menu

親孝行 #191

おはようございます。duckです。

引き続き、通夜・葬式のために、義父の実家に来てきます。

人の死に直面すると、命の尊さを感じざるを得ません。

今日、強く感じたことは、私はあとどれ位、両親と時間を共有出来るのか?という疑問。

まだ全然、親孝行してないし、不自由なく育ててくれたお礼も伝えていません。

それに息子ともっと遊んで貰いたい。

両親に限らず、人の命は、いつ途切れるか分かりません。

であるならば、今を最期の瞬間と捉え、その相手にもっとも相応しい接し方があるのではないか?と思うのです。

年初から、今年の目標に親孝行は入っていますが、家に戻ったら準備を始めたいと思います。

心のつながり #190

子供は宝 #192

関連記事

  1. 2016年の目標とその定め方

    明けましておめでとうございます。今年も本ブログから何かを感じ取ってくれると嬉しいです。昨…

  2. 私たちアスリート #522

    こんばんは。渋屋です。ビジネスパーソンがアスリートから学ぶことは、本当に…

  3. 感情の揺れを大切に #655

    おはようございます。渋屋です。ここ最近、いくつかの感情が動いています。…

  4. 様々な出会い

    今日はT○CのT先生が主催する、経営研究会に行ってきました。昨日の交流会もそうですが、どんどんと名…

  5. 連休を楽しみにしていた人たちへ

    気づけば、もうお盆ですね。休みに入っている人も多いのでしょう。私も今日・明日は妻の実家に帰省…

  6. 変わるために最も大切な環境づくり

    おはようございます。渋屋です。昨晩、帰宅すると2月5日に販売予定の著書が届いていました。…

  7. ランニングで生活に変化を

    昨日は、子供の自転車の練習と一緒に。今日は、家族三人で一緒に、ランニングを楽しみました。3歳の息子…

  8. 本ブログのタイトルを変えました『ど真ん中を生きる独立・経営』

    突然ですが、このブログのタイトルを変えました。新しいタイトルは、『ど真ん中を生きる独立・経営』で…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP