menu

親孝行 #191

おはようございます。duckです。

引き続き、通夜・葬式のために、義父の実家に来てきます。

人の死に直面すると、命の尊さを感じざるを得ません。

今日、強く感じたことは、私はあとどれ位、両親と時間を共有出来るのか?という疑問。

まだ全然、親孝行してないし、不自由なく育ててくれたお礼も伝えていません。

それに息子ともっと遊んで貰いたい。

両親に限らず、人の命は、いつ途切れるか分かりません。

であるならば、今を最期の瞬間と捉え、その相手にもっとも相応しい接し方があるのではないか?と思うのです。

年初から、今年の目標に親孝行は入っていますが、家に戻ったら準備を始めたいと思います。

心のつながり #190

子供は宝 #192

関連記事

  1. 新規顧客100人に会いに行く

    こんにちは、渋屋です。私の友人でスゴイ試みをしている人がいます。新規顧客100人と、1対…

  2. セミナー日程決めました #471

    おはようございます。渋屋です。昨日は、セミナー講師を育成するセミ総研の2…

  3. 知っていることを、どこまでやっていますか?

    こんにちは、渋屋です。今日は以前にお会いしたことのある高杉さんとサシラン…

  4. 早くも1ヶ月 #304

    おはようございます。duckです。昨日は息子の空手を見に行き、そのまま家族3人でアイススケートへ。息…

  5. 自分の強みが分からない。だったら人に聞いてみよう!

    こんにちは。渋屋です。メモを書いてみたら、「自分の強みが分からないこと」が分かってしまいました。…

  6. 力を抜いてみる #181

    こんばんは、duckです。昨日書いた通り、昨日は仲間と皇居ランでした。皆、鮒谷さんセミナーの参加者で…

  7. 効率的な勉強を目指す時点で、瓦解することが決まっている

    NTTドコモさんの法人向けWebページで、情報セキュリティ入門の連載をしています。これまでのとこ…

  8. 「いぶし銀」を目指して #410

    おはようございます。渋屋です。一昨日になりますが、中小企業診断士の集まりである、セミナー総合研究所に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP