、多くの企業が抱えている課題は何なのか?

・なぜ、専門家だけでなく、一般の人にもクラウドが浸透してきているのか?

 

そういうことを、いくつかの事例や具体的な傾向を挙げながら、ご紹介しました。

 

毎回、勉強会翌日に感想を書いて下さる、よしさんのブログに、

 

===ここから引用===

このセミナーでは、毎回、経営からの視点が盛り込まれていました。

日々の仕事では、意識することが少ないので、視野をぐっと広げていただいた感じがします。

 

そういう視点での見方も大切だということを学ばせて頂きました。

===引用ここまで===

 

とコメント頂いています。よしさん、いつもありがとうございます!!

 

正に書いて頂いた通り。日々の仕事では、どうしても目の前の業務に集中せざるを得ません。

そのためにこの勉強会では、皆様の視野を広げることに注力したのです。

(そうしないと、将来のキャリアパスのヒントが見えてこない世の中だと思っているからです)

 

全4回の勉強会はこれで終わりです。

ただ今後、形を変えたり、中身を進化させて、別途行うことはあるでしょう。

 

・今回は時間が合わずに参加できなかった

・IT業界の人向けではなく、一般の人向けにできないか?

 

など、何人もの方から、ご質問やご意見を頂戴しているからです。

 

最後に、またしてもよしさんのブログから、嬉しい感想をご紹介します。

 

===ここから引用===

今回で勉強会は終了になりました。

なんだか寂しい感じもします。

私にとっては、内容もさることながら、非常に心地よい勉強会でした。

それは、渋屋さんのお人柄のおかげかもしれません。

特に質問したときにはやさしく、丁寧に答えていただき、ありがたかったです。

しかも、どんな質問に対しても、迷うことなく、的確に答えているあたりに、知識の深さを感じました。

 

勉強会に参加してよかったです!

渋屋さん、どうもありがとうございました!

===引用ここまで===

 

よしさん、その他の参加者の皆様、こちらこそありがとうございました。

勉強会運営にあたたかくご協力頂きましたので、私も非常にやりやすかったです。

 

次回開催が決まりましたら、またご連絡させて頂きますので、お楽しみに!


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

【勉強会】プレゼンに必要なもの #582

ギリギリのライン #584

関連記事

  1. 「人財育成」セミナー実施しました

    神奈川県の若手経営層、約50名に対して、「自分の後継者・右腕を育てる」というテーマでセミナーを行いま…

  2. 7月24日 ITトレンド勉強会(第1回) #518

    (7/22追記)満員御礼のため、募集を中止致しました。&nbsp…

  3. マネジメントは一般教養である。ドラッカー読書勉強会レポート

    昨晩、第2回となったドラッカー読書勉強会を行いました。写真は第1回のときのものです。ひとりの…

  4. 東京商工会議所にて、Webマーケティングのセミナー講師をしました…

    昨晩は東京商工会議所にてセミナー講師としてお話しをしてきました。タイトルは『ホームページ・ブログ…

  5. 本質は何か?サムライインキュベート榊原さんセミナー

    こんにちは、渋屋です。昨日は、サムライインキュベートの榊原さんをお招きし…

  6. 真摯さが求められる背景:ドラッカー読書勉強会レポート

    昨晩、第4回となったドラッカー読書勉強会を行いました。毎度のことながら、分かりやすく・刺激的な学…

  7. 早朝から大事なことを定期的に考える「朝喝」

    この3週間ほど、週に1度、早朝から勉強会を実施していました。その名は「朝喝」。&nbsp…

  8. セミナー日程決めました #471

    おはようございます。渋屋です。昨日は、セミナー講師を育成するセミ総研の2…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP