menu

【勉強会】プレゼン中のリズムを保つ #571

おはようございます。渋屋です。

 

先週末から、少し本を読むペースが落ちてきています。

普段本を読むのは電車の中ですが、車内でボ~っとしてしまったり、座れたら寝てしまうという感じで。。

私にとって、これは黄色信号だということが、経験的に分かっています。

 

積極的に休憩を取りつつ、やるべきことに集中していきたいと思います。

 

勉強会を開催し、自分でプレゼンテーションをする場合、リズムを保つ工夫が必要です。

講師が余計なプレッシャーを感じるのではなく、気持ちよく話せた方が、参加者にとっても話が聞きやすく、分かりやすくなるからです。

 

リズムを保つために私が取り組んでいることをご紹介します。

 

■良く聴いてくれている人を見つけて、その人に向かって話す

良く聴いてくれる人がいると、講師としては、非常に話しやすくなります。

そのような人は、講師の方に顔を向け、良くうなずいてくれます。

そして表情豊かに聴いてくれます。

 

特に大人数の前で話すと、必ずつまらなそうにしていたり、寝てしまう人が居ます。

これはどんなにプレゼンテーションが上手な方でも、そのように仰います。

つまり自分のスキルとは関係のないところで、起きてしまう「現象」です。

自分のやり方とは無関係な現象なので、それは放置しておいて良いでしょう。

 

「現象」は脇に置いておき、良く話を聴いてくれる人に向けて、プレゼンテーションを行った方が良いでしょう。

その良く話を聴いてくれる人を「ターゲット」にして話すのです。

 

■「間」を恐れない

プレゼンテーションをしていると、「間」ができるのを恐れてしまいます。

話し続けていないといけない、という勘違いがあるからです。

 

しかし、自分が聴講者として勉強会に出ていると分かりますが、上手なプレゼンターは実に上手く間を取っています。

間がある方が、参加者にとってもメリハリがあって、聴いていることが苦にならないためです。

そして、講師側にとっても、間を取れる方が疲れにくくなります。

 

私の場合は、強引に「飲み物を飲む」というアクションをとることで、間を取るようにしています。

間を自然にとることができ、喉も潤せて一石二鳥だからです。

 

自分が講師ではなく、人に講師を依頼するときもできることがあります。

それは自分が聴講者の一人として積極的に話を聴くことです。

良くうなずき、面白いときには笑い、全く知らない話が出たら「ほぉ~」と言ってみたり(笑)

とにかく依頼した講師が楽しく話せるように、その場の雰囲気を作る努力が必要でしょう。

 

勉強会は「場づくり」と言っても過言ではないと思います。

良い場・雰囲気を作り上げていくことで、講師も参加者もリラックスして、良い勉強会となります。

私もまだまだ発展途上ですが、良い場・雰囲気の勉強会を目指しています。

 

■終わりに

週末はキャンプで走れませんでした。

今日辺り、走りたいのですが・・・

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

教育という一大事業 #570

【勉強会】アンケートを活用する #572

関連記事

  1. 動き続けると引力が生まれる #576

    おはようございます。渋屋です。昨日は終日、家族デーでした。一昨日…

  2. 3Knot CLUBを立ち上げよう #525

    こんんばんは。渋屋です。昨日(資格取得に最適な勉強法 #524)に引き続…

  3. 【勉強会】開催で最初につまづくところ #550

    おはようございます。渋屋です。今日も早起き成功です(^^;昨日は…

  4. 自分は何者か? #283

    おはようございます。duckです。昨日の運動が利いたらしく、筋肉痛になりそうな気配です(^^;あまり…

  5. 会社という環境を活かすことができる強み

    このブログでは「独立」をテーマにした記事を多く書いています。しかし、私は全ての人に独立をオススメ…

  6. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  7. セミナーを開始します #439

    おはようございます。渋屋です。息子を保育園に送った後、出勤前に1時間程度、自分の時間を確…

  8. 雑誌「アントレ」で、独立と妻との関係を語りました

    本日発売の独立・起業のための情報誌「アントレ」(2017年夏号)に載せていただきました。&n…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP